小さなお子さんがいても大丈夫!ロングドライブを乗り切る3つのアイデア

1、車内のオモチャは特別仕様

ランタン

避暑や紅葉を目的としてキャンプに行く場合、ドライブは3~4時間のロングコース。そうなると、オヤツやご飯を挟んでも、子ども達はやっぱり飽きてしまいがち。そんな時には、コッソリ新しいオモチャを用意しておくと良いですよ。「車の中限定」の「特別な」オモチャに、きっと大喜び。

乳児の頃は、音がなるもの、カミカミできる物など数種類用意していましたが、幼児・小学生になってからは恐竜や戦隊モノの人形などを1つ用意しています。折り紙やシール本なども大好きなんですが…車内が散らかるので、母的にNGです。

車内でDVD上映はアリ!?

ランタン

一人っ子の場合や下の子がまだ小さい場合などは、DVDやTVを見ながらの移動もオススメです。「移動中ずっと画面を見ている」というのは寂しいですが、時間を決めて見せてあげるのでしたら、子どもにとっても大人にとっても快適で、双方のためだと思うからです。

我が家でも、長女が3歳・長男が1歳になるぐらいまでは、車内でDVDを見せていた時期がありました。でも、「次はこれね!」というリクエストがエスカレートしてきてしまい…。2人で遊べるようになってくると、子ども同士の会話も増えて車内も賑やかになってきたので、「それならば」と、思い切ってDVDを見るのはやめにしました。

今はスッカリ慣れて、景色を眺めたり、歌を歌ったり、子ども達なりに考えて遊んでいます。

2、思い切ってレンタル&コテージで荷物を減らす

ランタン

キャンプ道具をフルセットお持ちの方でも、上手にレンタル品を利用されるといいと思います。テントとマットをレンタルにしてしまうだけでも、かなり荷物が減りますよね。

例えば、「ほんとうに気持ちいいキャンプ場100(小学館)」という本で紹介された「いなかの風キャンプ場」の場合、ドームテントとマット・ランタン・寝袋が付いて4人家族で8,800円。残りの荷物だけなら、いつもの半分ぐらいのスペースで済みますよね。

逆にBBQのセットをレンタルし、テントやタープを持参するのなら4,500円から借りられます。荷物が減って視野が広がると運転も楽になり、車内を楽しむゆとりも生まれます。

無題

※写真はイメージです。

都内から3時間程度の距離に位置する「赤城山オートキャンプ場」では、コテージがオンシーズン12,000円から。那須高原で人気の「メープル那須高原キャンプグラウンド」でも、オンシーズンで13,000円から借りられます。思いきってテントではなくコテージやバンガローを利用すればテントの設営もなくなるので、体力的にも時間的にもゆとりができるのでオススメです。

3、出発時間を夜(早朝)にする

ランタン

この方法は、上の2つ度違い移動時間そのものを短くする方法です。と言っても、移動距離は短くなりませんので、短くなるのは休憩時間。夜や早朝出発の場合は子どもも眠い時間なので、食事や休憩の回数が少なく済みます。

目的地にかなり早めに付いてしまうのが難点ですが、キャンプ場周辺に仮眠できるポイントや、早朝から空いているお店や温泉があれば問題なく楽しめますよ。

例えば、草津温泉には朝5時から入れる温泉もあるので、軽沢・嬬恋方面にお出かけの際には、「朝から一風呂」なんていうプランも、のんびりモードで良いかもしれませんね。

まとめ

ランタン

いつもと違った環境でキャンプするのはドキドキしますが、新しい発見があったりして、また違った楽しみがありますよね。長距離ドライブは大人も子どもも大変ですが、家族一緒の思い出はきっとかけがえのないものになるはずです。

色々な方法を駆使して、車の中でも楽しく過ごしていただけたら幸いです。

(提供元:LANTERN

ランタン ロゴ

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives