「ahead」の検索結果(1420件)

記事

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.88 時速120キロ時代

1963年に名神高速道路が開通してから53年。約半世紀ぶりに高速道路の最高速度が見直されることになった。試験的に新東名高速道路と東北自動車道の一部の最高速度を時速110キロとし、事故が増えないようであれば将来的に120キロまで引き上げるという。その他区間でも最高速度の見直しは行わ...

  
1615

コクピットのトレンドを調査せよ

発売されたばかりの新型アウディTTにはホントに度肝を抜かれた。コクピットのことである。text:今井優杏 [aheadアーカイブス vol.155 2015年10月号]

  
954

250ccの車体に70馬力オーバーのEV

今、世界中で電動の乗り物による様々な試みが行われようとしている。レースに参戦したりソーラーパネルを張り付けた飛行機が世界一周に挑戦している。そんな中、ハーレーが開発した電動モーターサイクルが「ライブワイヤ」である。text:後藤 武 [aheadアーカイブス vol.150 20...

  
1824

私の永遠の1台 VOL.15 日産 7代目スカイライン(R31型)

いきなりだが、「お酒はぬるめの燗がいい」そうなれば、「肴はあぶったイカでいい」だったら、「女は無口なひとがいい」八代亜紀はこう「舟歌」で絶唱する。ちなみに作詞はかの阿久 悠だ。ではクルマは? 「クルマはボロがいい」と喝破したのは徳大寺有恒さんだった。text:舘内 端 [ahea...

  
1114

モタスポ見聞録 Vol.1 GT3とは何か

世界のレースシーンで「GT3」が活躍の場を広げている。日本も例外ではない。鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドは3月4日、2018年8月から「鈴鹿10時間耐久レース(仮称)」を開催すると発表した。鈴鹿サーキットでは'66年から「鈴鹿1000km」が行われており、&#...

  
1113

もうひとつのコロンブスの卵 〜日産の可変圧縮比エンジンVCターボ

日産の高級車ブランドであるインフィニティは、圧縮比を可変制御する機構を組み込んだ横置き2ℓ4気筒ガソリンエンジンを発表した。可変圧縮比の過給機付きであることを意味するVCターボ(バリアブル・コンプレッション・ターボ)と名付けられたエンジンは、圧縮比14から圧縮比8までをシームレス...

  
885

ツライチOKの保安基準

見えるか見えないか、オトコはそんなところに心惹かれる。見えてしまっては台無し。ギリギリを突くチラリズムがたまらない。コレ、決して女性のスカートの丈の話じゃない。タイヤとフェンダーの位置関係のお話。平たく言えばツライチか否かということだ。text:橋本洋平 [aheadアーカイブス...

  
1057

埋もれちゃいけない名車たち vol.58 ロータスファンの未来をつくろうとした「ロータス・エスプリ」

クルマの"未来"を想うとき、今ではリアリティを持って迫ってきてる自動運転というキーワードが、無視することのできない存在になっているのは確かだ。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.174 2017年5月号]

  
1080

埋もれちゃいけない名車たち vol.48 三菱エンジニアの情熱モデル「三菱 GTO」

1980年代の半ばを過ぎてからのバブル景気の頃はどこまでも狂乱に満ちていて、「いい時代だった」とはいいづらいところがある。けれど日本の自動車業界にとって少なからぬ福音があったことも確かだ。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.164 2016年7月号]

  
1356

GSX-Rとは何か

「これがGSX-Rなのか?」走り出してすぐに違和感を覚えた。自分の知るかぎりGSX-Rと名の付くバイクは、荒々しくアグレッシブな印象があったからだ。text:神尾 成 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.178 2017年9月号]

  
7790

日本車の逆襲

ここ数年というよりこの十数年、日本の大型バイク市場は外国車の勢力が強く、日本車が劣勢だったように映る。text:神尾 成 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.151 2015年6月号]

  
756

SUZUKI 隼(ハヤブサ)

今回、隼に初めて乗ったのだが、見た目とは違い乗り易かった。197馬力を発揮しているバイクとは思えないほど従順で、低速域を多用する渋滞路から、峠道や高速ツーリングまで、すべてのシチュエーションを受け入れてくれる懐の深さがある。隼は上品なグランドツーリングマシンだと思う。text:神...

  
1215

ディーゼルという賢い選択

実は我が家には1台、クリーンディーゼル車があります。それは「マツダ CX-5」。発売早々、弟夫婦が購入しました。弟は以前からクルマ好きで、昔は私もクルマを購入する際に弟に相談していたぐらい。しかし、CX-5の購入は弟よりも奥さんの意見だったとか。text:吉田由美 [aheadア...

  
1399

日産の「スカイライン」という存在

日本車のなかでスカイラインほど話題に事欠かないクルマはないだろう。リーダーのGT-Rだけでなく、廉価グレードにも先進的なメカニズムを時代に先駆けて採用し、話題を振りまいてきた。また、多くの神話と伝説に彩られている。広告やグッズまでもがニュースになってしまうのもスカイラインならでは...

  
1379

燃費競争がもたらした功罪

ここ十数年の間、燃費が自動車にとって極めて重要な要素となってきた。思い起こすと、1997年12月の京都議定書が始まりだった。地球温暖化防止条約が締結され、未来の地球環境に警告が発せられた。text:清水和夫 [aheadアーカイブス vol.163 2016年6月号]

  
1088

R35 GT-R 最終型

ズバリ言うと、新しいR35 GT-Rは、名優コリン・ファースからマナーと上品さを教わったジャン・クロード・ヴァンダムみたいな存在といえるだろう。text:ピーター・ライオン photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.164 2016年7月号]

  
2065

レクサス女子増殖中

実は、つい先日、某自動車雑誌で「イケメン顔のクルマ」というテーマで原稿を書いていました。「5台中、少なくとも2台は国産車を入れなければならない」という条件がありました。その中の1台に私が選んだのが「レクサス RC」。しかしその原稿を書いた直後、クルマの運転中に後ろから来た「レクサ...

  
1452

最近注目される125ccのストファイ

通勤快速や都内最速...などと例えられることのある125ccのバイク。いわゆる原付2種と呼ばれ、小型限定普通二輪免許で乗ることができるバイクなのだが、最近この125ccクラスのラインアップが豊富になってきている。text:サトウマキ  photo:長谷川徹(...

  
33620

排ガス規制でバイクが消える

現在、バイクはユーロ4という基準によって排ガス規制値が定められている。新型車は2016年10月から、継続生産車は今年9月1日から適用された。モンキー、SR、セロー、W800、ST250など、今回の規制強化で消えるバイクは枚挙に暇がなく、日本4メーカーのウエブサイトのラインアップ一...

  
7504

埋もれちゃいけない名車たち vol.64 ハイソカーのさきがけ「日産・初代レパード」

1980年代の半ば近くになって、日本のクルマ好きの間に〝ハイソカー・ブーム〟というのが巻き起こった。ハイソカーというのは〝ハイソサエティ・カー〟を略した自動車メディア発信の造語であり、言ってみれば〝上流社会っぽいクルマ=趣味のよさげなオヤジくさくない高級車〟ぐらいの、わりと曖昧な...

  
12646
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives