新しいキャンプの教科書:第12回「キャンプ料理は計画的に」

キャンプ料理は理想と現実を考えて

ランタン キャンプ

キャンプといえば豪快なアウトドア料理です。焚火をしながらダッチオーブンを吊してみたり、炭火で肉をまるごと焼いたりと、野外ならではの料理にチャレンジしたいですよね。でも、そこで気をつけたいのが、キャンプだからといって無理をしすぎないこと。初心者にとって難しいのが「時間の管理」。火おこしに手間取り、食材を切るのに時間がかかり…、もたもたしてたら夜になっても料理ができていないことも。

ランタン キャンプ

そうならないように、たとえば、夜にローストチキンなどのメイン料理をつくるなら、お昼は簡単なバーベキューにするか、いっそのことお弁当やカップラーメンにするとか。キャンプだからと気負いすぎず、チャレンジも手抜きも両方とも楽しんでいきましょう!

食事プランを立てよう

実際にどんな料理をつくればいいのか。コンセプト別の3つの食事プランを参考にしてみましょう。

サイトを離れてとことん遊びたい

ランタン キャンプ

キャンプでは遊びがメインで、サイトに戻るのが夜になる。そんなアクティブなキャンプでは昼食はつくらないのもアリです。夕食は翌日の朝食にもアレンジできる鍋がおすすめ。撤収後だってまだまだ遊べます。

【昼】現地のお店で食べたり、弁当で簡単に済ませてしまう
【夜】みんなで手分けしてつくる鍋料理
【朝】昨晩の鍋をアレンジして雑炊に

サイトでまったりくつろぎたい

ランタン キャンプ

キャンプ場であくせく料理するなんてもってのほか。サイトでのんびり過ごしたいなら、昼は手軽に。夕食は焚火をしながらじっくり火にかけてつくれるダッチオーブンレシピ!朝食にはちょっとこだわってみたり。

【昼】おにぎりを持ち込んで、おつまみと一緒に
【夜】焚火を使ってダッチオーブン料理
【朝】いつもみたいな定食にチャレンジ

本格アウトドア料理にチャレンジしたい

ランタン キャンプ

今回のキャンプは料理が遊び! というくらい、つくって、食べてを楽しみたい。そんなときは、アウトドアだからこそ楽しめる料理にチャレンジ!肉をまるごと焼いたり、段ボールで燻製器を自作するなど、とことん料理で遊び尽くそう!

【昼】特別なバーベキューレシピでアウトドアっぽく
【夜】本格カレーとローストチキンで豪華に
【朝】自家製パンと自家製ソーセージでホットドッグ

ゴミ自体を少なくする発想が大切

ランタン キャンプ

キャンプをすると、普段どれだけ自分たちがゴミを出しているかがよくわかります。ゴミ収集車が来てくれるわけではないので、当然ながら自分で処理しなければいけません。だからこそ、可能な限りゴミを減らす工夫をすることがポイント。ポリ容器や生ゴミなど、一番ゴミが出るのは料理シーン。食材は前日に買い出しを行い、夜のうちに家で下ごしらえをしておくと、かなりのゴミが減らせます。

編集部まとめ

キャンプの醍醐味のひとつである料理、でものんびり過ごしたい!一緒にアウトドアライフを楽しむ家族やメンバーの状況に合わせて、事前にキャンプの目的をしっかり決めることがポイント。特に食事の準備や片付けの時間を工夫し、自由に使える時間とのバランスを取ることで、自分はもちろん一緒にキャンプを楽しむ家族やメンバーが素敵なアウトドアライフを過ごせるように時間をコーディネートしてみましょう!

新しいキャンプの教科書

新しいキャンプの教科書【池田書店】

アウトドアの基礎知識と、自然の中で快適に過ごすアイディア
・日常から解放されるためのキャンプのススメ。
・基本知識を丁寧に解説! 初心者向けのキャンプ入門にぴったり!
・テントやランタンなどの道具を使いこなすノウハウから、キャンプを盛り上げるたき火や料理のテクニックまで。アウトドア好きの遊び心をくすぐる情報が満載。
・キャンプの知識を災害時や困ったときに応用するアイディアも提案。(火を起こして暖を取る、お米を炊く、テントを張り寒さをしのぐなど、アウトドアでは当たり前の事が被災時に多いに役立ちます。)
・失敗しない米の炊き方、自然の中で遊ぶ方法、豪快な料理!お父さんが家族にいいところを見せられるノウハウが満載!!

■監修者:STEP CAMP
■発行者:池田 豊


(提供元:LANTERN

ランタン ロゴ

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives