「R30」の検索結果(31件)

記事

300ccクラスが増えた理由

カワサキ・Ninja250Rの登場以来、排気量250ccのバイクが活気を取り戻した。フルカウルスポーツだけでなくネイキッドやアドベンチャーモデルも出揃い、騒音や排ガス規制でラインアップが激減していた国産250ccもずいぶんと選択肢が増えてきた。これは東南アジア諸国のバイク市場の活...

  
1869

シートカバー、土禁カバー、フェンダーミラー…古臭いと思われるクルマの特徴7選

自動車の性能やデザインが進化したことで、すっかり見かける機会が減ってしまった装備品があります。いま目にしたら、昭和を生きてきたお父さんが「懐かしぃ〜」と思わず口に出てしまうようなクルマの装備の数々。あなたはどれだけ知っていますか?

  
9430

フルハイビジョンで高精細録画!煽り運転にも対応の2カメラドライブレコーダー「データシステム DVR3...

コーナーセンサー、後付けカメラ、モニターなどのカーエレクトロニクス全般、スポイラーをはじめとしたエクステリアパーツを得意とするデータシステム。同社は2017年9月にドライブレコーダー「DVR3000」を発売しました。フルハイビジョンを超える高精細3メガ(2304×1296)録画だ...

  
2586

じゃじゃ馬っぷりがたまらない…ドッカンターボといわれた車5選

「ドッカンターボ」という言葉を聞かなくなって数十年。読者のなかには、すでにこの表現を知らない方もいるかもしれませんね。決してターボ車が珍しいわけではないのですが、いったいこの「ドッカンターボ」とは、どんなクルマのことを指していたのでしょうか。文・立花義人

  
25604

あぁ懐かしい…西部警察に登場した名車たち

カーアクションで有名な日本のドラマといえば『西部警察』でしょう。「太陽にほえろ!」と並ぶ、石原プロの看板作品です。西部警察は日産協力のもと製作されたため、主役級マシンはすべて日産車がベースでした。

  
9760

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.2 男の魂、女の愛

せっかく小樽に行くのなら、イクラがこぼれ落ちそうなを食べて、「北一硝子」でお買い物でもしたいな。なんて心躍っていた私がいきなり連れて行かれたのは、「石原裕次郎記念館」だった。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス vol.174 2017年5月号]

  
408

セリカXXやアコードに搭載。GPSが使えなかった時代のカーナビはどんなシステムだったの?

今では新車に当たり前のように装備されているカーナビ。その始まりは1980年初頭にさかのぼります。GPSが使えなかった時代、カーナビはどのような仕組みで動いていたのでしょう?

  
24329

「ケンメリ」でお馴染みのスカイライン。シリーズでもっとも売れたC110とは?

現在もなお、多くの人を魅了し続ける日産 スカイライン。日産だけではなく、日本を代表するモデルと言っても過言ではありません。その長い歴史のなかで”もっとも売れたスカイライン”が、ケンメリの愛称でもお馴染みの4代目です。

  
12224

エントリーモデル同等の価格で業界最上位クラスの高精細録画を実現したドライブレコーダーがデータシステム...

ここ数年でクルマの装備は格段と進化したが、ここへ来てグッと装着率が上がったアイテムといえばドライブレコーダーではないでしょうか?万が一の事故やトラブルのときの記録はもちろんですが、決定的瞬間を録画することができれば、動画サイトやテレビ番組などで紹介されて一躍ヒーローなんてことも…...

  
8671

現在のSUVブームのように、過去にはセダンやクーペのブームもあったのか?

2017年現在、自動車業界は、これまでスポーツイメージで売ってきたメーカーがSUVをリリースするなど、ちょっとしたSUVブームです。過去には、ミニバンブームなんてものもありましたが、車の基本形となるセダンやクーペにもブームはあったのでしょうか?

  
11479

日産 GT-Rも今後EV化するのか?

BMW i8はPHEV、ホンダ NSXはハイブリッド、2019年市販予定とされている日本製スーパーカーGLM G4はEVと、スーパースポーツカーにも電動化の波が押し寄せています。そこで気になるのが、ニッサン・インテリジェント・モビリティを進めている日産の次期GT-Rの存在です。

  
11339

レストアとオーバーホールの違いは?

2018年からマツダでは、初代NA型ロードスターのレストアサービスを開始します。発売より28年、いまなお2万3,000台が現役で、これからも乗り続けたいとのファンの声に応えたものです。こういった古い車の修理をする場合、レストアとかオーバーホールとかの用語を目にすることがあると思い...

  
70554

次期スカイラインはどんな車になる?

2017年が誕生60周年のアニバーサリーイヤーでもある日産 スカイライン。当然ニューモデルの投入が期待されており、実際2017年度中に、新型スカイライン クーペの発売が噂されています。この新型スカイライン、どのようなモデルになるのでしょうか。

  
33520

"史上最強のスカイライン"と言われた2000ターボRSが"GT"の名をつけられなかった理由

日本初のターボ付4バルブDOHCエンジンを搭載したスカイライン2000ターボRSは、最高出力205馬力(最終型)を発揮しました。2代目スカイラインGT-R(KPG-C110)よりもハイパワーなエンジンを搭載し、"史上最強のスカイライン"とうたわれた「ターボRS」と...

  
77296

日本で再び増えてきたターボ車…一方、先行していたヨーロッパは?

排ガス規制でかつてのハイパワーターボの多くが一斉消滅後、めっきり減っていたように思える国産ターボ車ですが、ダウンサイジングターボの波がようやく日本に到達して最近はターボ車が増えています。しかし、その分野で先行していた欧州は、既に次のステップへと進んでいました。

  
17001

R36 GT-Rは650馬力ハイブリッドになる噂…遅くとも2020年には販売される?!

2016年4月にビッグマイナーチェンジが行われたばかりの日産 GT-Rですが、次期モデルの情報もすでに多くあります。ヨーロッパからはレンダリングケッチの情報が入ってくるなど、2020年頃の発売を目指していると言われています。

  
34621

スカイラインクーペが2017年に発売!? 新世代クーペに迫る!

2016年1月を最後に一旦デリバリーが止まっている日産のCV36スカイラインですが、既に同月の米デトロイトショーで海外版のインフィニティQ60がデビューしていますので、日本でも次期型CV37スカイラインクーペのデビューは秒読み段階に入っています。現段階で分かっている範囲で、スカイ...

  
176984

10年以上前の日本車vs韓国最高スペック車…結果から見る日本車のクオリティは?

14年前の2002年に生産終了したトヨタ スープラと、その6年後の2008年にデビューしたヒュンダイ ジェネシスクーペのゼロヨン対決。軍配はスープラに上がりましたが、その結果から来る想いはちょっと複雑です。

  
106760

新型スカイライン クーペ(Q60)に搭載されるエンジン「VR30」の正体とは?

日産スカイラインは北米など高級ブランド「インフィニティ」のある国では「インフィニティ・Qシリーズ」として販売されています。2016年1月のデトロイトショーではクーペ版の新型「Q60」が発表されました。新型エンジン「VR30」など、そのスペックが注目されています。

  
84867

【東京オートサロン速報】6気筒エンジン搭載…ロッキーオートが生み出す「R3000GT」の正体とは?

トヨタ2000GT、S30Zなど、往年の「名車」をレストアではなく、現代のテクノロジーと組み合わせる事で「新たな命」を吹き込んでいるロッキーオート。今回のオートサロンにもそんな魅惑のマシンを持ち込んでいます…。

  
26977
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives