「ahead」の検索結果(1420件)

記事

埋もれちゃいけない名車たち vol.71 地味で奥ゆかしい 唯一無二の存在「ローバー 75」

価値観だとか人生観だとか、そういうモノは人それぞれ。それを下支えにして、クルマ選びはとことん自分基準で行うのが一番。今でこそそんなふうに考えるようになっているけれど、若い頃にはもっと〝他人の目〟を気にするようなところもあったような記憶がある。text:嶋田智之 [aheadアーカ...

  
1026

モタスポ見聞録 Vol.15 レース好きとバイク好き

「バイクはレースの道具」そう考えるレーシングライダーは多い。市販車についてあまり知らず、免許証を持っていない人も珍しくない。彼らの目的は「レースに勝つこと」。「バイクに乗ること」ではない。ストイックなのだ。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.187 2018年6...

  
498

ディーゼル車の誘惑

臭くて、煩くて、振動が多い割には、車両価格が高いなど、ネガティブなイメージが先行していたディーゼル。だからこそ自動車を趣味とするような本誌読者にとって、ディーゼルエンジン搭載車はどちらかといえば最も遠い存在だろう。text:橋本洋平 [aheadアーカイブス vol.187 20...

  
1659

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.107 関税25%の思惑

トランプ米大統領が、通商拡大法232条に基づき乗用車の関税を現在の2.5%から25%に引き上げることを検討していると報じられた。これが実行されたら日本の自動車メーカーは大打撃だ。いや、大打撃どころか息の根が止まるだろう。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.187...

  
1551

ヤマハの考えるニュースタンダード 〜YAMAHA MT-09 SP ABS〜

MT-09は、ヤマハのスタンダードモデルである。そのスタイリングはモダンを極め、2000年代後半に欧州を中心に人気を極めたストリートファイター系に見えるかもしれないが、それに惑わされてはいけない。text:河野正士 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.187 ...

  
1415

もう一度SUZUKIに乗る ー前編 "スズ菌"の源

決して、ブォーンやフォーンではなく、グゥオンでもない。「クォンッ、クォンッ」という歯切れの良いGSX-R系エンジンの排気音は、アクセルを急開閉した時に少しだけ「ジャワッ」とレーシングキャブのような吸気音が混じる。このいかにも〝完全燃焼してます〟というエンジン音は、スズキのバイクの...

  
1512

EVスーパーセブン、給電の旅

去る5月17〜31日に「EVスーパーセブンで東北被災地を巡る旅」と銘打ち、日本EVクラブが製作したコンバージョンEVが再び、東北被災地を巡った。〝再び〟と言うのは、2013年に急速充電を行いながら日本を一周する「急速充電の旅」でこのEVスーパーセブンが活躍したからだ。text:a...

  
1245

スペンサー・レプリカ40周年記念モデル

フレディ・スペンサーがプロライダーとして歩み始めたのは'78年、16歳の時のことだ。AMA(全米ロードレース選手権)の250㏄クラスやスーパーバイククラスで頭角を現し、世界グランプリでは500ccクラスで2度('83年/'85年)、250ccクラスで...

  
3279

新燃費測定法「WLTCモード」で何が変わる?

新しい燃費測定法の「WLTCモード」が導入された。'18年10月以降に販売される新車から、国土交通省による審査値の表示が義務付けられる。当面は従来のJC08モードと併記され、'20年9月以降はWLTCモードのみに一本化される。text:世良耕太 [aheadア...

  
13308

ひこうき雲を追いかけて vol.72 シンプル イズ ベスト!

今月号で6回目となる連載「自動車人の食卓」は、数年にわたって大事に心の中で温めていた企画を実現したものだ。text:ahead編集長・若林葉子 photo:Tomoko Murakami [aheadアーカイブス vol.187 2018年6月号]

  
1169

“こだわり”が未来を拓く 桂 伸一 インタビュー

Interview with Shinichi Katsuratext:ahead編集長・若林葉子 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.185 2018年4月号]

  
1076

ROLLING 50's VOL.116 キャンピングカーのトイレ

毎年7月に開催されるキャンピングカーの祭典「東京キャンピングカーショー」が賑わっている。全国のキャンピングカー製造会社・販売店が、最新のキャンピングカーを展示して、2017年は過去最大の車両がビッグサイトに並んだという。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.186...

  
754

EVオヤジの未来予想図 VOL.9 CO2を計算する

大型の貨物船の電動化の計画があった。あの臭い重油の燃えた匂いもなく、エントツから吐き出される真っ黒な排煙もなく、しかも静かで振動も少ないから乗組員の健康にも良く、きっと疲労も少ないに違いない。text:舘内 端 [aheadアーカイブス vol.186 2018年5月号]

  
522

目指せ!カントリージェントルマン VOL.10 僕のヒーロー、ビッグ・ジェリー

その昔出ていたレースはヒストリックカーが中心だったし、サーキット試乗も古モノが多かった。だからボクのレーシングスーツはクラシックタイプだった。text/photo:吉田拓生 [aheadアーカイブス vol.186 2018年5月号]

  
312

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.14 電動ママチャリ・デビュー

この春、我が家に新しい乗りものが2台やってきた。1台は、3歳になった娘にプレゼントした12インチ自転車だ。夫も私も、3歳半にはもう補助輪ナシで自転車を乗り回していたので、そろそろいいだろうと思ったのだが、娘はどうも乗り気じゃない様子。私が欲しくて欲しくて買ってもらった子どもの頃と...

  
958

モタスポ見聞録 Vol.14 富士に24時間レースが復活

富士スピードウェイに24時間レースが帰ってくる。それも50年ぶりに。開催されるのは、『ピレリ スーパー耐久シリーズ2018 第3戦 富士SUPER TEC 24時間レース』だ。開催期間は5月31日(木)~6月3日(日)で、31日は専有走行と夜間練習走行を実施。1日はフリー走行と予...

  
319

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.10 ドライブの記憶

運転席に座ったら、まずシートベルトを締めてエンジンをかけ、次にナビで目的地までのルート設定をするというのがお決まりの儀式だったのは、数年前までのこと。今ではナビに触れることがなくなった代わりに、スマホに向かって目的地を言い、ルートや所要時間を確認するようになった。text:まるも...

  
426

埋もれちゃいけない名車たち vol.66 超高性能・超豪華 SUVの起源「ランボルギーニ・LM002...

今や世界中でSUVが大ブーム。庶民的な小さなモノからラグジュアリーセダンも真っ青になる超高級なモノまでと、ひと昔前だったら想像もつかないほどの品揃えだ。そして昨年の12月、ザ・スーパーカー・メーカーとでも呼ぶべきランボルギーニが、〝ウルス〟というモデルを正式に発表した。text:...

  
1262

モタスポ見聞録 Vol.10 レースの未来を背負う フォーミュラ E

フォーミュラE(FE)のシーズン4(2017/18年)が'17年12月2日に香港で開幕した。'18年7月末にかけて、11都市で14戦が開催される予定だ。'17年限りで世界耐久選手権(WEC)から撤退したポルシェや、'18年限りでDTM(ドイ...

  
275

ミニカーを愛しすぎる専門店 アイアイアド・カンパニー

耳を澄ませば、あちこちからヒソヒソ話が聞こえてくる。新入りもやってくるが、何十年もの間、じっとガラスの向こうを見守っている者もいる。運命の出逢いを待ち続けているのか、それとも安住の地を得たりとのんびりしているのか。覗き込めば、ウインクを返してくれそうだ。text:まるも亜希子 p...

  
518
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives