キャンプ

新しいキャンプの教科書:第10回「撤収は次回のことを考えて」

就寝前に

ランタン キャンプ

夜露や雨の対策
よく晴れた日の夜は、夜露が降ります。また、夜中に天候が急変し、雨が降るかもしれません。テーブルやチェアなど、濡れたら困るものはタープの下などに入れておきましょう。

食材の管理
キャンプ場付近には動物が暮らしています。タヌキやネコは物陰から、トンビやカラスは高いところから様子をうかがっていることがあります。残った食材はクーラーボックスなど密閉できる場所に保管しておくことを忘れないようにしましょう。

食器類の片づけ
調理に使った鍋やフライパンはもちろん、皆で食べた食器類の片づけは翌朝に持ち込まないことがポイント。一晩たった汚れはただでさえ落としにくく、炊事場でも大量に水を使うことになります。完全にきれいにしないまでも、食べ残しを捨ててキッチンペーパーなどで軽く汚れを拭き取っておくとよいでしょう。

起床時に

ランタン キャンプ

寝袋を干す
寝袋やブランケットなど、就寝時に使ったものは寝汗などで湿っているもの。朝日が出ているのであれば、タープのロープに引っ掛けたり、車のボンネットに広げるなどして干してしまいましょう。天気の悪い日などは一度収納袋に入れて、自宅に持ち帰ってから干すと良いでしょう。

テントを乾かす
朝、雨が降っていた場合は乾かせないので濡れたまま撤収するしか方法はないですが、晴れているならテントの底面を乾かしましょう。雨に降られていなくても、テントの底面は結露で濡れています。下にレジャーシートを敷いていた場合も同様、濡れているものは撤収完了までに朝日で乾かしてしまうことがポイントです。

編集部まとめ

ランタン キャンプ

普段の生活と同じことなのかもしれませんが、その日にできることはその日のうちに片付けてしまうことが重要。天候や立地条件によってイメージどおりに撤収出来ない場合もありますが、キャンプの撤収は、次回のキャンプの始まりまでもあります。

テントサイトを常に清潔に保つ意識を持ち、次回のキャンプのことも考えた過しやすいアウトドアライフを楽しみましょう!

新しいキャンプの教科書

新しいキャンプの教科書【池田書店】

アウトドアの基礎知識と、自然の中で快適に過ごすアイディア
・日常から解放されるためのキャンプのススメ。
・基本知識を丁寧に解説! 初心者向けのキャンプ入門にぴったり!
・テントやランタンなどの道具を使いこなすノウハウから、キャンプを盛り上げるたき火や料理のテクニックまで。アウトドア好きの遊び心をくすぐる情報が満載。
・キャンプの知識を災害時や困ったときに応用するアイディアも提案。(火を起こして暖を取る、お米を炊く、テントを張り寒さをしのぐなど、アウトドアでは当たり前の事が被災時に多いに役立ちます。)
・失敗しない米の炊き方、自然の中で遊ぶ方法、豪快な料理!お父さんが家族にいいところを見せられるノウハウが満載!!

■監修者:STEP CAMP
■発行者:池田 豊


(提供元:LANTERN

ランタン ロゴ

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives