【保存版】アウトドアシアターはキャンプ初心者でもできる!野外映画を楽しむメソッド

アウトドアシアターはこんなに素敵

ランタン キャンプ

映画館といえば決まった時間にはじまり周囲の方への配慮が必要な空間。でもアウトドアシアターなら全てが自由。(キャンプ場のレギュレーションは守る必要があるので音に関するルール等は事前にご確認を)好きなタイトルを好きな時間に好きなチェアで楽しめます。

そして何よりありえないほどの解放感を味わえるフィールドが選び放題。想像してみてください、星降る山の映画館、湖畔の映画館、海の映画館に観客は自分たちだけ。

フード&ドリンクもご自由に

ランタン キャンプ

アウトドアシアターではフード&ドリンクの持ち込みだってOKです。なんならシアターで作りながら食べちゃってください。この点の自由さもホームシアター以上。

映画のグルメシーンでは同じものが食べたくなってしまうもの。作品と同じ料理を再現するエンタメ野外料理みたいな遊びも楽しいですよ。シーンに合わせたフィールドを選んでジブリ飯映画会なんていかがでしょう?

野外映画に必要なたった三つのもの

ランタン キャンプ

「スクリーンとプロジェクター」本当はたったこの二つでアウトドアシアターは作れます。とはいえプロジェクターの電池量は限られていて個体差もあります。実際に長時間キャンプ場で映画を楽しむ環境を作るという意味で、三つ目に電源(バッテリー)を加えます。

キャンパーにとって新たに必要な装備といえばプロジェクター程度。現在では実用可能な製品でだいたい3万円前後。野外映画を楽しめて家のサブディスプレイとしても使えると考えれば購入しても良い値段ではないでしょうか。

革命的に小さいプロジェクターが可能性を急拡大

ランタン キャンプ

このサイズ感、お解りいただけるだろうか。コーラの350ml缶よりも小さいこのプロジェクターは150 ANSIルーメンで使用十分のスペック。このサイズで最大なんと100インチの大画面を作り出します。

このコンパクトさならザックにパッキングしてトレッキングでも映画館をつくれます。しかも内臓電池による動画再生時間は最大約4時間(wifi利用時は約3時間)。決まった映画だけを1、2本観るなら外部バッテリーさえ必要ないスペックです。

外部端末を必要とせずYoutube視聴が可能なのでスマホも必要ありません。今回は実際に、この小さすぎる映画館『Anker Nebula Capsule Pro』を使ってアウトドアシアターを作ります。

次ページアウトドアシアターHOW TO

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives