「PR」の検索結果(83件)

記事

1990年代の日本の名車が勢ぞろい!初代『ワイルド・スピード』の登場車種は?

2017年公開のICE BREAKで8作目まで公開された大人気シリーズ『ワイルド・スピード』。ストーリーもさることながら、登場する車に注目が集まります。今回は、その記念すべき1作目に登場した日本車を振り返ってみましょう。

  
2598

ランクルプラド、2度目のマイチェン!次期型はいつになる?

2017年9月12日より開幕したフランクフルトモーターショーで、欧州トヨタは新型ランドクルーザー(日本ではランドクルーザープラド)を発表。それに合わせて日本でもプラドのマイナーチェンジを発表、販売が開始されました。

  
2202

800馬力のナバラRなど…GT-Rのエンジンを搭載した車は?

2017年モデルや世界記録に挑戦などで、話題の尽きない日産 GT-R。そんなGT-Rの強力無比なエンジンをスワップして、モンスターに仕立てあげられたマシンをご紹介しましょう。

  
7195

ついに!自動運転のプラットフォームの駆け引きが始まりました

新型アウディA8がついにレベル3の自動運転機能を搭載し、販売される見込みです。2017年現在、各メーカーがもっとも注力している旬の技術が自動運転機能。そしてそのプラットフォームを巡って、メーカー間の駆け引きもスタートしているようなのです。

  
1718

マイチェンした新型Sクラス…どこが進化した?

メルセデス・ベンツのSクラスに大幅改良が加えられました。欧州では2017年7月から、日本では8月より受注が始まります。Sクラスといえばメルセデスブランドを象徴するフラッグシップで、最新鋭の豪華な装備は驚かされるものばかりです。さて、今回のマイナーチェンジでは、どのような進化を遂げ...

  
5824

吸排気チューンの仕上げ 燃調はどうする?1万8千円のミニコン-プロでベストな燃調セッティング

エンジン制御の基本は点火と燃調です。燃調は読んで字のごとし、吸気に対して必要な量の燃料を調整するものですが、吸排気系のチューニングを行うと、ノーマル状態で想定された条件から外れてしまい、パワーが出ないだけでなく、レスポンスが悪くなったり、燃費にも影響してしまいます。それを自分で簡...

  
4590

サムライ、ジャズ、ショーグン、あなたはこれらの車種がわかりますか?

日本で親しまれている名前が海外では使われていない、そんな日本車は数多く存在します。今回は、海外展開されている変わった車名の日本車をいくつかピックアップしましょう。

  
5203

マツダ CX-3にガソリンエンジン仕様を追加!低燃費が求められる今、なぜ?

クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIVE-D」を搭載し、トルクフルな走りと高い環境性能で評価されているマツダCX-3に、2017年6月よりガソリンエンジン仕様が追加されることになりました。その真意とは何でしょう?

  
11209

モータースポーツ、ドリフトの世界で活躍するGOODRIDEタイヤ。D1ドライバーの評価とは?

みなさんは、アジアンブランドタイヤにどんなイメージをお持ちでしょうか?価格が安くて経済的、でも…。そんなイメージが先行しているアジアンブランドタイヤですが、近年は技術も進化し、モータースポーツでもしっかり成績を残すタイヤも販売されています。その急先鋒が、GOODRIDEタイヤなの...

  
10904

変わる燃費基準。WLTPってなに?

2017年現在、日本では「JC08モード」を燃費基準として、カタログ等へ表記することを義務付けています。とはいえ、このカタログ数値と実際の燃費の乖離を実感したことがあるというオーナーは少なくありません。そんなユーザーの意見を受けて、新たな燃費基準「WLTP」が導入され、第一弾とし...

  
9273

なぜ、"低粘度オイル"は作られたのか?

最新の自動車に要求される大きな性能のひとつに、省燃費性能があります。我々エンドユーザーにとって省燃費性は、懐具合に優しいという意味になりますが、地球環境の立場から見ると、使用する燃料量が少ないことは排気ガスの排出量減少となり、大気中に放出される二酸化炭素量が減ることを意味します。...

  
5976

次期スカイラインはどんな車になる?

2017年が誕生60周年のアニバーサリーイヤーでもある日産 スカイライン。当然ニューモデルの投入が期待されており、実際2017年度中に、新型スカイライン クーペの発売が噂されています。この新型スカイライン、どのようなモデルになるのでしょうか。

  
17509

イチロー選手の実兄がデザイン!? SUWのオリジナルホイールとは?

イチロー選手の実兄である鈴木一泰氏がデザイナーとして、SUWというファッションブランドを手掛けているのをご存じでしょうか。なんと、そのSUWからオリジナルのホイールもリリースされているのです!

  
8239

GT-Rを購入、維持していくために必要な年収はいくら?

日本が世界に誇る、スポーツカー日産 GT-Rは多くの車好きにとって憧れの車。年間の維持費はどれくらいかかるのでしょうか?※2017年3月時点での情報です。

  
99416

昭和の小型スポーツカー「S8」と「ヨタハチ」、あなたはどちらが好み?

ホンダNSXの復活、トヨタもスープラ後継モデルの噂もあり、間違いなくスポーツカー復権の気運が高まっているのが事実。そんな中、ホンダとトヨタが1.0Lクラスのスポーツカーの開発をしている、という情報もここ数年あるわけです。この話の原点となるのが、ホンダS600およびS800、そして...

  
39670

そのLEDバルブ、見やすいですか?ドライバー目線での見やすさを強調した、RGのLEDヘッドバルブ!

「明るくて省電力、超寿命!」という特徴が受けて新製品が続々登場、純正採用車も拡大しているLEDバルブですが、ヘッドライトに使う場合は単に明るいだけでなく、ちゃんと見やすいように照らされているかが大事です。そこにこだわったのが今回紹介するRG POWER LEDヘッドバルブ!

  
12439

ハ、ハ、ハリアーがモデルチェンジ!? 次買うならガソリンorハイブリッド?

人気のSUVモデル、トヨタ ハリアーが、2,017年度中にビッグマイナーチェンジを行うと噂されています。現行モデルのデビューが2013年末でしたから、今年中のMCはほぼ既定路線といえましょう。はたして、いったいどういった進化があるのでしょうか。

  
27918

合言葉は“いちにち、ゼンカイ”挑戦を続けるHKSのプレミアムデイ2017

国産チューニングメーカーの雄、HKSのファン感謝際、というべき「HKS PREMIUM DAY in FSW」が1月29日、富士スピードウェイにて開催されました。

  
6008

新型CX-5、予約受注台数9,000台超え!好調な理由とは?

デビューしたばかりの新型マツダCX-5の受注が好調です。メーカーの月間販売目標2,400台に対して、発売前に9,000台以上もの予約受注が入っているそうです。その理由とは何でしょうか?

  
18062

国産スポーツカーにあって輸入スポーツカーにないものとは?

日本のスポーツカーは、90年代後半に一度衰退を見せます。しかし2010年以降、トヨタ 86やマツダ ロードスターなどが予想以上の人気を集め、国産スポーツカー復活の兆しを見せています。そんな国産スポーツカーの魅力はどこにあるのでしょうか。

  
21980