BMWZ4

初期型フェアレディZといったロングノーズ・ショートデッキが魅力の車5選!

日本では、狭い路地などが多くやはり不便??
しかし、それでも乗りたいと思わせる魅力的なボディ形状

そんなロングノーズ・ショートデッキな車達を紹介します。» 続きを読む

Z4の詳細・基本情報

Z4
BMW
Z4

Z4の中古車

中古車情報をもっと見る

Tips

爆発的ヒットの国産スポーツカー 初期型フェアレディZ

フェアレディZ S30

日本のみならず、海外でも絶大な支持を集めている初代S30系Z。

ジャガー Eタイプの様な卓越したデザインを目指し、スカイラインと共に日産スポーツカーの代表作になりました。

日本人にとっての「ロングノーズ・ショートデッキ」の代表格。フロントは非常に長く、リアタイヤ付近に座って運転している様な感覚は独特なものです。

美しいデザインのジャガー Eタイプ

1960年代にハイスペックを叩き出し、加えて美しいボディで世界を魅了したジャガー Eタイプ。長寿モデルとなり、世界的に見ればそれなりの台数が販売されましたが、それでも日本では希少なモデル。

この車を買う方は、勿論この「ロングノーズスタイル」にも惚れ込んで購入するのですが、慣れるまでは運転しづらい様です。

バランスの取れたスポーティボディBMW Z4

BMW Z4

居住性や積載能力などがセールスに大きく影響する時代。スポーツカーであっても「ロングノーズ・ショートデッキ」と言われる車両は数が少なくなってきました。

BMW Z4は、数少ないバランスの取れたフロントノーズとリアの短さを併せ持っている現行車両です。

フロンドミッドシップ化されたホンダ S2000

無題

近年まで発売されていたホンダ製ピュアスポーツカー。

前後重量配分などのスポーツカーとしてのデザインを追求した結果、エンジンの搭載位置は大きく後ろに。縦置き4気筒エンジンは、フロントサスを取り付けるタワー部分よりも後ろに存在し、縦置きエンジンにも関わらず、補強用タワーバーをつけてもエンジンの上を通りません。

アメリカンスポーツの代表格シボレー コルベット

アメ車スポーツと言えばコルベット・・・・ダッヂ・バイパーと並び、現在もピュアスポーツ活躍を続けています。

C3型コルベットのボンネットやフェンダーのラインの美しさは格別。これは、長いフロントボンネットだからこそ実現できたデザインでしょう。

いかがでしたでしょうか.


今回紹介させて頂いた車両の他にも、伝統的なFRスポーツカー・スーパーカーに多く採用されてきたロングノーズ・ショートデッキスタイル。

フロントエンジンのスーパーカーならば、ロングノーズの車両はまだ多く存在します。一般的な価格帯では実用性が重視され、スポーツカーが減少した今は珍しいスタイルとなってしまいました。

しかし、その人気は未だに健在です