「Uターン」の検索結果(32件)

記事

怖いと感じたシーンも…|新型エクストレイルの自動運転で試乗した感想

普段使いだけでなく、オフロードでも真価を発揮する日産の人気SUVの新型エクストレイル(X-TRAIL)が、2017年6月にマイナーチェンジを行いましたね。先日、マイナーチェンジをして新発売されたこの新型モデルの試乗に行ってきたのですが、安心感のあるフラットな乗り心地の良さに大感動...

  
19726

ソアラにプレリュード…今見ても乗りたい懐かしのデートカーたち

デートカー…そう聞いてピンと来た方はバブル時代に青春を過ごした方なのではないのでしょうか?厳密なデートカーの定義などはありませんが、当時スタイリッシュなスペシャリティークーペに乗ればモテた…らしい。今回はそんな当時の定番であったデートカーをご紹介していきます。これらのクルマに備え...

  
34041

新型ハイラックスの基本スペックは?

新型 ハイラックスの基本スペックを紹介します。2017/10/30

  
33845

新型日産スカイライン200GTt Type P試乗レビュー【試乗して感じた良かった点・欠点】

いつの時代も、最先端のテクノロジーでその走りを磨き、我々を魅了し続けているスカイライン。長きにわたって培ってきたハンドリングテクノロジーの一つの究極系が、V37スカイラインに搭載されたダイレクトアダプティブステアリング、そしてハイブリッドシステムとダウンサイジングターボといったパ...

  
41954

忘れられないこの1台 vol.34 YAMAHA TRAIL 250 DT1

1984年10月、巨大なピラミッドのそびえ立つ茶褐色に覆われた大地に立っている自分が信じられなかった。エジプトで開催されるファラオラリーを初めて耳にしたのは、左膝の怪我で入院していた病院のベッドの上だった。text:打田 稔 [aheadアーカイブス vol.111 2012年2...

  
690

帰ってきたインサイトに公道試乗!普遍的なクルマの良さを実感した

ホンダから3代目となる「インサイト」が登場した。「インサイト」という名前は、初代、2代目とハイブリッド専用モデルであった。1999年に登場した初代は超空力性能を持つアルミボディと専用の3気筒エンジンによって世界最高レベルの燃費性能を実現した2シータークーペ。2009年にデビューし...

  
6732

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.88 時速120キロ時代

1963年に名神高速道路が開通してから53年。約半世紀ぶりに高速道路の最高速度が見直されることになった。試験的に新東名高速道路と東北自動車道の一部の最高速度を時速110キロとし、事故が増えないようであれば将来的に120キロまで引き上げるという。その他区間でも最高速度の見直しは行わ...

  
1615

軽自動車のデメリットと感じる部分はココだ!6選

軽自動車は、普通車と比べるとUターンや駐車場での切り返しなどで小回りが効いたり、高速道路料金や税金、車検といった維持費が安いなど、さまざまなメリットがあります。しかし、普通車に比べるとどうしても劣っている部分があります。今回は、あえて厳しめに軽自動車のデメリットと感じてしまう点に...

  
39163

2日に1回以上発生中!高速道路を逆走してしまった時の対処法

国土交通省によると、平成28年の逆走発見件数は249件、つまり2日に1回以上のペースで、日本のどこかで逆走車が発見されているわけです。進行方向が決められている高速道路を逆に走るなんて、通常では考えられないことですが、じつは日本の道路の構造が逆走を発生させやすくしています。もし明日...

  
4667

正しいクロスハンドル、送りハンドルをしっかり理解していますか?

知人の車に乗っているとき、ハンドル操作に不安を感じたことはありませんか?教習所で正しいハンドルの回し方を習ったはずですが、その後自己流の回し方をしているドライバーをたまに見かけます。しかし、車のハンドル操作は、運転のなかでも重要な操作のひとつ。今回は、正しいハンドル操作について、...

  
10949

消防車、救急車、パトカー、それぞれ運転に必要な免許は?

消防車、救急車、パトカーといえば、数ある緊急車両のなかでも広く認知されており、目にする機会も多い車両です。これら緊急車両を運転するためには、特別な資格が必要なのでしょうか?それとも、消防士や警察官になれば、誰でも運転できるものなのでしょうか?

  
26810

嶋田智之のこれからはじめる趣味的クルマ生活 2016

2012年4月号の特集「これからはじめる趣味的クルマ生活」の第2弾です。あれから4年が経ち、クルマを取り巻く状況も、読者の平均年齢も、日本人のクルマに対する考え方も少し変化したのではないでしょうか。そのことを前提にしたチョイスになっています。そして、前回40代だった嶋田智之も50...

  
2327

クルマとバイクを美しく乗りこなそう

できるならクルマもバイクも“かっこよく”乗りこなしたい。そのためには運転姿勢が何より大切です。クルマやバイクを安全にかつ効率よくコントロールするための基本を、ジャーナリストの竹岡 圭さん(クルマ)とサトウマキ(バイク)さんに聞きました。photo:長谷川徹 [aheadアーカイブ...

  
2848

小さいクルマなのにどうして最小回転半径が大きいの?

「うっかり曲がるべきところを間違えてしまった、いま来た道をUターンして戻りたい」、皆さんもこんなシーンに出くわしたことが一度はありますよね。そんなときに気になるのが、「一発でUターンできるのか?」ということ。こういった車の小回り性を表す性能として『最小回転半径』という数値がありま...

  
35846

オートバイの未来を考える S1000RR vs V-Strom650ABS

今年から国内販売されたということを除けば、ジャンルや排気量、価格帯までもが異なるこの2台のバイクを“VS”と括るのは、いささか無理があるように思えるだろう。text:神尾 成 [aheadアーカイブス vol.113 2012年4月号]

  
755

“したいことを先読み”が心地良い『楽ナビ』

一般的に、人がカーナビに抱いている感情はこう言ってはなんだが、微妙だと思う。もはやカーナビなしにどこかに出掛けることはあり得ないくせに、少しでも予想外の案内をされると「ホントに合ってるの?」と疑心暗鬼になる。text:ahead編集長・若林葉子 photo:渕本智信 [ahead...

  
517

おしゃべりなクルマたち vol.56 おばさん流スポーツカーの楽しみ方

乗りたくてたまらなかったトヨタ86を2日間、預かることになった。納車になったばかりのこのクルマを見せに来た友人が、翌日から出張に出掛けるからその間、乗ってていいよと言い出して決まったことだった。「なんで置いていったのかなあ」、後で私が不思議がると、ダンナが呆れ顔でこう答えた。te...

  
977

SPECIAL ISSUE GLOBAL

これまで世界的な規模のことをインターナショナルと呼んでいたが、最近ではグローバルという言葉の方が多く聞かれるようになってきた。インターナショナルは、国と国の結び付きやその国の特色に合わせた展開を慮っているのに対して、グローバルは、世界全体をひとつとして考えるときによく使われている...

  
2929

めざせ!転ばないバイク

「バイクは自立しないからいいんじゃん!」そうかも知れません。いえ、でも世の中には「転ばないならバイクに乗ってみたい!」という人もいるのです。自立する2輪のバイクは今のところまだ実現していません。でも2輪より安定感のある3輪バイクはすでに存在しています。ヤマハの3輪バイク〝トリシテ...

  
2118

重量2.5トン超えの巨大ボディで操作性が高いトヨタ ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザー(200系)は、全長約5m×全幅約2m、重量2.5トン超の巨大なボディですが、意外に取り回しは良く操作もしやすい車です。また収納スペースの使いやすさと広さ、シートアレンジの操作性もよく考えられた車でもあります。そんな200系ランドクルーザーについて紹介しま...

  
14677
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives