新しいキャンプの教科書:第1回「キャンプの4つのはじめ方」

はじめてのキャンプに挑戦!キャンプの4つのはじめ方

ランタン キャンプ

【#1】デイキャンプでお試し

ランタン キャンプ

いきなり野外でひと晩を過ごすのが不安であれば、まずはデイキャンプから始めてみましょう!

本番の泊まりキャンプに備えて、揃えた道具の使い方を試し、野外料理の楽しさとおいしさを体験。お弁当持参のピクニックや河原でするバーベキューなどの延長として気軽に実践できるので、初体験にはおすすめの方法です。

野外生活の楽しさを知り、早く本格キャンプに出かけたくなること間違いなし!

【#2】仲間を見つけておよばれ

周囲に、すでにキャンプを楽しんでいる人がいたら、ぜひキャンプに連れていってもらいましょう!

何かと不安の多い初キャンプも経験者と一緒なら安心です。慣れている人は、道具の使い方をはじめ、さまざまな楽しみ方を知っているので、いきなり自分だけで行くよりも充実した時間を過ごすことができます。さらにキャンプのテクニックを知ることもできます。

【#3】テントとシュラフだけ持って!

キャンプの最大の醍醐味である「野外で(しかも地面に)寝る」体験は、テントとシュラフがあれば実践できます。

いろいろ楽しもうとすると道具を揃えたくなりますが、初体験として野外で寝てみて、テントの居心地のよさや大地の感触を確かめてみるのはいかがでしょう?無理して一泊せずに、昼寝だけの体験でも十分。キャンプの醍醐味を垣間みれます。

【#4】コテージに泊まる

道具もなく、キャンプ未体験の人にとって、いちばん手軽な方法は「コテージ泊」。それでもただ泊まるだけでは、ただの旅行になってしまうので、最低限の調理道具だけは持参して野外料理に挑戦することをオススメします。

バーナーや焚火台、バーベキューコンロがあれば、鍋や食器、皿や箸は自宅で使っているものでも十分。シンプルな装備で、まずは自然のなかで過ごす気持ちよさを体験してみましょう!

ランタン キャンプ

編集部まとめ

キャンプを始めるきっかけは人それぞれ。自分1人でキャンプを始める場合は比較的障壁は少ないですが、家族と一緒に始める場合は、お子さんの年齢や性別、旦那さんや奥さんのアウトドアに対する理解など、自分1人だけの考えではなかなか始められないものです。

そのためにも、まずは外に出て様々なキャンプスタイルを体験することで、自分や家族の状況にあった環境を見つけ、徐々にアウトドアライフを充実させていくのはいかがでしょうか?

新しいキャンプの教科書

新しいキャンプの教科書【池田書店】

アウトドアの基礎知識と、自然の中で快適に過ごすアイディア
・日常から解放されるためのキャンプのススメ。
・基本知識を丁寧に解説! 初心者向けのキャンプ入門にぴったり!
・テントやランタンなどの道具を使いこなすノウハウから、キャンプを盛り上げるたき火や料理のテクニックまで。アウトドア好きの遊び心をくすぐる情報が満載。
・キャンプの知識を災害時や困ったときに応用するアイディアも提案。(火を起こして暖を取る、お米を炊く、テントを張り寒さをしのぐなど、アウトドアでは当たり前の事が被災時に多いに役立ちます。)
・失敗しない米の炊き方、自然の中で遊ぶ方法、豪快な料理!お父さんが家族にいいところを見せられるノウハウが満載!!

■監修者:STEP CAMP
■発行者:池田 豊
■発行所:株式会社 池田書店
■定価:1,296円(税込)
■判型:A5横
■ページ数:144


(提供元:LANTERN

ランタン ロゴ

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives