「e-power」の検索結果(112件)

記事

きちんと理解していますか?エコカー減税についてあらためて確認!

4月となり、会社や役所が新しい年度に入りました。それにともない、エコカー減税の内容や対象車が見直されています。2018年(平成30年)度のエコカー減税は、どのように変わったのでしょうか。乗用車のエコカー減税について紹介します。

  
4401

セレナ e-POWER発売開始!通常のセレナと比べてどう違う?

日産は、2018年3月1日から、セレナe-POWERの販売を開始しました。ノートに続くe-POWERモデルの第2弾として、日産が選んだのが主力ミニバンのセレナ。現在セレナは、日産の国内販売台数をけん引する重要な役目を担っており、セレナにe-POWERを設定したのは、大正解と考えら...

  
8550

間もなくセレナにも登場!あらためて日産 e-POWERとは?

昨年秋の東京モーターショー2017で公開された日産 セレナ e-POWERが、間もなく市場に投入されることになります。e-POWERは、日産が開発したハイブリッドモデルの名称で、昨年の販売台数ランキングではノートの躍進に大きく貢献しました。それが間もなくミニバンのセレナにも搭載さ...

  
10253

オールシーズンタイヤ N blue 4seasonで雪深い群馬水上に帰省してみた 

ここ最近、話題を集めつつあるオールシーズンタイヤ。その名の通り、春夏秋冬一年を通してどんなシーズンでも使用できるタイヤということで、冬になったらスタッドレス、春が来たらサマータイヤと毎回交換をしてきた筆者としても、交換の手間とタイヤを保管するスペースを削減できるとあって常々気にな...

  
12166

前編・ネクセンオールシーズンタイヤ N blue 4Season を自動車ルポライターフナタンが体当...

ここ最近、話題を集めつつあるオールシーズンタイヤ。その名の通り、春夏秋冬一年を通してどんなシーズンでも使用できるタイヤということで、冬になったらスタッドレス、春が来たらサマータイヤと毎回交換をしてきた筆者としても、交換の手間とタイヤを保管するスペースを削減できるとあって常々気にな...

  
10813

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.90 僕のプリウス評価

37回目を迎えた日本カー・オブ・ザ・イヤー(以下COTY)は日本でもっとも歴史が長く、かつ権威のある賞だ。元編集者や自動車メーカーOBが中心のRJCカーオブザイヤーに対し、選考委員のほとんどが現役バリバリのモータージャーナリストであり、ドライビングスキル、試乗しているクルマの数、...

  
5664

国産初のワンペダルドライブ ノートe-POWER

国産コンパクトに、面白い選択肢が出て来た。日産ノートe-POWERだ。「エンジンで作った電気を使って走る」というのがソレで、電源プラグを繋がずともガソリン車みたいに給油するだけで、EV走行が出来てしまうというクルマだ。text:今井優杏 [aheadアーカイブス vol.169 ...

  
5854

トヨタ ミライの排水は飲める!? 実際に飲んだ感想は?

次世代エネルギー車の一種、燃料電池車(FCV)は水素と酸素の化学反応を利用して電気をつくり、駆動用モーターを駆動させる仕組みです。水素と酸素の化学反応によって排出されるのは水のみ。その排水、味見してみたくありませんか?

  
15858

東京エスプリ倶楽部 vol.9 大事なのは身体

2017年に入って、ハイブリッド・カーに乗る機会が増えてきた。私が乗ったのは、日産ノートe-power、ホンダ・アコード・ハイブリッド、そして三菱アウトランダーPHEVの3台で、この3台には共通点がある。text:今尾直樹 [aheadアーカイブス vol.174 2017年5月...

  
326

【恐妻家コージの"車選び"奮戦記】Case.1 VW e-Golfの場合

オレは3年前に結婚した年上の奥さんと2人暮らしをする30代半ばのサラリーマン、コージ。最近、都内の狭小住宅を購入したばかり。独身時代は好きなクルマに乗っていたけれど、最近まで乗っていた5世代目のGolfは車検を機に手放したので、現在車選びの真っ最中。そろそろ子供も欲しいけど、やっ...

  
5778

WRXやマークXなど…しっかり4人乗れるスポーティーカー5選

自分だけ乗るのであれば、好きなクルマを買いたいものですが、家庭持ちの場合、家族全員が快適に乗れる、という制約がつきます。しかし、普通のミニバンでは飽き足らないというユーザーは少なくありません。そこで今回は、2017年10月現在、新車で買える「スポーティーカーなのに4人がしっかり乗...

  
17788

【全文書き起こし】副社長スキラッチ氏が語る、日産のインテリジェントモビリティの将来

「この度、日産自動車に乗ってくださっている皆様に、深くお詫び申し上げます。現在、第三者を中心とする調査チームを結成し、実態把握と原因の究明に全力をあげています。二度とこのようなことが起きないよう、全社をあげて再発防止に取り組んでまいる所存です。現時点では、これ以上お伝えできる情報...

  
4783

復活が噂されるシルビア、そもそもなぜ販売中止になったの?

日産が東京モーターショー2017に出品すると噂のe-POWERスポーツカーですが、情報が錯綜しているようです。2ドアとも4ドアとも言われ、2ドアはかつての人気車「シルビア」を名乗るとも聞こえてきます。ところで、どうしてシルビアは2002年に生産中止となったのでしょうか。

  
14624

ただのドライブで終わらせないで!試乗時にチェックしたいポイント6つ!

東京モーターショー2017も間近に迫り、そろそろ国産メーカーの新車ラッシュが始まります。購入するしないにせよ、試乗してみたいですよね。そこで今回は試乗のポイントをご紹介します。

  
12275

日産 GT-Rも今後EV化するのか?

BMW i8はPHEV、ホンダ NSXはハイブリッド、2019年市販予定とされている日本製スーパーカーGLM G4はEVと、スーパースポーツカーにも電動化の波が押し寄せています。そこで気になるのが、ニッサン・インテリジェント・モビリティを進めている日産の次期GT-Rの存在です。

  
12334

ロータリー復活宣言!? 2020年までにEVに活用される?

RX-8以来、その系譜が途絶えてしまっているマツダのロータリーエンジン。復活が期待されるところですが、思わぬカタチでの復活の可能性も示唆されているのです。

  
7103

ノート、ヴィッツ、アクア…2017年コンパクトカーのトップに立つのはどの車?

2017年現在、日本国内新車販売の主流は、コンパクトカーです。人気ジャンルだけにボディタイプ問わず、ライバルも多数。では、激戦の2017年販売合戦を制するのはどの車種か?予想してみました。

  
9968

ハイブリッド車の駆動用バッテリーの寿命と交換費用

「20世紀に間に合いました」をキャッチコピーとした初代プリウスの誕生から、2017年で20年になります。このあいだに、ハイブリッド車は超特別なクルマから、普通のクルマと言えるまで普及しました。そこで気になるのは、ハイブリッド車の駆動用バッテリーの寿命と保証期間、そして修理交換費用...

  
85367

発売から7ヶ月で販売台数10万台突破!日産ノートの魅力とは?

2016年末から2017年にかけて、日本のコンパクトカー販売で異変が起きています。日産の新型ノートは、2016年11月にビッグマイナーチェンジを受けてから、2016年度下期販売台数では長年コンパクトカーの首位をキープしてきたトヨタ アクアを抜きナンバーワンに。発売から2017年5...

  
8043

東京モーターショー2017で発表!? 期待の国産車5選

2017年は、2年に1度開催される東京モーターショーの年です。今年はフェラーリやランボルギーニの参加が見送りで、やや寂しいショーになりそうと思っていましたが、その分?国産メーカーが張り切っています。筆者が期待している、東京モーターショー2017出展車5台を紹介します。本当に出展さ...

  
23198
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives