「i8」の検索結果(24件)

記事

【全文書き起こし】BMW社長が「私たちは来年、驚くべきモデルを公開する予定」こんなコンセプト出された...

2017年10月25日、東京モーターショー2017にてBMWはプレスカンファレンスを開催。ビー・エム・ダブリュー株式会社の代表取締役社長ペーター・クロンシュナーブル氏は、これからのBMWのクルマづくりと、今回のブース、コンセプトカーについて語りました。Photo:S.Kamimu...

  
9831

日産 GT-Rも今後EV化するのか?

BMW i8はPHEV、ホンダ NSXはハイブリッド、2019年市販予定とされている日本製スーパーカーGLM G4はEVと、スーパースポーツカーにも電動化の波が押し寄せています。そこで気になるのが、ニッサン・インテリジェント・モビリティを進めている日産の次期GT-Rの存在です。

  
8267

あなたの愛車のキーは自慢できる?キーが珍しい車7選!

いまや大半の車種からイグニッションキーの鍵穴がなくなり、エンジンスタートはボタンスイッチになりました。あわせてイモビライザー解除装置となったキーは、デザインの自由度が上がり、興味深い形状も増えています。ここでは、そんな魅力ある珍しいキーをいくつか紹介しましょう。

  
14815

安い?高い? ガルウイングドアへの改造費はいくら?

車の扉の多くが、利便性やコストなどを考えて、横方向に開くようにできています。しかしなかには、スーパーカーなど、扉が上方に向かって開く形式のものがあります。車両が転倒すると、ドアが開かず逃げられないなどと言われますが、とにかくカッコイイものです。では、そんなドアに改造するキットは、...

  
9323

BMW 8シリーズが復活!新しい8シリーズはどんなモデル?

8シリーズといえば、BMWがかつて生産していたフラッグシップクーペです。それまでのBMWがあまり採用していなかった新機軸も多く塔載し、フラッグシップモデルに相応しい要素が多分にありました。しかし、実用性があまりにも低く、ライバルであるメルセデスSLクラスにセールス的にも破れ、21...

  
7292

フェンダーミラーからドアミラー、ミラーレスへ…。サイドミラーの変化まとめ

運転する際、安全確認に欠かせないサイドミラー。実は、以前はフェンダーに取り付けられていることが決まりで、ドアミラーは違法でした。今回は、そんなサイドミラーの移り変わりについて見ていきます。

  
4860

なぜ「日本ではスーパーカーは生まれにくい」と言われるのか?

トヨタ 2000GTやホンダ NSX、日産 GT-Rなど、日本には世界に誇れるクルマが多数存在します。海外で日本車が高く評価されることは、日本人にとって喜ばしく、同時にとても誇らしいことです。では、日本発のスーパーカーというと、ちょっと答えに窮するかもしれません。そこで今回は「な...

  
8447

BMW i8やフォードGTなど、スーパーカーが採用する「ゴリラガラス」とは?

ゴリラガラス、なんとも強そうな名前ですが、実はスマートフォンのタッチパネルに採用されている製品で、あなたも毎日触れているかもしれません。そのゴリラガラスですが、自動車用に進化して、BMW i8やフォードGTに採用されています。軽量高性能でガラス界のカーボンともいわれるゴリラガラス...

  
10667

ソフトトップのオープンカーが減っている?その理由とは?

PHVやEVの社会への浸透スピードは非常に速く、BMW i8のようなスポーツカーにまで浸透してきています。そのi8に、ロードスターモデルの追加が発表されました。ルーフはハードトップです。最近、ソフトトップのオープンカーが少なくなりましたが、なぜなのでしょう?

  
12544

スポーツPHV、BMW i8の維持費っていくらかかるの?

BMW i8は、1.5L直3ターボエンジンにモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドカーです。スタイリングは、完全にスーパーカーですが、EVのみで約40kmの走行が可能というエコカーでもあります。都市部で使うなら、きっとお得に維持できるはず!ということで、BMW i8の維持費...

  
34068

ガルウィングは、なぜ普及しないのか?あんなにカッコイイのに…

スーパーカー世代にとって憧れだった「ガルウィングドア」。スーパーカーの非現実的なスタイルに加え、ドアが上に開くだなんて…そう感激したものです。しかしこのガルウィング式(跳ね上げ式)ドア、ごくわずかのモデルにしか採用されていません。その理由は一体何でしょう?

  
59937

航続距離が長いEV車ランキング TOP7

2017年に入り、手頃な価格と実用に耐える航続距離を持つEVモデルが発表されてきています。そろそろEVが現実的な選択肢…となってきたのは紛れもない事実ではないでしょうか。今回はEVの弱点でもあった「航続距離」そのTOP7を紹介します。(2017年4月時点)

  
23441

いまさらですが、注目しておくべき電気自動車6選

2000年代に入り環境問題が大きく取り沙汰されるようになったことは、記憶に新しいところです。それを受けた各社はソリューションに注力し、その回答としてさまざまなメーカーから、電気自動車が市販されるようになりました。さて、今回は注目すべき電気自動車を挙げてみましょう。

  
18137

あまり見かけなくなった「逆スラントノーズ」…どんな車の採用されていた?

最近はあまり見かけなくなった「逆スラントノーズ」ですが、一時期は昔のBMWに似ているという事で国産車メーカーの一部で意匠に取り入れた事もありました。それ以前はアメリカンスタイルの車で採用例がありました。エコよりスポーティイメージを強調するために魅力的なデザインという事で、意外と最...

  
33991

日本で唯一BMW i8のカスタムを行っているショップとは?

新世代のハイブリッドスポーツカーとして発表された「BMW i8」。その野心的なパワーユニットとフューチャリスティックな佇まいは、羨望の存在といえます。その「BMW i8」のカスタムを行っているショップはまだまだ少ないようですが、日本にも素晴らしいカスタムを行っているショップがある...

  
29157

来場者数約3,000人!横浜赤レンガ倉庫にHV/EVカスタムカーが集結した『ハイブリッドカーフェスタ...

2016年1月27日(水)、横浜赤レンガ倉庫にて、CarMe主催で『ハイブリッドカーフェスタ』を開催しました!20台以上の先進的なハイブリッドカー/EV車が集結、3000人超の方々にご来場頂きました。

  
2414

オートサロン2016に登場…BBSの「超超ジュラルミンホイール」は何が凄いのか?

2016年1月15日より幕張メッセで開催されている「東京オートサロン2016」。その中で、BBSジャパン株式会社の超超ジュラルミンホイールを装着したBMW「i8」が出展。超超ジュラルミンホイールとはどんなものなのか、見てみる事にしてみましょう。

  
18299

最高速度が約250km/hの「M4」と「i8」…BMWの高性能車の対決の結果は?

ドイツの自動車情報サイト「AutoBild」がBMWブランドの中からM4とi8という2台のドラッグレース対決を企画し、その様子を動画で公開しました。BMWのハイパフォーマンスブランドMを代表するM4と最新テクノロジーの結晶であるi8。果たして勝敗の行方は?

  
15589

減少する気筒数…BMWがターボ化を進めてきた理由とは?今後の方向性は?

「今のBMWはターボエンジンに熱心」と書くと、昔からのBMWファンの中には眉をひそめる方もいるかもしれません。しかし、調べるとそこにはBMWだけでなく、EUの自動車を取り巻く深い事情が見えてきました。

  
27744

関税あっても欧州で断トツ1位!なぜ三菱アウトランダーはこれほど人気なのか?その他PHEVとの比較も

9月に開催されたフランクフルトモーターショーで新型を披露した三菱アウトランダーPHEV。昨年販売されたこのモデルは欧州で熱烈な支持を受けており、分野別で1位!しかも2位との差がなんと1.5倍とのこと。なぜ、これほどまでに欧州で人気を博しているのか?その理由をさぐってみましょう。

  
34840