【ライター&トーチでかぶり回避】キャンプ焚き火で使いたいライターはまだまだある

シンプルで故障に強いガス&オイルライター

ランタン ライター

燃料が入手しやすく、構造がシンプルなため故障に強いガス&オイルライター。風に弱いオイルライターもあるものの、ターボライターなら耐風性も問題なし。モノ的な魅力にも注目です。

ネイキッド オイルライター ベアメタル ソリッドで経年も楽しめる

アマゾン ライター

『ネイキッド』の名の通り、ネイキッドすぎるライター。しかもカラーは“ベア”、まるでライターユニットだけみたいなソリッド感でございます。着火仕様も握りこむだけというシンプルさ、無骨系好きのキャンパーの方いかがでしょう? 経年変化も楽しめます。 

カラー:ベア

ツインライト・トリプルジェットライター プチプラだけど実用十分

アマゾン ライター

プチプラながら特徴的な三本のジェットバーナーでパワフルなターボライター。燃料タンクがクリアで残存燃料が一目で解る確かさもアウトドアマンにとってはありがたいポイントです。ほどよいサイズ感でストラップホルダーがあるためEDCにもハマります。 

カラー:ブラック、クリア、ブルー

プリンスポケットバーナー1 Bib ころんとかわいく本格スペック

アマゾン ライター

コンパクトながら炎温度約1300℃まで達する実用十分なハンドバーナー。パッケージの素っ気なさにスルーされがちですが、実物を手にすればころんとかわいく“モノ”的魅力溢れたライターであることがご理解いただけるはず。おもちゃ感がありながら、ハンズフリースタンドや連続燃焼可能なロック機能など使い勝手は間違いなし。 

カラー:ブラック、クリア、レッド、イエロー

坪田パール ハードエッジ 驚異のカラバリで質実剛健

アマゾン ライター

ジッポのエッジを立て、さらにミニマルにしたようなオイルライター。シンプルながらカラバリが驚異的に豊富。好みの色や自分だけの色を見つけやすくかぶり回避可能。テクスチャが面白いモデルやコラボアイテムも多数出ているので掘りがい大ですよ。質実剛健で種類豊富、まさにライター界のGショック。 

カラー:グレイ


ウィンドミル ターボライターJP ポピュラーながら“磨き”できます

アマゾン ライター

こちらは比較的ポピュラーなターボライター。ウィンドミルといえばAWL-10、AWL-10といえばターボライターの代名詞、その後継的存在ながらそれほど普及していないのがこのJP。キャンプ場でかぶる可能性はありますが、シャイニーシルバーなら“磨き”でオリジナリティを追及可能。磨く場合“ヘアライン”は避けましょう。苦労します。 

カラー:シャイニーシルバー

次ページ使い勝手が魅力の電子ライター

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives