「OEM」の検索結果(44件)

記事

ファミリアバンがモデルチェンジ? いつごろになる?

マツダの礎となった往年の名車「ファミリア」。2017年現在は、商用バンのみにブランドが残っています。その中身は日産 NV150ADです。11年もモデルチェンジを行っていないファミリアバンですが、モデルチェンジが囁かれています。

  
3322

トヨタとマツダが資本提携!具体的になにが変わる?

2015年より協業関係にあったトヨタとマツダが、2017年8月4日に業務資本提携に踏み切る発表を行い、自動車業界を揺るがせています。今回の資本提携で、トヨタ車とマツダ車にどんな影響があるのでしょうか。

  
3735

悲劇の世代1992年生まれの初代絶版車7選

1992年生まれを世間一般では「悲劇の世代」と呼ぶそうです。生まれた年にバブル崩壊、高校入学式には爆弾低気圧が直撃、成人式は大雪、世の中に出れば”ゆとり世代”と呼ばれ…。1992年に誕生した日本車も同様、悲劇の世代だったようです。

  
7366

かつて話題となったS-MX、bB…恋人仕様車は今後登場するのか?

メーカーサイドはクルマをつくる際、どのような層をターゲットにするか考えます。若者やファミリー、主婦、収入、ライフスタイルなどなど。それは多岐に渡って研究されます。そんな中に、カップル向け…といわれるモデルがあったことをご存知ですか?

  
15883

眞子様の送迎車は、571万円の三菱 プラウディア!?

ご婚約の発表をされて、日々報道での露出が増えた眞子様。国民としてもロイヤルファミリーのおめでたい話題に嬉しくなってしまうものです。さて、そんなメディアの報道で映されていた眞子様の送迎車が、意外なクルマで話題になっているのです…。

  
19774

日産キックスが復活!? 仕様や日本での発売予定は?

かつて日産から発売されていたキックスという車を覚えている方は、どれぐらいいるのでしょう。当時のキックスは、2008年から2012年まで販売されていた軽自動車ですが、この度、全く違うクルマとして生まれ変わったようなのです。

  
13067

なぜ海外には軽自動車が輸出されないのか?

日本が誇るガラパゴス規格、軽自動車。制約があればこその創意工夫を凝らした進化を続けており、ここ日本では庶民の足、商用ニーズのみならず、軽自動車を愛して止まない方々も多くいると思います。これだけ優れたパッケージであれば海外でもウケるはず…。しかし、日本メーカーはあまり海外に軽自動車...

  
164370

【大阪オートメッセ2017】「TWS」が世に問う、匠のホイール

2月10日~12日まで盛況のうちに幕を閉じた大阪オートメッセ。数多くのチューニングメーカーを主体としたブースが軒を連ねるなか、匠の技術を誇るホイールメーカー『TWS』も出展、その魅力あるラインアップを提案していました。

  
12013

釣り好きに朗報!釣り専用キャンパー『つれるんだー』ってナンダ?

近年盛り上がっている軽キャンパーに、新たなムーヴメントを巻き起こすか?車好きには釣り好きが多い、あるいは釣り趣味が高じているうちに車選びの目利きが鋭くなった人もいますが、そんな人向けの"釣り"にひたすら便利な軽キャンパー、その名も『つれるんだー』。この車を使えば、...

  
14353

アウトランダーを意識した!? 新型RVRのスペックはどう変わる?

2017年現在の三菱ラインナップに生き残っているSUVモデル「RVR」。人気のカテゴリーでもあり、三菱としても浮上の契機としたいモデルなのではないでしょうか。そんなRVRがマイナーチェンジを敢行。イメージを刷新しています。

  
11537

昔は軽免許で運転!?現行軽自動車で最年長 ダイハツ ハイゼットトラックの56年の歩み

現在販売されている軽自動車の中で、モデルチェンジを繰り返しつつも、ずっと同じ車名で通している歴史が一番長いモデルを知っていますか?答えはダイハツ ハイゼットです。中でもハイゼットトラックはバンより1年早くデビューしており、軽自動車最年長を誇っているのでした。

  
10732

次期モデルはミラと統合!? 新型ミライース2017年登場!

東京モーターショー2015で発表されたコンセプトカー「D-base」が披露され、2016年中のモデルチェンジと言われてきた次期ミライースですが、2016年11月の段階でもオーダーストップがかかっていない事から、その時期は2017年にズレこむ気配が濃厚です。それに伴い、統合が噂され...

  
23969

エボIIIやR33など…今後値上がりが予想される車4選

中古車が値上がりする理由と言えば「人気の限定生産車」「需要があるのに後継車が無い」「モデルチェンジした新型が失敗作」などさまざまな理由があるでしょうが、今後値上がりの予想されるクルマをいくつかピックアップしてみましょう。

  
16783

トヨタとスズキが提携を発表!不動の人気車種ジムニーは今後どうなっていく?

以前から噂になっていたものの、2016年10月12日の両社共同会見によって、ついにトヨタとスズキの提携が現実になりそうです。「業務提携の検討開始をお知らせしただけ」とはいうものの、既にある程度の合意があるからこその発表だと考えても良いでしょう。

  
20908

リセールバリューが高い車は?ランキングでご紹介!

誰でも自分の車を買取に出すときは、一番高い価格で査定してほしいものですよね...!実際、リセールバリューが高い車種、低い車種それぞれが存在しています。では、どの車種がリセールバリューが高いと言われている車なのでしょうか?ランキング形式でご紹介していきます!※2016年の情報となり...

  
50333

スズキ ランディと日産 セレナなど…実はこれも同じ車だった!OEMの車7選

OEMとはOriginal Equipment Manufacturing(Manufacturer)の略で、日本語にすると「相手先ブランド製造」となります。要するに、「他社メーカーで販売される製品を製造すること」をいいます。バッジエンジニアリングや姉妹車、双子車という言い方をす...

  
11741

スズキが登録車でも躍進中!どこまで伸び続ける?

日本自動車販売連合会から発表されているブランド別新車販売台数概況によれば、スズキの躍進が目立ちます。1~6月の上半期では前年比42.2%増でスバルに迫る6位。6月単月ではそのスバルも抜いてマツダに迫る、82.4%増で5位。国内販売台数で今までの構図が崩れてきましたが、その原因は?

  
20923

インプレッサG4こそが走りのグローバルクオリティ|スバル インプレッサG4の燃費・中古価格は!?

走りを追求した自動車メーカー、スバルの代名詞とも言うべきスバル インプレッサG4。そのスバルの中でも知名度と人気で知られているのがインプレッサですが、インプレッサのセダン、「インプレッサG4」はどのような車なのかをご紹介します。

  
10802

今ではほとんど同じ車!? かつてプロボックスとサクシードは何が違ったのか?

今や日産のADバンと共に、日本では数少ないライトバンの生き残りとなったプロボックスとサクシードですが、かつてはフルラインナップメーカーのトヨタらしくさまざまなライトバンがありました。その流れでプロボックスとサクシードも、かつてはそれなりに違いがあったのです。

  
69632

サニトラやエスカルゴ等…その個性が今でも魅力的な廃盤実用車&商用車達!

絶版車の中には、メーカーの都合など必ずしもその車のせいではない理由で廃盤となってしまった、個性的で素晴らしい車が数多くあります。今回はその中から、量販セダンや商用車など実用的なモデルを紹介します。

  
23801