「RAV4」の検索結果(48件)

記事

クロカン?SUV?CUV?今さら聞けない意味と違いを解説!

国内ではミニバンに次いで市場のシェアを獲得しているSUV。ですが、昨今はSUVという言葉だけでなく、クロカン4WDやCUVなど、さらに細分化された言葉が使われることが多くなっています。今回はSUVのカテゴライズについて説明しましょう。文・山崎 友貴

  
5388

ライバルと比較して分かった、新型RAV4の革新性とは?

RAV4が久しぶりに日本に戻ってきました。すでに北米で先行発売されていたので、そのデザインは媒体で知っていた方も多いと思いますが、実車に触れてみると驚く性能を秘めていることが分かりました。文・山崎友貴

  
25531

【試乗動画】トヨタ新型RAV4ガソリンモデルとハイブリッドモデル乗り比べる

3年ぶりに日本復活を果たしたトヨタ新型RAV4のガソリンモデルとハイブリッドモデルを試乗比較しました。今回試乗したグレードはアドベンチャーとハイブリッド X 2WDになります。この動画では両車のトルク感や操作性等普段使いを意識してお届け致します。

  
12396

2.5Lエンジン222ps…武骨な力強い雰囲気で存在感あるトヨタ RAV4を試乗レビュー

けっこうゴツいイメージに振ってきた...。それが、約3年ぶりに復活したトヨタRAV4の第一印象。初代RAV4は、それまで武骨だったクロスカントリーモデルのヨンク(当時はまだSUVという言葉が定着していなかった)に対して乗用車ライクな雰囲気やメカニズム、そして乗り味が斬新でした。文...

  
8463

トヨタ RAV4を国内初試乗!ひとまわり大きくなって日本復活…どんな車になった?

1994年に初代モデルが発売され、「気軽に付き合えるコンパクトRV」として瞬く間に大ヒットしたRAV4が、満を持して日本市場に復活!国内初試乗しました!文・工藤貴宏/写真・宮越孝政

  
14236

RX-8、S-MX…1代限りで消えてしまった車たち8車種

トヨタ「クラウン」は現行モデルで15代目、日産・スカイラインは13代目と、何十年も続くブランドネームがある一方、1世代限りでひっそりと消えてしまう車名も少なくないもの。しかし、短命だったからといって必ずしも車のデキが悪かったわけではなく、惜しまれながらブランド終了を迎えた車種も…...

  
51675

消費税10% 増税前に購入すべき!? 2019年10月までにデビューする国産車たち

2019年10月に消費税が10%に引き上げられる前に、住宅やクルマなどの「大きな買い物」は駆け込み需要があるのは間違いないし、すでに建築ラッシュの住宅などは駆け込み需要が起きている。クルマでは、消費税が10%に増税されることで、自動車取得税の廃止が決定。代わりに環境性能割(燃費課...

  
28837

ホンダ BR-Vや日産 マキシマなど…発売したら売れそう!けど販売されていない車5選

日本の自動車メーカーが作る車であっても、海外または、特定の国々でしか販売されていない車種が多数あります。かつてそれらは、日本へ里帰りすることも無く、海外マーケットだけで消費されていましたが、グローバル化が進んだ現在、海外工場で生産した車種が、多く販売されています。でも、まだまだそ...

  
12691

スバル フォレスターが歩んできた道のり

スバル フォレスターが、2018年7月に発売されます。5代目にあたる新型フォレスターは、クロスオーバーSUVとして1997年の発売以降、水平対向エンジンやシンメトリカルAWD、予防安全支援システムなど、スバルの独自技術を採用しつつ、進化し続けてきました。今回は、フォレスターが歩ん...

  
16273

黄色いビートルを見ると幸せになれる!? クルマに関わる都市伝説4選

クルマに関する都市伝説は、1980年代から盛んに語られるようになりました。ここでは、雑学的な都市伝説をご紹介します。

  
12015

1代限りで販売終了したトヨタの名車5選

せっかくこの世に生を享けたのに、1代限りで消えてしまった車があります。コンセプトは良かったものの、環境にマッチできなかったり、価格が高すぎたり…。今回はそんな1代でモデルライフを終えてしまったトヨタ車を5種紹介します。

  
37233

新型フォレスター発表。注目すべきは、進化した中身

スバルは、先のニューヨーク国際自動車ショーで、フルモデルチェンジした新型「フォレスター」を発表しました。第4世代の旧型フォレスターのデザインを踏襲しつつ、現行型「インプレッサ」から導入された「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用し、カテゴリでトップクラスの衝突安全...

  
9251

サスペンション形式でわかるSUVのキャラクター

SUVがもはや車のスタンダートと言っても過言ではないほど、その人気は高まる一方です。コンパクトなクロスオーバーSUVから、オフロード走行を前提としたヘビーデューティSUVまで、さまざまなモデルが続々と各メーカーから市場に投入されています。そんなSUVのキャラクターを判別したければ...

  
28736

高級車ブランドが続々とSUV市場に参入する理由

ひと昔前、クルマと言えば、ボンネットとトランクの間にキャビンがあるセダンこそがもっとも典型的なものでしたが、いまではすっかり少なくなりました。その一方で、勢力を伸ばしているのがスポーツ ユーティリティ ビークル(SUV)です。クロスカントリー系と呼ばれる、いわゆる本格的な悪路走破...

  
5905

日産 新型アルティマが登場。日本への導入の可能性は?

日産自動車は、ニューヨークモーターショー2018で、4ドアセダンの新型アルティマを世界初公開しました。この新型アルティマには、可変圧縮比エンジン「VCターボ」、運転支援システム「プロパイロット」など、日産が持つ最先端技術が織り込まれています。今回は、この新型アルティマをみていきま...

  
12523

トヨタ 新型RAV4、ハイブリッド仕様と2.0ガソリン仕様を投入予定!

トヨタ自動車は、ニューヨークモーターショー2018にて、新型のRAV4を初公開しました。新しいガソリンエンジン、およびカムリにも使われているハイブリッドエンジンを搭載し、2019年初頭からは欧州でも販売が開始される予定です。今回はそんなRAV4についてみていきます。文・吉川賢一

  
8925

岡崎五朗のクルマで行きたい VOL.58 クルマにスマイルランプ

先日、横浜で首都高が主催するトークショーに出演した。テーマは「首都高を楽しく安全に走ろう」というものだったのだけれど…いざスタートすると思わぬ方向へと話題が進んでいったのだった。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.138 2014年5月号]

  
2574

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.38 世界で闘うための変革

日本の自動車産業が変わろうとしている。しかも興味深いことに、トヨタと日産というリーディングカンパニーが変革の先頭を走っているのだ。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.118 2012年9月号]

  
1637

日本で売られていないけど、世界で大ヒットしている車5選

日本で大ヒットしている車といえば、トヨタの「プリウス」や「アクア」といった車種がすぐに思い浮かぶかもしれません。日本の道路事情、経済性の高さや利便性がまさにヒットの要因と言えるでしょう。でも所変われば品変わると言うように、他の国ではよく売れる日本未発売の車がたくさんあります。今回...

  
13341

現在人気カテゴリーの「SUV」はどのように誕生したのか

今や自動車市場で空前絶後のブームとなっている「SUV」。セダンやミニバンを抜いて、自動車カテゴリーのベーシックになりつつあります。このSUV、一体どのように生まれたのでしょうか?今回は、SUVの成り立ちを追ってみましょう。

  
11161
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives