「PR」の検索結果(207件)

記事

DUCATI japan interview 後編 DUCATIを男のたしなみにしたい

厳しい状況を迎えているかのような日本の二輪業界にあって、新たな試みで躍進を続けているのがドゥカティだ。それは、加藤 稔社長の感覚とセンスが、もっと広い世界へと向かうドゥカティの突破口を着実に拓いたことを物語っている。これまでにない、「夜」をキーワードとしたイベント戦略や、SNSの...

  
143

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.40 ブランディングの重要度

クルマ業界に限らず、日本企業に不足しているのがブランディングだ。ブランド価値のない商品は泥沼のような価格競争に巻き込まれ、企業だけでなく下請けや小売店も次第に疲弊していく。text: 岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.120 2012年11月号]

  
835

伊丹孝裕が観た『CLOSER TO THE EDGE マン島TTライダー』生と死を浮き彫りにするマン...

時速にしておよそ230キロくらいだろうか。5速で切り返すその高速S字コーナーに入った直後、目に飛び込んできたのは、四方八方に散らばり、プラスチックとアルミの細切れと化したバイクの残骸。そして、そんなパーツの一部のように横たわっている人間の身体だった。text:伊丹孝裕 [ahea...

  
2064

DUCATI Japan 加藤 稔社長インタビュー「オートバイを他の世界と繋げたい」

2009年2月。2輪業界にちょっとしたさざ波が立った。ドゥカティジャパンの社長の交代がアナウンスされ、98年の設立以来、初めて日本人が就任することになったからだ。text:伊丹孝裕 photo:櫻間 潤 [aheadアーカイブス vol.125 2012年4月号]

  
933

岡崎五朗のクルマで行きたい VOL.56 奥深いタイヤの溝

2度にわたる2月の大雪は、首都圏に住む人にもスタッドレスタイヤの重要性を印象づけた。僕も、次の冬は自分のクルマにスタッドレスタイヤを履かせることに決めた。新商品が出揃う夏になったら商品選びを始めるつもりだ。しかしスタッドレスのことを考える前に、もっと大切なことがある。夏に向け、次...

  
1769

特集 元『Tipo』編集長 嶋田智之 推薦!これからはじめる趣味的クルマ生活

生活を取り巻く事情に縛られるあまり趣味的なクルマ選びができない方は多いはず。でもそこで、「乗りたいクルマ」をあきらめてしまうのは早計だ。視点を換えれば理想のクルマはきっと見つかる。text:嶋田智之  photo:渕本智信  [aheadアーカイブス vol.113 2012年4...

  
1036

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.82 三菱の企業文化

この原稿を書いているまさにそのタイミングで三菱自動車の燃費試験不正問題のニュースが飛び込んできた。速報性ではどだいネットにかなわない印刷媒体は、本来であればきちんとした取材と考察を売り物にすべきだ。この原稿が皆さまの手に届く頃には、現時点では明らかにされていない新事実が出ているか...

  
1725

新たなるオーセンティック 〜YAMAHA XSR900

ここ数年ヤマハは、20年…いや30年先を見据え〝YAMAHA〟というブランドの骨格をアップデートしていた。そしてその作業を終え、新たな幹から伸びる枝葉に、早くも実をつけ始めたようだ。「XSR900」の国内販売を受け、そう強く感じた。text:河野正士、伊丹孝裕 photo:長谷川...

  
1480

レッドブルエアレース 室屋義秀はなぜ勝つことができたのか?

2016年6月5日、究極の3次元モータースポーツ、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップの日本大会で日本人パイロット室屋義秀が優勝した。最後まで気が抜けないレースだった。決勝戦で最後にフライトしたマーティン・ソンカは中間のラップタイムで室屋を一時上回る見事なフライトを...

  
473

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.85 クルマ選びの正義

購入したユーザーへのお詫び金や日産、ディーラー、部品メーカーへの損失補償、企業イメージ低下による販売減少など、燃費不正問題にまつわり三菱が算出した損失は2000億円。今後の状況次第ではさらに膨らむ可能性もある。カタログ燃費を偽ったことに対し彼らが支払った代償はあまりに大きい。te...

  
1558

MVアグスタとは何か

このところ、イタリアの名門ブランド「MVアグスタ」の動きが活発だ。特に3気筒エンジン系(675㏄~800㏄)に顕著で、F3 675セリエ・オロを皮切りに、F3 675、ブルターレ675、F3 800、ブルターレ800、リヴァーレ800、そしてブルターレ800ドラッグスターと矢継ぎ...

  
419

日本の誇れるクルマ

本車にはもう魅力のあるクルマはないのだろうか。しかし、見回せば、世界からリスペクトを受けるクルマはある。日本が世界に発信する「誇れるクルマ」を紹介したい。text:嶋田智之、河村 大、世良耕太、石井昌道、岡崎五朗 photo:長谷川 徹、マルイ工業(www.marui-ind.c...

  
2831

オートバイの未来を考える S1000RR vs V-Strom650ABS

今年から国内販売されたということを除けば、ジャンルや排気量、価格帯までもが異なるこの2台のバイクを“VS”と括るのは、いささか無理があるように思えるだろう。text:神尾 成 [aheadアーカイブス vol.113 2012年4月号]

  
275

“カスタムカー”の壁を崩したい 〜オーテックとはなにか

スマホにカバーを着けるように、周りの人とひと味違うアイテムにカスタマイズすることには積極的でも、「じゃあクルマは?」と問われると答えに詰まってしまう。“クルマのカスタマイズ”という響きが、どうも自分の趣味やセンスと違うんじゃないか、マニアックなんじゃないかと連想させるからだ。te...

  
485

アンダー250ccが未来を創る

ビッグバイクのラインアップが充実する一方で小型車、中型車の選択肢は少なかった。しかし、いま、Ninja250Rを皮切りに魅力的な小排気量車が続々と登場している。text:伊丹孝裕 [aheadアーカイブス vol.110 2012年1月号]

  
435

Mazda Women in Motorsport Project 2015

去る3月14日、お台場で開催されたモータースポーツジャパン2015において、"Mazda Women in Motorsport 2015 Project"が発表された。これはレーシングドライバーの井原慶子氏とマツダがタッグを組み、「モータースポーツ界における女性...

  
326

ベスパは難しい乗り物?

跨がなくても乗れるバイク=スクーターという形を初めて確立したベスパ。"服を汚さずに乗れるバイクを作る"という発想がいかにもイタリアらしいエレガントかつレトロモダンなイメージで、「ローマの休日」でアン女王がスカートでローマ市内を乗り回し、「探偵物語」では工藤ちゃんが...

  
1048

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.33 刷り込みの危うさ

特集で触れたように86&BRZは日本が世界に提案する画期的なスポーツカーだが、巷にあふれるドリフト偏重報道は明らかにミスリードだ。コンパクト、軽量、低重心のFRという素性は、たしかにドリフト向きだし、ハイグリップタイヤを履いていないこともそんな特性を強調している。text:岡崎五...

  
536

ぶつからない世界は美しい

信号待ちで停車中、クシャミした勢いでアクセルを踏んでしまい、あわや追突と肝を冷やした経験のある残念ドライバーとしては、《ぶつからないクルマ》の登場は衝撃だった。text:山下敦史 [aheadアーカイブス vol.136 2014年3月号]

  
336

キアヌ・リーブスがプロデュースした量産バイク ARCH KRGT-1

アメリカのカスタム・モーターサイクルにはチョッパー、ボバー、フリスコ、ドラッガー、ハイテック、ニュースクールなど実にさまざまなスタイルがある。とはいえ、ハーレーダビッドソンに代表される大排気量V型2気筒エンジンとロングホイールベースを基本としているものが多い。text/photo...

  
1631
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives