「ahead」の検索結果(1406件)

記事

EVオヤジの未来予想図 VOL.6 19世紀に発明された20世紀的発展の産物

さて、今回の自動車業界の電気騒動は、内燃機関自動車 VS 電気自動車で、その性能、機能、使い勝手、趣味性等で語られることが多いが、この騒動はそうした議論を無意味なものとして葬り去るほどに根が深い。text:舘内 端 [aheadアーカイブス vol.183 2018年2月号]

  
392

目指せ!カントリージェントルマン VOL.7 win-winの美学

正月を過ぎると翌シーズン以降の薪を集めはじめる。薪棚の空きが目立ちはじめる頃だし、懇意にしている造園屋さんが伐採した原木をわけてくれるのもこの時期だからというのもある。木に含まれる水分量が少ないのでタイミングとしても最高。ボク自身でも切り倒されて放ってある木を見かけると地主にかけ...

  
272

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.11 ミニバンの悲劇と女の直感

新年早々、我が家のミニバンはぶつけられて痛々しい姿になってしまった。修理に入ってから、もう3週間。代車での不便な生活が続いている。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス vol.183 2018年2月号]

  
558

モタスポ見聞録 Vol.11 タフさを取り戻すダカール

5年ぶりにペルーでのステージが復活。ルートの概略が発表された段階で、各チームとも今年は特に前半と後半で難易度の高いステージが連続すると予想した。が、実際の難易度は予想を大きく超えた。text:春木久史 photo:日野自動車 [aheadアーカイブス vol.183 2018年2...

  
540

ショーファードリブン<ドライバーズカー 〜レクサスLS〜

わずか3年ほどの間に、CT、GS、NX、RX、ISF、LSなど10台のレクサス車を手に入れてきたが、中でもやはりLSが一番だと語るのは一級建築事務所を経営する高橋照夫さんだ。そう聞くと、どこかの誰かが有り余るお金に飽かせて…と受け取られてしまうかも知れないが、そうではない。tex...

  
749

日本上陸を目前に控えたA110

死ぬまでにあと何台のクルマに乗れるか、考えたことない? と訊ねられたとき、僕は軽く驚いた。……ない。こうした仕事に従事してるからか、自覚に欠けた幼児性の成せる業か、いずれにせよ、ないのだ。あるいはそんなふうに限定的に考えることで自分の意識に〝呪〟をかけて、行く先まで限定的なものに...

  
660

アライに刻まれる ドゥルディ・パフォーマンス

ヘルメットのグラフィックデザインにはその人の個性が表れる。ヘルメットはバイクに乗る上で必要不可欠であるため、誰もが必然的に被っている。故に、安全性を高める目的と同時に、個性を表現するツールにもなっているのだ。そんなヘルメットに、グラフィックデザインで、その人の強烈なパーソナリティ...

  
724

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.103 ウィンタータイヤという選択

先日の大雪で首都圏の道路は大混乱に陥った。とはいえ今年の気候が特別だったわけではない。毎年一度か二度は東京も大雪に見舞われ、サマータイヤのまま走るクルマによって多数の事故や通行止めや大渋滞が引き起こされる。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.183 2018年2...

  
1620

オートサロンに見るタイヤ戦争

年始に幕張メッセで開催された東京オートサロンは、チューニングカーの祭典だが、いまや自動車メーカーは各社が出展。インポーターまでもがブースを構えるほどであり、かつての怪しい雰囲気漂う改造車のお祭り感は影を潜めている。text:橋本洋平 [aheadアーカイブス vol.183 20...

  
1056

ミニバンの世界を変えるCX-8

質感、乗り心地。ハンドリング、動力性能。実用性、ルックス、そして価格。マツダCX-8はこうしたクルマに求められる要素を、非常に高いレベルで満たす、国産車としては近年まれに見る傑作だと思う。text:山田弘樹 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.183 2018...

  
1968

トヨタのロードゴーイングレーサー

TOYOTA GAZOO Racingは、東京オートサロンでGRスーパースポーツコンセプトとそのテストカーを世界初公開した。text/photo:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.183 2018年2月号]

  
11054

新世代ボルボの快進撃

賢明なる読者諸兄であれば、新世代ボルボの快進撃をきっとご存知のことと思う。XC90以降、右肩上がりの販売台数がそれを如実に物語る。昨年はミッドサイズSUV XC60が日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得し、現在、本国から日本国内販売分に割り振られる新モデルはすべて完売、バックオーダー...

  
7128

ひこうき雲を追いかけて vol.68 自動車業界で働く女性たち

先日、ある部品メーカーから「うちの女性社員たちに何か話をしてもらえませんか」というお申し出をいただいた。これまでにも数度、講演会的なお仕事をいただくことはあったが、女性限定、というのは初めてのこと。実際に私がそうであるかは別として、仕事においてチャレンジングであることの大切さを伝...

  
1487

私の永遠の1台 VOL.23 いすゞ ピアッツァ ハンドリングbyロータス

幼少期は誰でもクルマに興味を持つが、私は小学校に入ってもその熱は冷めるどころか更にエスカレートしていった。休みの日には両親にお願いしてディーラーでカタログ収集。更に少ないお小遣いをやりくりしながら自動車雑誌を買うようになった頃、あるクルマに出会った。「いすゞ ピアッツァ」である。...

  
1631

埋もれちゃいけない名車たち vol.67 魔性の色気「フェラーリ・456GT」

〝色気〟もしくは〝官能〟というキーワードでクルマを眺めるとき、誰もがパッと思い浮かべるのは、やはりイタリアンだろう。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.183 2018年2月号]

  
1289

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.101 EV報道の真実

最近、いろいろなメディアでEVにまつわる記事を目にするようになった。ついにEVの時代がやってきた! といった前のめりの姿勢で、IT系や経済系のライターさんたちがこぞってEV関係の記事を書き出したからだ。もちろん、それ自体は悪いことではない。いろいろな人がクルマの話題を採りあげるの...

  
2253

自動車人の食卓 プロローグ イタリア人はイタリア料理を毎日食べる

イタリア自動車人について記された書き物を読んでいると、しばしば食卓の記述にぶつかる。ぶつかっては強く惹きつけられる。彼らが生み出したクルマの名前も年代も馬力も車重も流れる水のごとく頭の上を通過していくが、食べ物が出てくると料理の名前がするりと体に入って来る。text:松本葉 [a...

  
1126

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.9 夫婦円満のワザ

発売されたばかりの『カーズ/クロスロード』のDVDを見ながら、娘と私が盛り上がっている横で、夫はなにやらスマホを睨み、せわしなく画面をスクロールしていた。こりゃ始まったなと、私はその画面になにが映っているのか、うすうす感づいている。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス...

  
30023

目指せ!カントリージェントルマン VOL.5 ココロとカラダの冬支度

締め切りの期間は、一日中家から出ない、というか敷地から出ない日が多い。昼間、薪を運ぶために外に出るとリスとスズメとメジロとムクドリとトンビとカマキリたちと一斉に目が合う。少し前はクワガタとシマヘビも日向ぼっこしていた。text:吉田拓生 [aheadアーカイブス vol.181 ...

  
271

EVオヤジの未来予想図 VOL.4 狂気のエキゾーストノート

自動車ファンと競馬ファンをごっちゃにすると、双方から叱られそうだが、少なくとも現在は競馬ファンの方が純粋にファンでいられるのではないだろうか。なぜって、「2030年から我が国は競馬を禁止し、競豚にします」といった話は聞かないからだ。text:舘内 端 [aheadアーカイブス v...

  
1591
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives