「PR」の検索結果(206件)

記事

なぜ日産 GT-Rは海外で人気なのか?

2007年10月の第40回東京モーターショーで正式に発表され、同年12月に、国内販売が開始された日産 GT-R。発売から10年を経ていますが、いまだに進化を続け、日本はもちろん、世界中多くの車好きを魅了し続けています。海外では「GODZZILA(ゴジラ)」の愛称で呼ばれるGT-R...

  
29352

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 政治利用されたバーレーンGP

2012年2月の終わり頃から、メディアは打倒政府を訴えるバーレーン市民の過激なデモ活動を繰り返し報道した。メディアは刺激的な映像や画像を意図して抽出する傾向がある。程度は割り引いて理解する必要はあるが、「バーレーンが正常ではない」ことは確かだった。text:世良耕太 [ahead...

  
88

オートバイを芸術作品にした男

東名高速道路の厚木インターチェンジを降りて程なく。工場が立ち並ぶその一角に、バイクのミュージアムがある。そんな風に書くと驚かれるかもしれないが、数々のイタリアンブランドを手掛け、そのパーツを開発するショップ「モトコルセ」の扉をくぐれば、まさにそう表現するのにふさわしい空間が広がっ...

  
417

デジタルライテク元年 Vol.3(最終回)日本4気筒編 YAMAHA YZF-R1&R1M

前々回からBMW・S1000RR、DUCATI・1299パニガーレと最高峰電脳バイクに焦点を当ててきたが、電脳ライテク第3弾の今回は待ちに待った日本勢、YAMAHA・YZF-R1の登場だ。text:丸山 浩  [aheadアーカイブス vol.149 2015年4月号]

  
340

HKSの車高調ハイパーマックス Sスタイル Lがリニューアル こだわりの進化とは?

HKSと言えばスポーツカーを中心にハードチューンを好むユーザーに支持されているチューニングパーツブランド、というイメージがあるかもしれません。しかし、今では軽自動車やミニバン、SUVなどに向けたアイテムも多くリリースしているのです。もちろんこれは今までスポーツカーで培ってきたノウ...

  
8727

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.42 ノーサイドの精神への賞賛

今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーはマツダCX─5が受賞した。次点は86/BRZ。かなりの接戦だった。僕は選考委員として最高得点の10点をCX─5に投じた。ハードウェア全般の仕上がりもさることながら、日本にディーゼル乗用車のマーケットがあることを証明した功績を高く評価したからだ。2...

  
547

オンナにとってクルマとは Vol.28 ピンク・ホイール・プロジェクト始めます

女性とクルマの関係を考えると、「クルマ文化」という言葉はなんとなく違うなと思っていた。クルマに乗ることは生活そのものであり、時には小さなチャレンジや自由の翼であり、妻でも母でもない「自分」に戻れる大切な時間でもある。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス vol.122...

  
360

埋もれちゃいけない名車たち VOL.7 デートカーという存在「HONDA PRELUDE」

クルマというのは、乗り手のライフスタイルや趣味嗜好のようなものを、図らずも表現してしまうようなところのある乗り物だ。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.123 2013年2月号]

  
2800

DUCATI Japan 加藤 稔社長インタビュー オートバイを 他の世界と繋げたい

2009年2月。2輪業界にちょっとしたさざ波が立った。ドゥカティジャパンの社長の交代がアナウンスされ、98年の設立以来、初めて日本人が就任することになったからだ。text:伊丹孝裕 photo : 櫻間 潤 [aheadアーカイブス vol.125 2013年4月号]

  
114

話題のZC33スイフトスポーツ TEINの車高調とEDFCで走りは変化するのか?斎藤聡がインプレッシ...

2018年2月現在、オーダーから納車まで半年待ちもザラになってきたZC33型スズキスイフトスポーツ。このモデルには走りを重視するユーザーには大注目株であります。各社から続々専用車高調がリリースされたくさんの選択肢がある中で、緑のサスペンションでお馴染みのTEINはどうでしょうか?...

  
9003

RED BULL X-FIGHTERS OSAKA 2013 派手さの裏側にある精神力

普段は静かな夜の大阪城西の丸公園がその日は一変した。1万5千人の熱狂的な声援を受け、大阪城をバックにバイクが宙を舞う。迎えた決勝戦の大舞台を制したのは、日本人の東野貴行選手だった。text:村上智子 photo:  Red Bull Content Pool [aheadアーカイ...

  
244

スーパーGTのトップドライバーがジムニーに乗ったら ―平手晃平

レーシングドライバー平手晃平、27歳。少年時代にカートで頭角を現し、16歳と2ヶ月でフォーミュラトヨタの最年少優勝を遂げる。03年からは単身渡欧。ユーロF3やGP2に出場するかたわら、トヨタのF1テストドライバーを経験。text:伊丹孝裕 photo : 長谷川徹 [aheadア...

  
3599

全長、全幅、全高わずか1メートル!? 世界最小の車「ピール P50」とは?

軽自動車は、世界でも類のない規格で生産されていることは有名です。しかし、世界にはそれよりも小さなクルマが存在し、販売されています。ここでは、ギネスに認定されている小さなクルマを紹介します。

  
7241

最小回転半径5.6m!カムリより小回りが利く和製ハマー「トヨタ メガクルーザー」

ひと口に自動車好きと言っても、国産メーカー、戦前のヒストリックカー、軽自動車、スポーツカーなどなど、そのこだわりは三者三様。なかでも軍用車両は、民生用として販売された例が少なく、そういった車両のほとんどはレアアイテムとなっています。トヨタ メガクルーザーも、そんな一台です。

  
16765

安全性への警鐘“R75”

アルファベットの「R」と数字を組み合わせ、物や場所の曲率半径を表すことがある。例えば、レースファンならよく知る「スズカの130R」などがそれに当たり、これを細かく言えば「円周を描けば半径(=Radius)が130メートルに達するコーナー」となる。90Rならよりタイトな、300Rな...

  
2239

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.42 市販車とF1の距離

9月中旬、ドイツ・フランクフルトでモーターショーが開催された。ヨーロッパではパリ、ジュネーブに並ぶ規模で、技術立国のドイツらしく、技術展示が充実しているのが特徴だ。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.131 2013年10月号]

  
259

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.87 名称の統一化

細かな違いはあるにせよ、横滑り防止装置の基本的な仕組みと目的はどれも同じだ。しかし、VSC(トヨタ)、VDC(日産)、VSA(ホンダ)、DSC(ダイハツ)、ASC(三菱)、ESP(スズキ)など、各社バラバラの名称を与えている。原稿を書く際はメーカー表記に従い固有名を使うのが原則的...

  
2286

TEINの車高調と自動減衰調整機能EDFCを装備した30ヴェルファイアを斎藤聡が徹底解説

車高を低くしてカッコよくしたい。車高が低くなれば乗り心地は多少悪くなっても仕方ない。ひと昔前、ローダウンサスペンションはそんな感じでした。いま最前線のローダウンサスペンションは、そこから大きな進化を遂げています。今回はそんな超高性能なストリート用サスペンションキット(車高調キット...

  
16231

生誕25周年。未来を見据える 横浜ベイブリッジ

いつもはブルーにライトアップされる横浜ベイブリッジが、今、ひときわ華やかに、ピンクに照らし出されていることにお気付きだろうか。このピンクのライトアップは、平成元年9月27日に開通した横浜ベイブリッジの25周年を記念した特別色で、年末年始を挟んで平成27年1月4日まで実施される予定...

  
321

二十歳の僕とクラシック 〜ベスパ スプリント 150

「ベスパ」という名前を聞くと、何をイメージするだろうか。映画好きの方や年配の方などは真っ先に『ローマの休日』でしょ!と口を揃えて言うかもしれない。text:岡崎心太朗 photo:山下 剛 [aheadアーカイブス vol.142 2014年9月号]

  
747
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives