「VIP」の検索結果(77件)

記事

MotoGP日本GPのV席専用デザインパスが発売…6月1日より

全19種類のプレミアムデザインが用意されました。

  
304

"キャデラック エスカレードは、トランプ大統領と大谷翔平選手の中間!?"アメリカ流ラグジュアリーSU...

さすがはフルサイズのラグジュアリーSUV 。いつ見ても大きい~!期待を裏切らない大きさです。久しぶりに乗った"キャデラック エスカレード"を試乗レポートします。文・吉田由美/写真・萩原文博

  
3956

まさに成功の証。アメリカのプレミアムSUV"キャデラック エスカレード"をテストドライブ

まだ、ダイムラーなど、わずかな自動車メーカーしか存在していなかった20世紀初頭。キャデラックは1号車を完成させる。1903年のことだ。それから110年を超える歴史を築いてきたのが、世界屈指のプレミアム・ブランドがキャデラックだ。キャデラックの名声は、ただ豪華や華美というだけでなく...

  
1422

3列シート高級SUV、キャデラックエスカレード 魅力を吉田由美と鈴木ケンイチが改めて考えてみる【対談...

SUVブームが続く中、2017年12月に登場したマツダCX-8によって脚光を浴びた3列シートSUV。国産車でも以前からトヨタランドクルーザーや三菱パジェロにも設定されていましたが、それほど注目度は高いとは言えず。それは大きなボディサイズが必要となる3列シートSUVは輸入車の人気が...

  
1419

2トン、3列シート、6.2LV型8気筒エンジン…アメリカのラグジュアリーSUV キャデラック エスカ...

SUV人気はまだまだ加速しています。ランボルギーニからはウルスの登場、ポルシェはカイエンクーペを追加しました。そのSUV人気の中で、今後ヒートアップしそうなカテゴリーが全長5mを超えるフルサイズSUVでしょう。2018年4月に開催されたニューヨークモーターショーでは、メルセデス・...

  
2153

アルファード エグゼクティブラウンジの外装画像【高級ミニバンを徹底チェック?】

アルファード(Alphard)の最上位モデル”エグゼクティブラウンジ”を試乗させてもらいました。このアルファード(Alphard)の特徴と言えば何といっても押し出し感が強くなったフロントマスク。先代モデルよりもフロントグリルが大型化された事により高級感のあるデザインはそのままに、...

  
1890

【インパネも専用装備が多数!?】アルファードのエグゼクティブラウンジ

トヨタの30系アルファード(Alphard)がフルモデルチェンジをして新発売されましたが、押し出し感が強くなったデザインが好評で、先代よりも売れ行きを伸ばしているようですね。この人気モデルの中で芸能人や政治家などVIPに愛されているのが、最上位モデルの”エグゼクティブラウンジ(E...

  
23472

【シートに注目】アルファード エグゼクティブラウンジの内装レビュー

未だに高い人気を誇っている30系アルファード(Alphard)の最上位モデル”エグゼクティブラウンジ”を先日、試乗をしてきました。この30系アルファード(Alphard)はグレードによってインパネやシートのデザインが異なりますが、一番内装・インテリアが豪華で快適性に優れているのが...

  
39965

2列目の乗り心地はどう!?アルファード エグゼクティブラウンジの試乗の感想

先日、トヨタから発売されている高級ミニバンのアルファード(Alphard)の最上級グレード”エグゼクティブラウンジ”を試乗してきました。今回発売されたエグゼクティブラウンジの一番の売りは、VIPが座るのに相応しいラグジュアリーな2列目シート。使用されている本革素材も超一流で他のク...

  
28110

アルファード エグゼクティブラウンジの2列目シート【機能&デザインを徹底チェック】

トヨペットから発売されている高級ミニバンのアルファード(Alphard)の最上位モデル”エグゼクティブラウンジ(EL)”を試乗させて頂きました。大型センターコンソールや木目調パネルを採用したインパネなど格式の高さを感じる内装も人気ですが、この最上位モデルの一番の注目ポイントは何と...

  
1645

エグゼクティブラウンジの3列目に不満が・・・アルファードの内装レビュー

トヨタの高級ミニバン30系新型アルファード(Alphard)の最上位モデル”エグゼクティブラウンジ(EL)”を先日試乗させてもらいました。試乗した際、豪華さを極めたエグゼクティブラウンジシートと名付けられた2列目シートにも座らせて貰ったのですが、シートが他のクルマよりも格段に広く...

  
3060

セダン、サルーン、リムジンの違いとは?

同じ3ボックス、4ドア、2列シート車にも関わらず、国やメーカー、車種によって「セダン」や「サルーン」、「リムジン」、などと呼称が変わるのを不思議に思ったことがあるはずだ。呼び方によって定義や違いはあるだろうか。文・塚田勝弘

  
14173

安すぎる!激安のハッタリ中古輸入車たち 〜50万円以下編〜

きっと新車を購入される皆様が気にされる要素の中に「リセールバリュー」というものがあると思う。なぜなら車は高額商品が故、耐久消費財の中でも売却値が比較的つく方だからだ。だが以外に知られていないのは、リセールが高くつきやすいクルマとつきにくいクルマにどのような差があるのかということ、...

  
5867

国産車で3列シートが用意されている車種20

今やファミリーカーの定番となっている3列シート車。普段は2列目までしか使わなくても、お友達やおじいちゃんおばあちゃんと一緒に出かけるときに3列目メートがあるのは便利なもの。では、2019年3月現在、日本にはどんな3列シート車がラインナップされているのでしょうか?国産3列シート車を...

  
19880

日本でリムジンに採用されている車5選

リムジン女子会を始め、運転手付きのリムジンを手配して特別な時間を過ごす「リムジンパーティー」が、ここ数年、若い人たちの一部で流行っています。本来、リムジンはVIPの人たちの乗り物でしたが、それを逆手にとってVIP気分を味わおうというものです。今回、注目するのはリムジンに使われる車...

  
3191

デジタルアウターミラーや靴べら差しなど…今新車で買えるユニークな装備を持つ国産車5選

1980~1990年代の国産車では「日本初」、「世界初」といった装備を与えていることがセールストークのためには必須といえる状況もあった。さすがにクルマ社会も熟成すると、重箱の隅をつついたような世界初や、何の役に立つのかわからないような日本初を求めることはなくなってきたが、それでも...

  
31188

バック時に鳴る「ピーッピーッ」という音。鳴らない車があるのはなぜ?

運転をしていて「今日はバックをしなかった」という日は、ありませんよね。バックする際、国産車の多くはシフトをリバースに入れると”ピーッピーッ”という警告音が鳴りますが、なかには鳴らない車も存在します。特に輸入車の多くは鳴りません。これはなぜなのでしょうか。今回は、バック警告音の実態...

  
11744

たまに見かける、トランクから伸びたアンテナ。これって何を受信しているの?

最近はめっきり減ってきましたが、おもにセダンタイプのクルマのトランクに長さ50cmほどの太くて黒い棒状のパーツを装着しているクルマを見かけることがあります。あの棒にはどのような役割があるのか、ご存知でしょうか?

  
16525

リ・スタートしたレクサスLS

1989年をピークにした「バブル景気」はすごかった。とくに都市圏の「土地バブル」は凄まじく、「山手線内側の土地価格でアメリカ全土が買える」といわれたほどだった。そんなタイミングで日本メーカーはレクサス('89年)、インフィニティ('89年)、アキュラ(...

  
547

世界に冠たる高級車ブランドの地位へ、キャデラックCT6【試乗記】

第一次世界大戦と第二次大戦を挟んだ時代、キャデラックは世界最上級の高級車ブランドの一角を占めていた。高級車という分野においては極めて重要な「格式」という要素について、この時代のV-16ないしはV-12エンジンを搭載したキャデラックに匹敵し得るアメリカ製ブランドは「パッカード」くら...

  
5935
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives