BMWM4

BMWとBMWのMは何が違うのか

ホンダは、しばしば"技術のホンダ”と形容されるように、そのエンジニアリングに定評がありました。一方、ドイツの技術屋といえばBMWが思い浮かびます。ホンダの高性能車、タイプRと、BMWのMシリーズ。それぞれを比較してみると、どう違うのでしょうか。» 続きを読む

M4の詳細・基本情報

M4
BMW
M4

M4の中古車

中古車情報をもっと見る

Tips

別格のMシリーズ

Mシリーズ

ラインナップの最低価格が700万円以上と、価格からして別格なMシリーズ。具体的に、どういったところが魅力なのでしょうか。

Mシリーズを開発しているのはBMWのレース部門、モータースポーツ関連研究開発子会社、BMW M(モータースポーツ)社です。

その記念すべきファーストナンバーを持つM1は、1976年、当時ポルシェ934や935の独断場だったシルエットフォーミュラに挑む形で登場したグループ4規定のミドシップスポーツカーです。その後、1983年にM1と同じエンジンをディチューンして搭載したM635CSi、1984年にはM535i続けて発表するのですが、主戦場をモータースポーツとする姿勢は変わりませんでした。

そして1985年、当時のグループA規定に合致したスポーツモデル M3(E30)が発売されます。初代M3は、ヨーロッパのみならず日本のツーリングカーレース、ラリー選手権で活躍。BMW Mモデルとモータースポーツ、2つのイメージの結びつき確立したモデルでした。

現在は、M4、M6と、さまざまなモデルを輩出しており、搭載エンジンはMシリーズ専用設計に拘り、ボディ剛性やブレーキに関してもグレードアップされている、まさに別格の仕様となっているのです。

BMW3シリーズとM3シリーズを比べてみると

5代目 M3

それでは具体的にどのように違うのか、3シリーズとM3で比較してみましょう。

現行モデルである6代目は2012年から販売されています。日本国内で販売されるエンジンは、排気量と種類によって318i、320i、340iのガソリン仕様、ディーゼル仕様の320d、ハイブリッド仕様の330eが用意されています。

それぞれのエンジンは、小型化し低排気量で低燃費、そして高出力化を目指すようになっています。また、エンジンを他のシリーズと共有することにより、低コストなモデリングになっています。

一方でM3はどうでしょうか。2014年2月からM3セダンとして日本で販売されているモデルのエンジンは、直列6気筒Mツインパワー・ターボを搭載!その最高出力は、431psとなっています。

低コストや低排気量などの3シリーズとは、異なるパワフルでスポーティなモデルに仕上がっています。

「エンジンのホンダ」が織りなすタイプRは?

日本にもBMWのMシリーズのように上位グレードがある車種として、ホンダのタイプRやレクサス Fが挙げられます。

ホンダのタイプR、レクサス Fもエンジンやブレーキ、サスペンション等が高性能版になっています。

なかでもエンジンは「技術のホンダ」と謳われるほど定評があり、その性能は信頼に値します。

BMW M4 内装

ホンダのタイプRと、BMWのMは、上位グレードという点では共通しているのですが、それぞれの特徴が内装に現れています。

スポーツモデルとして作られた宿命なのか、軽量化を第一に考えたタイプRの内装は、かなり簡略化されています。オーディオやエアコンなどを取り払い、走行性能を向上させるホンダ。

一方で、Mシリーズの内装は、スポーツ性と日常的な機能性が両立されており、上質な素材やカーボンファイバーを使ったスポーティーなデザインが施され、都会を走る高級スポーツカーという雰囲気を醸し出しています。

ディーゼルに向かうM

BMW M performance

2012年、BMWはスポーティ性と日常性の両立に加え、卓越した効率性の追求という明確な方向性を持つBMW M performance Automobilsが立ち上げ、現在は各シリーズにM performanceモデルがラインナップされています。

このM performanceモデルには、これまでM社が手掛けてこなかったディーゼルモデルなども含まれています。その最初のモデル、M550dは、3個のターボチャージャーを備え付けた直列6気筒ディーゼルエンジンで、最高出力は381psでした。

日本にはM135iが導入されていますが、M社の手がけたこのディーゼルモデルも気になりますよね。


BMWからの最高級モデルMシリーズ。今後の展開も気になります。