「TRD」の検索結果(34件)

記事

トヨタ RAV4を国内初試乗!ひとまわり大きくなって日本復活…どんな車になった?

1994年に初代モデルが発売され、「気軽に付き合えるコンパクトRV」として瞬く間に大ヒットしたRAV4が、満を持して日本市場に復活!国内初試乗しました!文・工藤貴宏/写真・宮越孝政

  
6601

希少カラー、カスタム……街中で愛車の存在感を際立たせる3つの方法!

誰もがランボルギーニ・ウルスのような圧倒的な存在感を放つスーパーモデルやスーパースポーツカーに乗れれば、あえて際立たせる必要はないだろうが、そうはいかないのが現実。90年代のようなカスタム、ドレスアップ全盛時代が過ぎ去った今、街中で愛車の存在感を際立たせる方法とは?文・塚田勝弘

  
7283

2017年夏にマイチェンしたエスクァイアの内装ってどうなの!内装をチェックしてみました!

2017年7月にマイナーチェンジをしたトヨタの5ナンバーサイズミニバン、エスクワィア。今回は、そのエスクワィアについて、紹介していきたいと思います。2017/8/23

  
475

エスクァイア(2017年モデルチェンジ)のエクステリアが大人顔でかっこいい

トヨタエスクァイアのエクステリアをチェックしました。2018/1/5

  
1337

アクアのデザインがお洒落になった気がしませんか?エクステリアが僕らを魅了する

トヨタアクアのエクステリアをチェックしました。2017/8/24

  
773

トヨタの新型カムリの人気カスタマイズモデルTRDを見に行ってきた!エクステリアはどうだった?

2017年7月、新しいプラットフォーム”TNGA”を採用した10代目新型カムリがフルモデルチェンジをして、新発売されましたね。高級さとスポーティーさを兼ね備えたデザインが特徴のこの新型モデルですが、外装・エクステリアのデザインを変更できる様々なカスタマイズモデルを用意しています。...

  
8078

トヨタ新型カムリをカスタマイズ!純正のアクセサリーパーツで内外装をチェンジ!

“セダン車の復権”をコンセプトに開発&デザインされたトヨタのハイブリッドセダン車の新型カムリ(CAMRY)の10代目モデルが、2017年7月にフルモデルチェンジをしてデビューをしましたね。先代モデルからイメージをガラリと変えて、スポーティー&スタイリッシュなデザインがお客さんに好...

  
5878

【TRDカスタムパーツ】新型ハイラックスはどれだけかっこよくなるのか!?

トヨタ ハイラックスに装着可能な、TRDパーツをご紹介します。2018/1/29

  
23362

2019年のトレンドはトラック?! オートサロンで多様なモデルがブレイク!

先日、盛会のうちに閉幕した「東京オートサロン2019」ですが、会場で主役となったのは軽自動車だった感があります。一番輝きを放っていたのは、昨年登場した新型ジムニーですが、もうひとつ注目したいのが「トラック」というカテゴリーです。文/写真・山崎友貴

  
13366

レクサスの「CCS-R仕様」ってなに?日本で買えるの?

レクサス ISには、CCS-Rというレーシングモディファイされたモデルがあります。特徴的なオレンジのボディカラーにカーボンボンネットを装着したCCS-Rは、トミカも販売されているぐらいマニアには有名なモデルです。このCCS-Rについて、同乗試乗のレポートを交えて紹介しましょう。文...

  
9339

約2倍の価格に!? レクサスのハイパフォーマンスモデル”F”とは?

トヨタ自動車ゆかりの富士スピードウェイの頭文字を冠したレクサス”F"モデル。レクサスの豊富なラインナップのなかで、選ばれたスポーツモデルのみに設定される”F”とは、どんな車に仕上がっているのでしょうか?内容も価格もスペシャルな”F”を、ベースモデルと比較しながら解説します...

  
7553

ハイエースの乗り心地を根底から改善するカスタム TRDが作る新しいチューニングの形 試乗会レポート

荷物を運ぶためのクルマとしてはもちろん、キャンピングカーのベースとしても大人気のハイエース。ミニバンでは真似のできない圧倒的な積載量と使い勝手の良さは大きな魅力である反面、“業務用”ならではの乗り心地の悪さは、仕事などで毎日乗る人には、どうにかしたい部分ではないでしょうか? そん...

  
28412

約10億円のものも!? 大型トラック、救急車など…働く車の意外な値段

身の回りにたくさんあるのに、私たちとは縁遠い乗り物たち。重機や救急車、大型トラックなど種類は様々ですが、それらの価格はいくらぐらいなのでしょうか?調べると、意外なプライスが見えてきました。文・山崎友貴

  
38828

半世紀の歴史を持つハイラックス

今年で誕生から50周年を迎えるピックアップトラック「ハイラックス」。昨年には久しぶりに日本市場にも導入されて、各方面で話題を呼んでいます。今回は、世界で活躍する名車ハイラックスの足跡を辿ってみましょう。文・山崎友貴

  
7502

美しすぎるレーシングドライバー塚本奈々美が2018年はラリーに挑戦?過酷な現場で一役買うフロントガラ...

2018年度からTGRラリーチャレンジに参戦する「美しすぎるレーサー」としても知られる塚本奈々美さん。今回は、ラリーの相棒となるトヨタ・86のフロントガラスをクールベールに交換するということで、作業の見学とラリーに対する意気込みをお伺いしてきました!参加の経緯、クールベールの効能...

  
11461

クルマ作りがこだわり続けたヒストリーガレージの10年 vol.6 匠と語り合える場所

先月紹介したナニーニ・カフェでは、大きなガラス越しに、ある作業風景を楽しめる席がある。子どもを抱えた父親や国内外からの観光客が、その様子をじっと見つめたり、カメラに収めたりしている。だが、大きなガラスの向こうに見えているのは、厨房でも料理をするコックでもない。text:村上智子 ...

  
567

好き者集団のつくる“通”の86 ~86 TRD Performance Line~

自分好みの1台に仕立てていく地道な作業と言えば聞こえはいいが、カスタマイズとはクルマをいじる行為に他ならない。クルマに興味のない人たちにすれば、いいオトナがおもちゃ遊びに熱中しているようにも映るようだ。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.116 2012年7月号...

  
746

忘れられないこの1台 vol.71 ポルシェ 911S

忘れられない1台を遡るために写真の整理を始めた。様々なクルマに乗ったが、これほど印象に残っているクルマはない。それは1967年式のポルシェ911S、通称〝67のS〟である。写真の年号を見ると1991年となっているが、その1年ぐらい前に手に入れて13年ぐらい所有していた。text:...

  
2425

完璧主義のトップドライバー 松田次生の愛用品 SEV

'00年、史上最年少の弱冠20歳でフォーミュラ・ニッポン初優勝を果たし、'07年から'08年にかけて連覇を達成。スーパーGTのGT500においても'14年と'15年の2年連続でチャンピオンに輝くなど、日本を代表するトップドライバー...

  
1621

ピックアップトラック再流行のきざし? 新型ハイラックスが復活!?

日本では、2004年で販売を終えたトヨタ ハイラックス(ピックアップ)が、再び日本で発売されるとの噂です。現在、タイで生産されるハイラックスとはどんな車なのでしょうか?また、日本に輸入される仕様は?搭載エンジンや価格も気になります。

  
13746
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives