「Uターン」の検索結果(19件)

記事

嶋田智之のこれからはじめる趣味的クルマ生活 2016

2012年4月号の特集「これからはじめる趣味的クルマ生活」の第2弾です。あれから4年が経ち、クルマを取り巻く状況も、読者の平均年齢も、日本人のクルマに対する考え方も少し変化したのではないでしょうか。そのことを前提にしたチョイスになっています。そして、前回40代だった嶋田智之も50...

  
142

クルマとバイクを美しく乗りこなそう

できるならクルマもバイクも“かっこよく”乗りこなしたい。そのためには運転姿勢が何より大切です。クルマやバイクを安全にかつ効率よくコントロールするための基本を、ジャーナリストの竹岡 圭さん(クルマ)とサトウマキ(バイク)さんに聞きました。photo:長谷川徹 [aheadアーカイブ...

  
86

小さいクルマなのにどうして最小回転半径が大きいの?

「うっかり曲がるべきところを間違えてしまった、いま来た道をUターンして戻りたい」、皆さんもこんなシーンに出くわしたことが一度はありますよね。そんなときに気になるのが、「一発でUターンできるのか?」ということ。こういった車の小回り性を表す性能として『最小回転半径』という数値がありま...

  
5934

“したいことを先読み”が心地良い『楽ナビ』

一般的に、人がカーナビに抱いている感情はこう言ってはなんだが、微妙だと思う。もはやカーナビなしにどこかに出掛けることはあり得ないくせに、少しでも予想外の案内をされると「ホントに合ってるの?」と疑心暗鬼になる。text:ahead編集長・若林葉子 photo:渕本智信 [ahead...

  
148

おしゃべりなクルマたち vol.56 おばさん流スポーツカーの楽しみ方

乗りたくてたまらなかったトヨタ86を2日間、預かることになった。納車になったばかりのこのクルマを見せに来た友人が、翌日から出張に出掛けるからその間、乗ってていいよと言い出して決まったことだった。「なんで置いていったのかなあ」、後で私が不思議がると、ダンナが呆れ顔でこう答えた。te...

  
325

重量2.5トン超えの巨大ボディで操作性が高いトヨタ ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザー(200系)は、全長約5m×全幅約2m、重量2.5トン超の巨大なボディですが、意外に取り回しは良く操作もしやすい車です。また収納スペースの使いやすさと広さ、シートアレンジの操作性もよく考えられた車でもあります。そんな200系ランドクルーザーについて紹介しま...

  
12177

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.88 時速120キロ時代

1963年に名神高速道路が開通してから53年。約半世紀ぶりに高速道路の最高速度が見直されることになった。試験的に新東名高速道路と東北自動車道の一部の最高速度を時速110キロとし、事故が増えないようであれば将来的に120キロまで引き上げるという。その他区間でも最高速度の見直しは行わ...

  
2316

ひこうき雲を追いかけて vol.60 街のバイク屋さん

ちょっとしたきっかけがあって、中古のバイクを購入した。軽くて小さくて身の丈にあったバイクがいい、といろいろ考えてホンダのXR230にいきついた。ずっと前に販売は終了しているから、入手できるのは中古車に限られる。中古車情報サイトで情報を集め(こうやって探している時が実は一番楽しかっ...

  
232

二輪のSUVムーブメント 〜SUZUKI Vストローム650ABS

二輪にはアドベンチャー、もしくはアドベンチャーツアラーと呼ばれるジャンルがある。高速道路だけでなく、ワインディングを含む長距離をできるだけ快適に走破するために作られたバイクのことだ。text:神尾 成 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.176 2017年7月...

  
1579

送りハンドルってなんでダメなの...?正しいハンドルの持ち方とは?

ハンドルの持ち方が我流になったり、変なクセがついていたりしませんか?正しくハンドルを持つことは、交通安全への第一歩。スポーツドライビングにも通じます。教習所で教わった正しいハンドルの持ち方を忘れた方、必見です。

  
41077

高速道路の出口通り過ぎちゃった!どうすればいい?Uターンできる?特別転回とは?

近年、高速道路を逆走する…といった事故が散見されます。これには、さまざま理由があると思いますが、なかには高速道路の出口をうっかり通り過ぎてしまったために引き返した…なんていう事例も確認されています。そんなときに「特別転回」を知っておけば、焦らず対処できるはず。この特別転回とは何な...

  
36456

もしも高速道路で逆走車に遭遇したら?

高齢者の高速道路逆走が、近年問題になっています。高速道路は流れが速いので、万が一、正面衝突になると大事故は免れません。実際に高速道路の逆走により、亡くなってしまった人もいるのです。こればかりは自分が気を付けていても、いつ逆走車に遭遇するかわかりません。もし、高速道路で逆走車に遭遇...

  
13134

大型トラックの高度な運転技術集

基本的にクルマは小さい方が運転しやすいもの。大きさの把握だけではなく、死角も少なくなるからです。一方で、大きいクルマは大きさの把握が難しく、更には死角も出来やすいので運転技術が求められます。今回ご紹介する動画は、「大きいクルマ」の代名詞とも言うべきトラックの素晴らしい運転技術を集...

  
21847

車幅10m以下?!20t大型トラックが驚異のUターン

Uターンは普通の道路であっても少々気を使う物。大きなクルマであればあるほど難易度が高くなるものですが、まさかと思うようなUターンの動画を発見しました…まさに「神業」です。

  
6926

万年筆、カメラ、JIMNY。軽自動車が単なる道具を越えた!? -APIO社長インタビュー Part1...

ジムニーに魅せられるファンは少なくないが、愛着が沸けば沸くほど、魅力を知れば知るほど、"自分だけの特別な1台"が欲しくなる。そこで、ジムニーのプロショップ「アピオ」代表 河野さんにその魅力と楽しみ方を尋ねることにした。

  
8144

インプレッサG4こそが走りのグローバルクオリティ|スバル インプレッサG4の燃費・中古価格は!?

走りを追求した自動車メーカー、スバルの代名詞とも言うべきスバル インプレッサG4。そのスバルの中でも知名度と人気で知られているのがインプレッサですが、インプレッサのセダン、「インプレッサG4」はどのような車なのかをご紹介します。

  
23465

どちらも迷惑…「走り屋」と「暴走族」の間に違いはあるのか?

一般人から見たら「何が違うの?」という「暴走族」と「走り屋」。果たして違いはあるのでしょうか?どちらも普通の人が公道で出くわしたら迷惑な事には変わりないのですが。

  
49951

ドライブ兼ねて行きたい!関西アウトレットモールおすすめスポット10選

関西は、お買い物のメッカとも言える地方です。バーゲンでの活気ある様子を良くテレビでも見かけますね。そんな関西でも、もっとも安くブランドを購入出来るのがアウトレットモールです。関西には、大型アウトレットモールが7店舗あります。どれも魅力ある店舗で、多くの方がショッピングに訪れます。...

  
120319

都会派SUV!ハリアーの走行性能はどうなの?

都会派高級SUVの代表格ハリアーには、卓越した走行性能をサポートする様々な先進装備が搭載されています。高級セダン並みの走行性能、乗り心地はどこまで実感できるのでしょうか?

  
18067
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives