「e-power」の検索結果(114件)

記事

アクアなど競合車に劣るラゲッジの広さは欠点!?ノートe-POWERのラゲッジサイズを確認

ハイブリッド車でありながら電気自動車のような走りを楽しめる日産のノートe-POWER(NOTE e-POWER)が新発売されましたね。電気自動車のような発進加速や、ワンペダルで発進から停車まで行えるワンペダルドライブなどが注目を集めているこのe-POWER(eパワー)ですが、ちょ...

  
22039

【ノーマル車との違いはあった?】日産ノートe-POWERニスモの収納スペースを確認

足回りを強化したスポーツモデルノートe-POWER NISMO(NOTE eパワー ニスモ)が一足遅れて日産から新発売されましたね。4連式のハイパーLEDデイライトなどスポーティーなデザインになっているe-POWER NISMO(eパワー ニスモ)ですが、走りも別次元。アクセルを...

  
1953

2017年新型リーフの内装・インテリアをご紹介【グレードごとの違いは?】

2017年9月にフルモデルチェンジした新型日産リーフ。内装や、インテリアなど、どう進化したのでしょうか。グレードごとにお伝えしていきたいと思います。2017/11/8

  
2620

国産車で3列シートが用意されている車種20

今やファミリーカーの定番となっている3列シート車。普段は2列目までしか使わなくても、お友達やおじいちゃんおばあちゃんと一緒に出かけるときに3列目メートがあるのは便利なもの。では、2019年3月現在、日本にはどんな3列シート車がラインナップされているのでしょうか?国産3列シート車を...

  
32820

維持費が安いおすすめ現行国産スポーツカー4選

スポーツモデルを買ったならガンガン走りたいし、程度はともかくとして手も加えたいものである。しかしそのクルマのランニングコスト(税金などの維持費、ガソリン代に代表されるクルマが走るための費用)が高いと、「持っているだけで精一杯」という本末転倒な状況にもなりかねない。そこで当記事では...

  
8166

ミニバンで燃費がいい車はどれ?トップ10

日本市場で高い人気を誇るミニバン。広い室内空間を武器に、3列シート車などを中心に余裕のある乗車定員や、多くの荷物が積載可能で、スライドドアを装備するなど高い実用性が人気の理由です。そんなミニバンを選ぶ際に、燃費を重要視するユーザーも多くいます。そこで2019年1月現在のミニバン低...

  
30824

見た目以上の広さ!室内空間が広いコンパクトカー5選

一般的にコンパクトカーとは、全長4,200mm、全幅1,700mm程度のいわゆる「5ナンバー」サイズで、ハッチバックやトールワゴンなど2ボックスのボディを持つクルマを指します。これらのコンパクトカーのなかで、室内空間が広いモデルを5台選んで紹介します。文・立花義人

  
4819

デートでも安心して楽しめる軽自動車3選

普通車に比べ、税金の優遇もある軽自動車は、若年層から高齢層まで幅広く購入されている人気カテゴリ。しかし、「ここぞ!」というデートの際、いくらお相手がクルマをあまり知らない方であっても、軽自動車で行くのはちょっと…なんて思う方もいるでしょう。そこで今回は、デートでも安心して楽しめる...

  
4863

爽快な加速感に感激!? 2018年上半期販売台数No.1「ノート e-POWER」の実力を確かめてみ...

生まれた時に家にあったクルマがC10スカイライン、いわゆるハコスカの4気筒スタンダードタイプで、10歳まで助手席で育ったこともあり、日産にはかなりの思い入れがあります。西部警察世代でもあるので、日産車を買いたいとは思っていました。文/写真・大田中秀一

  
3545

【ジョバンニ・ペトロルッティの視点】まだまだ立場の弱いEV、真打ちの登場はまだか

現在、世間をにぎわせている経営者カルロス・ゴーンの先見の明と言うべきか。EV時代の到来を予見し早くからその開発・販売を進めた結果、日産「リーフ」の販売は全世界で27万台を突破した。確かに、街を歩いていてその姿を見る機会も多くなった。文・ジョバンニ・ペトロルッティ/Giovanni...

  
2474

スバルはなぜ「雪道に強い」と言われているのか?

雪上や氷上など滑りやすい路面やオフロード、ラフロードなどと呼ばれる悪路での走破性の高さを謳うブランドはいくつもある。アウディ、ランドローバー、ジープといった欧米勢のほか、日本ではイメージ的にもスバルがその筆頭かもしれない。ほかにも、動画サイトでトラックを牽引したことで話題になった...

  
8974

先進技術を体験できる!NISSANのカーシェア e-シェアモビ

『ahead』読者の皆さまのようなクルマ好きにとって、若者のクルマ離れは由々しき問題に違いない。彼らが興味を抱いているというスマホもスマートスピーカーもVRだって、体験できるのは文字通りバーチャルな世界のみ。リアルな五感をともなった非日常感は、クルマを操ってこそ楽しめる世界でしょ...

  
440

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.108 白と黒のボディカラーが55%

モータージャーナリストの大先輩である故徳大寺有恒さんはクルマの色にとてもこだわる人だった。僕が「クルマ買い換えたんですよ」と話しかけると、まず最初に「で、色は何にしたの?」と聞かれたし、ご自分のクルマについても「今度○色の××を買ったんだよ」という説明のしかたをされた。徳大寺さん...

  
2003

ジュネーブショーとEVの新境地

ジュネーヴ・ショーでの日産自動車は、驚くほどのEV押しだった。目立つエリアにあるのは電池とモーターで走るクルマばかり、プレスカンファレンスで最も華々しくアナウンスされたのは2018-19シーズンからフォーミュラE選手権に参戦すること、そして同じフロアのどこからでも見えるくらい目立...

  
867

2018年上半期、もっとも売れたノート e-POWERの魅力

国産車の販売台数TOP3の常連といえば、トヨタ プリウス、アクア、ホンダ フィットでしたが、その3強を抑え、2016年11月に販売台数の月間No.1に輝いたのが、日産の「ノート e-POWER」です。日産車として約30年振りの快挙であり、その後も2016年下半期、2017年、そし...

  
2885

昔と今、日本車各メーカーの大衆車はどう変わった?

現代の私たちにとって、クルマは生活に欠かせないものとなっています。その土台となっているのは、戦後、急速に自家用車が普及するきっかけにもなった各メーカーが作る大衆車ですが、時代の変遷とともに、大衆車も変化を遂げています。日本の主な自動車メーカーが販売してきた大衆車には、どんなクルマ...

  
7833

新車で国産なら中古で輸入車はどう?200万円程で買えるおすすめ中古輸入車

「輸入車は国産車に比べて価格が高くて…。」という理由で、購入をためらっている方は多いでしょう。でも、あなたが新車の購入に200万円程度を予定しているなら、中古にはなりますが、国産車とはまた違った魅力を持つ輸入車も選択肢に入れることができます。次の愛車には、中古の輸入車も候補に入れ...

  
14188

今年のファッション流行カラーはパープル!ボディカラーが紫の国産車5選

パープルという色には、高貴なイメージがあるそうです。しかし、こと車のボディカラーに限って言えば、パープルはあまり好まれず、これまで唯一成功したのは、日産のスカイラインGT-R(R33/34)ぐらいです。今回は、今年のファッションの流行カラーが"パープル"ということ...

  
7281

新型フォレスターに搭載のハイブリッド「e-BOXER」はなにがすごい?

スバルの人気SUVであるフォレスターの新型が、2018年7月に発売になります。今回は、この新型フォレスターのパワートレインの目玉として設定されるハイブリッド「e-BOXER」に注目してみました。多種多様なハイブリッドシステムのなかで、スバルの「e-BOXER」は、どのようなシステ...

  
14835

日産、2018年秋に実用化!? 夢の可変圧縮比エンジンとは?

かつては「夢のエンジン」といわれた可変圧縮比エンジンを、日産が2018年秋に実用化する予定です。圧縮比を条件に応じて最適化することによって、低燃費と高出力を両立する画期的な可変圧縮比エンジン。その仕組みや効果とは?文・吉川賢一

  
9466
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives