「SGP」の検索結果(22件)

記事

スバルが新型アウトバックを世界初公開

スバルは2019年4月18日、新型アウトバックを発表しました。

  
2394

スバル新型XVの安全装備【イザと言う時に助かる安心機能を紹介】

スバルの新型プラットフォーム”SGP”を採用をして進化をしたクロスオーバーSUV新型XVが、207年5月に新発売されます。スタイリッシュなデザイン性や走破性の良さなどが注目されているこの新型クロスオーバーSUVですが、安全装備の充実度も魅力の一つです。最近のスバルのクルマ=”アイ...

  
2122

スバル フォレスターで確認した、雪道における「e-BOXER」のメリット・デメリット

2019年の冬もスバルは雪国で公道試乗会を開催した。2018年は青森県の酸ヶ湯温泉を目的地にインプレッサとSUBARU XVというSGP(スバルグローバルプラットフォーム)に基づく新世代モデルで八甲田山エリアを走破するというプログラムだったが、2019年は山形県月山付近を肘折温泉...

  
18662

スバル フォレスターが歩んできた道のり

スバル フォレスターが、2018年7月に発売されます。5代目にあたる新型フォレスターは、クロスオーバーSUVとして1997年の発売以降、水平対向エンジンやシンメトリカルAWD、予防安全支援システムなど、スバルの独自技術を採用しつつ、進化し続けてきました。今回は、フォレスターが歩ん...

  
16040

【河口まなぶの眼】新型フォレスター、見た目はキープコンセプトでも総合力は大幅に向上している

現地時間28日(日本時間3月29日)のNYIAS(ニューヨーク・インターナショナル・オート・ショー)で、スバルは同社の基幹車種フォレスターの新型モデルを発表した。文・河口まなぶ

  
9493

「平vs水谷」、「辻本&ヨシムラ」が甦る 〜1985年全日本選手権DVD発売〜

過ぎ去ったモータースポーツシーンに思いを馳せながら10年、20年と遡っていく。すると、あの年が時代の転換期だったと、あらためて気づかされることがある。例えば、全日本ロードレース選手権における1985年がそれだ。今にして思えば、このワンシーズンこそがある種の境界線になり、真のプロフ...

  
818

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.90 僕のプリウス評価

37回目を迎えた日本カー・オブ・ザ・イヤー(以下COTY)は日本でもっとも歴史が長く、かつ権威のある賞だ。元編集者や自動車メーカーOBが中心のRJCカーオブザイヤーに対し、選考委員のほとんどが現役バリバリのモータージャーナリストであり、ドライビングスキル、試乗しているクルマの数、...

  
6108

COTYを獲得した スバル インプレッサスポーツ/G4

日本カー・オブ・ザ・イヤーは、選考委員が選んだ5台の中から最も優れていると評価できるクルマに持ち点の25点から10点を配点するシステム。筆者はその10点をインプレッサに与えた。筆者の選考基準のひとつは自分で買う気持ちになれるか、ヒトに薦められるかどうかである。text:桂 伸一 ...

  
984

“動的質感”で勝負する今後の10年

新型インプレッサの技術的なトピックスは、新開発のSGP(スバルグローバルプラットフォーム)を採用した第一弾商品だということだ。自動車のプラットフォームは、少なくとも10年以上は使われる。比較的、小規模メーカーのスバルは1つのプラットフォームでほぼ全車種をカバーするので、インプレッ...

  
1525

ヒエラルキーを超えるスバル ~SGP第2弾「XV」

頑張らなくても運転がうまくなったように感じる。10メートルも転がせば、良さがわかる──。「そんな難題を出されたって」と開発に携わった技術者は当初思ったそうだが、インプレッサはそれができたし、インプレッサに次いでSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を採用したXVも「到達で...

  
3108

2017年、いま売れているセダンは?人気トップ5を紹介

スペースユーティリティーではミニバンに劣り、使い勝手ではコンパクトカーに一歩譲るセダンの国内人気は低迷しています。販売台数ランキングも市場を反映して、トップ10入りした車種はわずかに1台。しかしセダンには、フォーマルな気品があり、高級感は他ボディタイプに負けません。そんなセダンの...

  
19047

2017年夏。新車でMTが用意されている国産車4選

日本車の変速機の主流はオートマチックトランスミッション(以下AT)になり、マニュアルトランスミッション(以下MT)は玄人のためのミッションと思いきや、実用車にも用意されています。今回はあえて2ドアを外し、実用的なボディで運転できるMT車をご紹介します。

  
40355

東京モーターショー2017で発表!? 期待の国産車5選

2017年は、2年に1度開催される東京モーターショーの年です。今年はフェラーリやランボルギーニの参加が見送りで、やや寂しいショーになりそうと思っていましたが、その分?国産メーカーが張り切っています。筆者が期待している、東京モーターショー2017出展車5台を紹介します。本当に出展さ...

  
23324

人気SUV市場、次は日産 ジュークがフルモデルチェンジ⁉

2016年話題になった大人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で、主人公の森山みくりの叔母・土屋ゆりの愛車を覚えていますか?そう、日産 ジュークです。逃げ恥キャストが出演したタイアップCMも話題になりました。そんなジュークが近々フルモデルチェンジされます。どのようなクルマになるので...

  
27540

ランクルより大きい!? スバルのSUV「アセント」とはどんな車?

現在、北米市場で絶好調なSUBARU。そんなスバルが北米市場向けにSUVモデルを投入しましたが、これがなんとランクル級の大型SUVだったのです!一体どんなモデルになっているのでしょうか。

  
69398

よく耳にするロールって、なんですか?

ミニバンで高速道路のICに差し掛かった時、車体がグラッときたことありませんか? それがロール=ローリングです。スポーツドライビングを嗜む方には、お馴染みのロールですが、普通に運転をするドライバーでも知っておきたい、自動車の基礎的な挙動のひとつなのです。

  
67900

XVの次はフォレスター!? 新型はどんな仕上がりに?

2016年にフルモデルチェンジされたインプレッサには、スバルの新世代プラットフォーム”SGP”が採用されています。このSGPに直噴エンジンを搭載し、新世代へと刷新するのが、株式会社SUBARUの戦略です。そんななか、インプレッサ、XVは、すでにフルモデルチェンジが完了。次の刷新は...

  
150671

198万円から!? 新型SUBARU XVはどんな車になった?

旧富士重工業が、4月1日に株式会社SUBARUに名称を変更しました。そして今回発表された新型SUBARU XVは、改称後初の新型車です。シャーシを共有する新型インプレッサの良さはそのままに、オフロード性能とオシャレさに磨きをかけた新型XVは破格の198万円(税抜)から。果たしてど...

  
25666

レヴォーグ、マイナーチェンジでハイブリッドモデル追加か?

2017年6月にマイナーチェンジが予定されている、スバル レヴォーグ。エクステリアの変更や、最新型のアイサイト搭載など期待が膨らむところですが、以前から噂されている「ハイブリッド仕様」は果たして追加されるのでしょうか?

  
47516

レヴォーグのプレゼンスはモデルチェンジで高まる?

新参ながらスバルの人気モデルとなったレヴォーグ。国内販売を終了したレガシィ ツーリングワゴンにかわるモデルとして、市場に投入されたレヴォーグは、その精悍なエクステリアデザインも相まって幅広い層から人気を得ているといえます。さてこのレヴォーグ、2017年にビッグマイナーチェンジが予...

  
51189
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives