「RVR」の検索結果(20件)

記事

三菱 RVR試乗レビュー【北国や地方都市では確実に需要がある!】

エクリプスクロスがデビューし、すっかり影に隠れてしまったRVRを都内で乗る機会があったのでレポートする。「レポートする」とは書いてみたものの、コースは都内の一般道のみ。時間にして1時間程度だったので、あくまで”感想文”程度と思って読んでもらえると幸いだ。2018/5/25

  
19551

三菱 RVRの燃費はいかほど?【長距離試乗レポート】

RVRは2017年10月にビッグマイナーチェンジが行われた、三菱の主力車種の1つです。三菱のラインナップの中では、アウトランダーやエクリプスクロスよりもひと回り小さいいわゆるCセグメントサイズのSUVとなります。2018/5/25

  
2648

開放感抜群!パノラマルーフを搭載している国産車6選

一般的な「ガラスサンルーフ」がルーフの一部を切り取って開閉式のガラスとしているのに対して、「パノラマルーフ」はルーフの端から端まで広範囲をガラスとすることで、より高い開放感を得られるもの。では、どんな車種で採用されているのでしょうか? 国産車の中からいくつかピックアップしてみまし...

  
6122

スバル フォレスターが歩んできた道のり

スバル フォレスターが、2018年7月に発売されます。5代目にあたる新型フォレスターは、クロスオーバーSUVとして1997年の発売以降、水平対向エンジンやシンメトリカルAWD、予防安全支援システムなど、スバルの独自技術を採用しつつ、進化し続けてきました。今回は、フォレスターが歩ん...

  
15607

レパードにセフィーロ、GT-R…「あぶない刑事」に登場した車5選

横浜・港警察署のタカとユージが繰り広げるアクション&コメディー刑事ドラマといえば、ご存知『あぶない刑事』です。じつに30年に渡るシリーズで、2016年1月公開の映画『さらばあぶない刑事』で完結しました。石原プロ製作、西部警察の後に製作されたドラマだけに、登場する警察車両も個性派揃...

  
17163

今年はヤマハのバイクが受賞。オートカラーアウォード、知ってますか?

一般社団法人 日本流行色協会の主催で選考されるオートカラーアウォード。1998年より開催されているもので、記念すべき第20回大会のグランプリに選ばれたのは、ヤマハのネイキッドバイクでした。

  
4596

ついに発表されたランエボの復活!どんな車になるのか?

新車スクープの場として、あまり注目されないのが株主総会です。三菱自動車は新型パジェロの復活やエクリプスクロスの導入を株主総会で発表してきました。そしてまた驚愕の1台を復活させる意向を明言したのです。

  
28825

三菱、クロスオーバーMPVを発表!日本での展開はありえる?

ニューSUVモデル、エクリプス クロスが話題になっている三菱自動車。立て直しが喫緊の課題である三菱は、SUVマーケットに活路を見出そうとしているようです。そんな三菱が、次の一手といえるモデル、クロスオーバーMPVを発表しました。

  
9966

旬なクロスオーバーSUV。発売していないメーカーってある?

日本国内でのクロスオーバーSUVブームは、トヨタの初代ハリアーが火付け役です。クロカンの走破性とセダンの快適性を求めたコンセプトの自由さが受け入れられたのか、2017年現在ではクーペ&SUV、スポーツカー&SUVといった亜種?まで見かけます。さて、そんな人気のクロスオーバーSUV...

  
20124

三菱だからこそ作れたコンパクトSUVの真髄

ジュネーブ国際モーターショー2017でワールドプレミアとなった「三菱 エクリプス クロス」。そのスタイリッシュな造形も話題となっていますが、往年のスポーツクーペ、”エクリプス”の名を冠したところも気になるポイントといえます。三菱に久々の新型SUV、そしてAWDモデルとして期待が高...

  
18473

三菱、新型エクリプス クロスを世界初披露!コンパクトSUV首位を奪えるか!?

2017年3月7日から19日までスイスで開催されるジュネーブモーターショーで世界初披露となる三菱「エクリプス クロス」。今もっとも旬なカテゴリーであるスタイリッシュSUVマーケットに、三菱が満を持して投入するモデルだけに、多方面から注目を浴びているのです。

  
21474

三菱RVRで考える、SUVなのに4WDではなく2WDを選ぶ理由とは?

SUVであっても、2WDと4WDの選択ができる車種が増えています。荒れた大地をものともせずに走破できるイメージのSUVなら、4WDというイメージが強いはず。あえて2WDを選ぶメリットは、どこにあるのでしょうか?先日マイナーチェンジを受けた三菱RVRを例に考えてみました。

  
38711

三菱ユーザーの特典!? 10年10万km保証とは?

日本で販売される自動車は、国産輸入車問わず、必ず新車保証がついています。国産車の場合、ほとんどのメーカーが、3年または6万kmの一般保証と、5年または10万kmの特別保証を掲げていますが、そのなかで、三菱自動車だけは特別保証を10年10万kmとしています。その理由とは何でしょうか...

  
33043

4駆を買うなら三菱!? 他メーカーの4WDと何が違うのか?

かつての三菱イメージといえば、やはりラリーを中心としたモータースポーツ。過酷な戦いのなかから、その技術を磨いてきたメーカーであり、数々の栄光を憶えている方が多いのではないでしょうか。そんな三菱が、モータースポーツシーンを経て磨き続けてきたのが4WD技術です。

  
28681

ウクライナ警察アウトランダーPHEVを採用!?その理由とは?

三菱商事は2017年1月27日、MMCウクライナを通じて、ウクライナ警察向けにアウトランダーPHEVを635台受注したと発表しました。もちろんPHEVならではの圧倒的な環境性能が評価されたこととはいえ、なぜアウトランダーをチョイスしたのでしょうか?

  
26441

新型SUV対決!RVRとティグアンならどちらを買う?

フルモデルチェンジとなったVW ティグアン、そして「ダイナミックシールド」デザインを取り入れ、イメージを一新した三菱 RVR。いずれも魅力的なモデルに仕上がっています。この2台で買いなのはどちらでしょうか?

  
19360

アウトランダーを意識した!? 新型RVRのスペックはどう変わる?

2017年現在の三菱ラインナップに生き残っているSUVモデル「RVR」。人気のカテゴリーでもあり、三菱としても浮上の契機としたいモデルなのではないでしょうか。そんなRVRがマイナーチェンジを敢行。イメージを刷新しています。

  
28485

あまり見かけなくなった「逆スラントノーズ」…どんな車の採用されていた?

最近はあまり見かけなくなった「逆スラントノーズ」ですが、一時期は昔のBMWに似ているという事で国産車メーカーの一部で意匠に取り入れた事もありました。それ以前はアメリカンスタイルの車で採用例がありました。エコよりスポーティイメージを強調するために魅力的なデザインという事で、意外と最...

  
50301

生産終了のランエボ…後継の次期モデルが登場する可能性は?

日本を代表し世界中に根強いファンのいるスバル・インプレッサ(WRX1)と三菱・ランサーエボリューションのこの2台。スバルは2014年にWRX STIを発売したのに対して、三菱はランサーエボリューションの生産終了を発表。まもなく最後の一台の製造を終えようとしている「ファイナルエディ...

  
36883

ランエボの後継車?RVRエボリューションが2016年発売される?

三菱を代表するスポーツモデルであったランサーエボリューション(通称:ランエボ)は2015年8月、ファイナルエディションモデルをもってその歴史に幕を閉じました。そんな“ランエボ”がなんと、トールワゴン型タイプのRVRで復活?再生?されるといった噂があります。

  
37503
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives