「STI」の検索結果(127件)

記事

クルマの防弾ガラスはどれだけ頑丈なのか?

政府要人など、世界のVIPが使用する防弾車。ほとんどの人にとっては、所有することはもちろん、触れる機会さえないクルマですが、だからこそ、「ほんとに防弾できるの!?」と、その正体が気になります。今回は、防弾車の防弾性能について、また世界の有名な防弾車について、見ていきましょう。文・...

  
26741

アフターファイヤーはなぜ起きるのか?

レーシングカーが走行中、マフラー付近から「パーン、パーン」という爆発音や、排気管出口から火炎が出るような現象を”アフターファイヤー”と呼びます。なぜこのアフターファイヤーは起きるのでしょうか?また、なぜ市販のクルマでは起こらないのでしょう?文・わんわんエンジニア

  
16573

ガソリン車にはガソリン税。EVには走行税!? 導入はありえるのか

2018年現在、電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)は給油がないため、走行を重ねても「ガソリン税」を取られることはありません。その状況を受け、昨年「EVに”走行税”が導入されるか?」という話が、自動車メディアなどで何度か取り上げられました。そこで今回は、走行税について世界的な...

  
7945

初代NSX、フェアレディZなどに続き…栃木県警、パトカーにR35 GT-R NISMOを導入!

日本全国、各所で活躍するパトロールカー。その歴史には、ポルシェやマツダ RX-7といったスポーツカーをベースとしたものも、多く存在します。そんなパトカーに、日産 GT-R NISMOが加わります。導入するのは、GT-Rの生産拠点がある栃木県の警察です。

  
10528

粋 〜クルマの美学〜

粋とは何か。粋であることはカッコイイことだが、カッコイイことが粋であるとは限らない。渋い=粋でもない。人が羨むクルマに乗っていても、人より速く走れたとしてもそれが粋であるとは言えないのだ。そして粋とは、作法ではなくカタチでもない。text:吉田拓生、伊丹孝裕、小沢コージ、まるも亜...

  
1097

「オーライ!」ってどういう意味なの?

普段から何気なく使っている言葉だからこそ、意味や語源を意識せずに使っていることって、ありますよね。そんな多くの方が無意識に使っている言葉のひとつであり、ガソリンスタンドの店員さんやバスガイドさんたちが車の誘導でよく使っている「オーライ!」ですが、じつは本来の意味とはちょっと違って...

  
25801

1代限りで販売終了となったマツダの名車5選

高い評価を得ながらも1代限りで生産終了となったモデルの多いメーカー、マツダ。今回は、多くのファンの心に残る、名車と呼べるであろう1代限りで生産終了となったマツダ車を紹介します。

  
22532

90年代も今も中古でしか買えない「ランエボⅡ」。購入したからこそわかるランエボⅡの魅力。

80年代から90年代にかけて、「ハイパワー4WD」がひとつのムーブメントになりました。それを牽引してきたのは、“ランエボ”こと三菱 ランサーエボリューションです。2016年を最後に絶版となった同モデルですが、その輝きはいまだ消えていません。文・山崎友貴

  
6428

タイヤの騒音低減!高級タイヤが採用する「インナータイヤアブソーバー」とは?

今から10年ほど前、タイヤメーカーから「インナータイヤアブソーバー(振動吸収装置)」という技術が登場しました。これは、路面の継ぎ目を乗り越える際に鳴る、「ドン」という空洞共鳴音を低減することを目的に開発されたものです。どんな技術なのか、今後の普及の可能性についても考えてみました。...

  
3659

20年で価値が2倍以上に上がったクルマ3選

工業製品は、通常、年数を重ねるごとにその価値が下がります。しかし、なかには価格が下がるどころか元値の倍以上で取引されるクルマもあります。その代表が、ヒストリックフェラーリであり、トヨタ 2000GTです。しかし、それほど古くなくても、価格が高騰するクルマがあります。今回は1990...

  
66680

ネット上で見かけるスバルの"郵便ポスト"というワード。これってなに?

スバル車のボンネットに付いているあの部分、一部では"郵便ポスト"と呼ばれています。しかし、ポストと言っても投函するものは手紙ではありません。今回は、その郵便ポストと呼ばれるスバル車のあるパーツの正体を解説します。

  
13464

メーカー純正装着のホイールとアフターマーケット向けホイールに違いはあるの?BBSジャパンに聞いてみた...

プレミアムアルミホイールメーカーBBSジャパンから生み出される鍛造アルミホイール。アフターマーケットでも絶大な人気を誇る他、高級車にも純正で装着されています。ではアフター品と純正装着品に違いはあるのでしょうか。BBSジャパンの開発陣に話を伺いました。

  
22107

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.82 三菱の企業文化

この原稿を書いているまさにそのタイミングで三菱自動車の燃費試験不正問題のニュースが飛び込んできた。速報性ではどだいネットにかなわない印刷媒体は、本来であればきちんとした取材と考察を売り物にすべきだ。この原稿が皆さまの手に届く頃には、現時点では明らかにされていない新事実が出ているか...

  
1512

ユーミンを聴いていた頃

ユーミンの曲ほど、ドライブにぴったりな音楽はない。——と、そう語る人は多い。誰もが持っているありふれた出来事や感情を、切ないほどのドラマに仕立てて、昔も今も、ユーミンの歌は色褪せない。text:岡小百合 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.118 2012年9...

  
103

RED BULL X-FIGHTERS OSAKA 2013 派手さの裏側にある精神力

普段は静かな夜の大阪城西の丸公園がその日は一変した。1万5千人の熱狂的な声援を受け、大阪城をバックにバイクが宙を舞う。迎えた決勝戦の大舞台を制したのは、日本人の東野貴行選手だった。text:村上智子 photo:  Red Bull Content Pool [aheadアーカイ...

  
157

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.87 名称の統一化

細かな違いはあるにせよ、横滑り防止装置の基本的な仕組みと目的はどれも同じだ。しかし、VSC(トヨタ)、VDC(日産)、VSA(ホンダ)、DSC(ダイハツ)、ASC(三菱)、ESP(スズキ)など、各社バラバラの名称を与えている。原稿を書く際はメーカー表記に従い固有名を使うのが原則的...

  
2045

ボーダーレスの時代

カテゴリやジャンルがはっきりしていれば、相手に伝わりやすく、理解されやすい。そして受け入れる側も迷いを持たずにすむ。しかしここ数年、カテゴリの区分けが難しいモノや、新しいジャンルも増えてきた。クルマやオートバイに限った話ではないが、数字だけでは計れない部分や、言葉化しにくいニュア...

  
281

誇りの持てる日本のブランド

日本のクルマは安くて壊れないという以外に良い部分がない。欧州車に比べて個性がないと言われ続けていたが、このところ状況が変わってきた。「SUBARU」の水平対向エンジンに対する拘り「MAZDA」のスカイアクティブなどが海外で高く評価され、日本でもマニアではない普通のクルマ好きの注目...

  
377

STIがニュル24hに挑戦する理由

STI(スバルテクニカインターナショナル)は、新型スバルWRX・STI(北米仕様。国内仕様は8月25日に発売予定)に専用チューンを施した「スバルWRX・STI・NBRチャレンジ2014」を引っ提げ、6月19日〜22日に開催されたニュルブルクリンク24時間レースに出場した。狙いは&...

  
591

2万円かからない!? 事故時に保険会社が支払った修理代の安いクルマ修理費用が安い車トップ10

米国道路安全保険協会(IIHS=Insurance Institute for Highway Safety)は、乗用車の衝突安全試験や安全装置の性能試験を実施している米国保険業界が設立した非営利団体です。そのIIHSが2017年末、2014~2016年に発売されたモデルにおいて...

  
19006
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives