「SEMA」の検索結果(26件)

記事

レクサスUX200や新型カムリなど。アーティシャンスピリッツ、7台のニューモデルを出展!

1997年創業のアーティシャンスピリッツ(本社:埼玉県戸田市)は、レクサスやトヨタ車を中心にベース車のイメージを損なわない、上品でインテリジェンスなカスタムモデルの製作で高い評価を得ているブランドです。近年は、その実績とセンスが認められ、米国SEMAショウのレクサス公式ブースに出...

  
13600

なぜ日産 GT-Rは海外で人気なのか?

2007年10月の第40回東京モーターショーで正式に発表され、同年12月に、国内販売が開始された日産 GT-R。発売から10年を経ていますが、いまだに進化を続け、日本はもちろん、世界中多くの車好きを魅了し続けています。海外では「GODZZILA(ゴジラ)」の愛称で呼ばれるGT-R...

  
36366

映画『ブラックパンサー』で活躍する主人公の車はレクサスだった!

マーベルスタジオの最新作『ブラックパンサー』が話題となっていますが、その劇中にはトヨタの高級車ブランド"レクサス"の車が登場し、主人公専用のオリジナルヴィークルとして活躍しています。はたして、どんな車でしょうか?

  
10811

ギネス認定!市販車最速の車とは?

世界最速のクルマ、その称号にはやはり敬意と憧れがありますよね。もちろん、速さの定義はさまざまではありますが、今回は2018年2月時点の最高速No.1のクルマについて触れてみましょう。

  
26033

アーティシャンスピリッツが手掛けたレクサス・NXはより一層スポーティな雰囲気を纏う

日本だけでなくSEMAショーなど、世界に羽ばたくアーティシャンスピリッツが今度はレクサスのSUVモデルであるNX用のエアロパーツを前期モデルに続き、後期モデルを追加リリースしました。今回はNXのラインナップの中でもよりスポーティな味付けが施されたF SPORT用となっており、NX...

  
6636

【東京オートサロン2018】日本未発売モデルの動向も気になるトーヨータイヤ

米国SEMAショウでも絶大な存在感をアピールするトーヨータイヤ。そのブランド人気は、いまや日本のタイヤブランドのトップに君臨するといっても過言ではないでしょう。とくに、世界のJDM(Japanese domestic market)ファンには圧倒的な支持を得ているブランドです。

  
5304

【東京オートサロン2018】産声をあげたばかりのタイヤメーカー「ゼスティノ」とは?

ゼスティノは、愛知県西尾市に本社を置く日本のタイヤ&ホイールメーカー東京オートサロンへの出展は、2017年に続いて2回目になります。

  
9536

35回目を迎えた東京オートサロン

年に一度のカスタムカーの祭典でもある東京オートサロンは、今年も盛り上がっていた。3日間で32万人を超える来場者。1日あたり10万人オーバーの数字は、東京モーターショーを軽く超えている。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.171 2017年2月号]

  
433

SEMA2017で見つけた!びっくり!すごい!日本車一挙紹介

2017年10月31日から開催されたSEMAショー2017にて、今年もたくさんの日本車カスタムカーが出展されました。その中から選りすぐりのカスタムカーをご紹介しましょう!

  
24170

存在感溢れるレクサス・LCを唯一無二の存在へ引き上げるARTISAN SPIRITS BLACK L...

今年の3月に日本デビューしたばかりのレクサスのフラッグシップクーペであるLC。ノーマル状態でも充分に存在感のあるデザインとなっていますが、そのレクサスLCを「より鋭く、より優雅に」ブラッシュアップさせるエアロパーツがアーティシャンスピリッツからリリースされました。

  
6461

維持が大変というアメ車のイメージを覆すエクスプローラー。その魅力をさらに高めるショップ、LUXZに潜...

「EDGE CUSTOMS(エッジカスタムズ)」が同ブランド初となるSUVのコンプリートカーをリリース。その「フォード・エクスプローラーE」がオーナー予備軍の注目を集めています。アメリカンマッスルカーとアメリカンSUVの専門ショップ「LUXZ(ラグジ)」と同ショップのオリジナルブ...

  
16465

映画『ワイルド・スピード』の世界観を日本で体感。開発者の熱き思いも伝わるLUXZのチャレンジャー

クォーターマイル加速は市販車のギネスワールドレコードとなる9.65秒、0-97km/h加速はわずか2.3秒と発表された「SRTデーモン」に注目が集まっているダッジ・チャレンジャー。その特別なモデルに負けず劣らずの存在感を放つのが写真の「チャレンジャーR」です。枠から飛び出した独自...

  
12426

2000馬力、時速370キロを達成!世界最速SUVとなったランクル

トヨタ自動車といえば、金太郎飴や80点主義と揶揄されるほど、万人受けする自動車作りの代名詞的存在です。しかしそんなトヨタが本気モードになると、とてつもなく尖がったマシンを作り出すことも可能です。それが、今回紹介する世界最高速SUVとなったランドクルーザーです。

  
45026

モーターファンフェスタ2017で初お披露目。話題のC-HRが高級感で包まれた1台に。

去る4月30日に富士スピードウェイで開催されたモーターファンフェスタで、CarMe編集部が発見したC-HR。アーティシャンスピリッツが手がけたC-HRは、他のチューナーとは一線を隠す洗練されたデザインと高級感に包まれていました。取材スタッフも一瞬、車種がわからず、ただ「かっこいい...

  
16695

R32の新定番!WORK MEISTERシリーズの新作はレーシングスピリッツあふれる6本スポーク

2017年3月に創業40年を迎えたワークは、日本だけでなく、海外でも高く評価されているアルミホイールのメーカー。2016年のアメリカSEMAショーをはじめ、各地でお披露目された注目の新作「マイスターL1 3ピース」は、レクサス ISやBMW 3シリーズといった最新のアッパーミドル...

  
16325

今更聞けない。鍛造ホイールのBBSって、どんなメーカー?

いまでこそプレミアムなアルミホイールでは、当然の製法となっている鍛造。そのメリットは、高い強度と精度、そして軽さを実現できることですが、この鍛造ホイールの魅力を、ひろく世に知らしめたメーカー、それがBBSジャパンです。

  
25819

FFで310馬力を超えるシビック タイプR…2017年モデルはどうなる?

2015年、5年ぶりにホンダのシビック タイプRが日本で販売され、事実上の復活となりました。とはいえ、販売台数は750台限定。指をくわえて見ていたという方もいるのではないでしょうか。しかしついに2017年、本格的にタイプRが復活となるようです。

  
25259

日本のスーパーカーGT-R、なぜ4シーターにこだわるのか?

日本が誇るスーパーカー、日産GT-Rは、性能だけでなく、モデルヒストリーにまつわる神話、レースでの栄光などで、日本のみならず海外でも非常に高い評価と人気を得ています。そんなGT-R、いまや世界でもトップクラスのスピードや性能を持ちながら、あくまで4座にこだわって設計されています。...

  
52641

SEMAで一番人気な日本車!世界に誇る名車、日産 GT-Rのカスタム5選

2016年SEMAショーにもたくさんの日本車カスタムカーが出展されました。中でも一番台数が多かった車はやはり、日本が世界に誇る名車、日産 GT-Rです。その中から選りすぐりのカスタムGT-Rをご紹介しましょう!

  
37078

2000馬力、最高速度350km/h以上!? 世界最速SUV、ランド スピード クルーザーが登場!

2016年11月に開催されたSEMAショーのトヨタブースにて、史上最強・最速のランドクルーザー200が出展されました。その最高速度はなんと220mph(352km/h)!大柄ボディを走らせるエンジンはなんと2000馬力を超えています。いったいどんな車なのでしょうか?

  
32809
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives