「STI」の検索結果(140件)

記事

ゲレンデを駆け上るスバルゲレンデタクシー。今シーズンは意外なコラボも!

スキー場でリフトの代わりにスバルのSUVに乗ってゲレンデを駆け上る。そんなイベントが6年目を迎えたスバルゲレンデタクシーだ。今年は長野県の栂池高原スキー場、同じく長野県のエコーバレースキー場、そして今回の新潟県の苗場スキー場で開催された。今回はその苗場スキー場での様子をご紹介しよ...

  
20768

平成に誕生するもすぐに消えてしまった短命のクルマ5選 Part.1

2019年4月30日で平成の元号にピリオドが打たれる。平成という時代はバブル景気と大不況、阪神淡路大震災や東日本大震災といった甚大な災害が起きるなど、振り返ると激動の時代であった。激動だったのはクルマも同じで、流行り廃りも大きく変化した。そんな時代だけに、残念ながら短命だったクル...

  
29023

【妄想記事】2000万円で何台買ってもOK!あなたならどんな車を買う?

年末ジャンボ宝くじは予定通り(?)とはいかず、むなしい結果に終わってしまったという人が大半でしょう。しかし、もし宝くじが当たったらどんなクルマを買おうか…と妄想するのはクルマ好きにとっては楽しい時間。さすがに億単位になると妄想するにもK点オーバー。今回はリアリティの感じられるギリ...

  
12601

WRX STIやフォレスターなど…スバル、4台のカスタマイズカーを展示!東京オートサロン2019

スバルは、今回の東京オートサロン2019にて4台のカスタマイズカーを展示。一体どんな仕様に仕上がっているのかチェックしてみよう。文・CarMe編集部

  
846

スバルの水平対向エンジンへのこだわりはいつまで続くのか

スバルのお家芸である『水平対向エンジン』は、1969年のスバル1000から最新のフォレスターまで、脈々と受け継がれています。他メーカーが直列やV型のエンジン形式で車両開発を進めるなか、スバルはかたくなに水平対向を採用。その水平対向へのこだわりは、いつまで続いていくのでしょうか。文...

  
3822

スカイライン、スープラ…昔はMTがあったのに、今ではなくなってしまった車たち

AT車の普及が進み、各種AT車の性能も劇的に向上していることもあり、ここ20年ほどMT車は少数派となっている。しかし「だからこそ」というのもあるのか、このところわざわざMT車を設定するというメーカーや車種もほんの少しではあるが増えている。その反面、「昔はMTがあったのに、今ではな...

  
3121

ハイパフォーマンスカーを開発するサブブランドたち 〜国産車編〜

サブブランドをスポーツカー部門とする例は、メルセデス・ベンツのAMG、BMWのM社、アウディのアウディスポーツなど、ドイツ勢が先行していたイメージだが、ここ数年、国産メーカーもライン生産のサブブランドとすることで、注力している。文・塚田勝弘

  
14972

スバルはなぜ「雪道に強い」と言われているのか?

雪上や氷上など滑りやすい路面やオフロード、ラフロードなどと呼ばれる悪路での走破性の高さを謳うブランドはいくつもある。アウディ、ランドローバー、ジープといった欧米勢のほか、日本ではイメージ的にもスバルがその筆頭かもしれない。ほかにも、動画サイトでトラックを牽引したことで話題になった...

  
6916

STIがBBSを使い続ける理由

「タオルの端と端を持って、ギューッと絞り込んで行く感じ、といえばイメージできるでしょうか」今年からSUBARU BRZ R&D SPORTの監督に就任した渋谷真氏は、両手でジェスチャーを交えながら説明してくれた。text:ahead編集部 photo:長谷川徹 [aheadアーカ...

  
1145

車内をとても快適にするおすすめカー用品・便利グッズ15選!自動車のプロが厳選!

こちらの記事では、「車内を劇的によくする便利グッズ」、「使ってみたら便利なカー用品」というテーマのもと、おすすめカー用品をセレクト。便利なポイントもレビューする。そして、編集部からamazonで売れ筋の車の便利グッズをご紹介する。合計15個をプロが厳選して、ご紹介!

  
29277

レースを見ながらBBQ!? 今週末は、家族で楽しめる富士スピードウェイ「36 HOURS OF FU...

10月13日(土)、14日(日)に「FIA 世界耐久選手権 第4戦 富士6時間耐久レース」が開催されます。場内では、「36 HOURS OF FUJI」が同時開催され、今年はキッズコーナーやマルシェ、ドローン体験など、家族で楽しめるコンテンツが目白押し!どんなイベントとなっている...

  
15919

スカイラインGT-R、レガシィなど...バブル期の「羊の皮をかぶった狼」たち

羊の皮をかぶった狼は、一見セダンやハッチバックなど、平凡に見える外観なのに、実際はパフォーマンスに優れたモデルを指します。今回は、日本経済が活況だった1986年から1991年までの”バブル期”と呼ばれる時期に生まれた、羊の皮をかぶった狼を紹介しましょう。

  
5098

輸入車のなかでも異彩!? お洒落なフランス生まれのSUV3選

今人気の輸入車SUV市場のなかでも、異彩を放っているのがフランス生まれのSUVモデル。質実剛健なドイツ車とも、スポーツ性能を謳うイタリア車とも、プレステージ性を追求するイギリス車ともまったく違ったデザイン性が高く評価されています。今回はそんなフランスからやってきた魅力的なSUVモ...

  
4021

クルマの防弾ガラスはどれだけ頑丈なのか?

政府要人など、世界のVIPが使用する防弾車。ほとんどの人にとっては、所有することはもちろん、触れる機会さえないクルマですが、だからこそ、「ほんとに防弾できるの!?」と、その正体が気になります。今回は、防弾車の防弾性能について、また世界の有名な防弾車について、見ていきましょう。文・...

  
29002

アフターファイヤーはなぜ起きるのか?

レーシングカーが走行中、マフラー付近から「パーン、パーン」という爆発音や、排気管出口から火炎が出るような現象を”アフターファイヤー”と呼びます。なぜこのアフターファイヤーは起きるのでしょうか?また、なぜ市販のクルマでは起こらないのでしょう?文・わんわんエンジニア

  
24045

ガソリン車にはガソリン税。EVには走行税!? 導入はありえるのか

2018年現在、電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)は給油がないため、走行を重ねても「ガソリン税」を取られることはありません。その状況を受け、昨年「EVに”走行税”が導入されるか?」という話が、自動車メディアなどで何度か取り上げられました。そこで今回は、走行税について世界的な...

  
11598

初代NSX、フェアレディZなどに続き…栃木県警、パトカーにR35 GT-R NISMOを導入!

日本全国、各所で活躍するパトロールカー。その歴史には、ポルシェやマツダ RX-7といったスポーツカーをベースとしたものも、多く存在します。そんなパトカーに、日産 GT-R NISMOが加わります。導入するのは、GT-Rの生産拠点がある栃木県の警察です。

  
12015

粋 〜クルマの美学〜

粋とは何か。粋であることはカッコイイことだが、カッコイイことが粋であるとは限らない。渋い=粋でもない。人が羨むクルマに乗っていても、人より速く走れたとしてもそれが粋であるとは言えないのだ。そして粋とは、作法ではなくカタチでもない。text:吉田拓生、伊丹孝裕、小沢コージ、まるも亜...

  
2288

「オーライ!」ってどういう意味なの?

普段から何気なく使っている言葉だからこそ、意味や語源を意識せずに使っていることって、ありますよね。そんな多くの方が無意識に使っている言葉のひとつであり、ガソリンスタンドの店員さんやバスガイドさんたちが車の誘導でよく使っている「オーライ!」ですが、じつは本来の意味とはちょっと違って...

  
36070

1代限りで販売終了となったマツダの名車5選

高い評価を得ながらも1代限りで生産終了となったモデルの多いメーカー、マツダ。今回は、多くのファンの心に残る、名車と呼べるであろう1代限りで生産終了となったマツダ車を紹介します。

  
25434
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives