「NSX」の検索結果(102件)

記事

なぜメーカーはニュルのタイムや0-100km/hにこだわるの?

ことさら新型スポーツモデルが誕生する際に話題となるのが「ニュルブルクリンクのラップタイム」であり、「0-100km/h加速タイム」です。コンマ数秒でも縮めるため、メーカーも躍起になっている部分もあろうと思います。今回は、こうした点を考えてみましょう。

  
3522

なぜ最近の車はアルミパーツが使われないのか?

クルマにおいて、軽量化は非常に重要なポイント。運動性能はもとより、環境性能も向上する、まさに軽量化は正義なのです。そのために、かつてはアルミパーツをふんだんに使い、軽量化を行うといった手法が見られましたが、最近では減少しています。その理由とは?

  
9202

レストアとオーバーホールの違いは?

2018年からマツダでは、初代NA型ロードスターのレストアサービスを開始します。発売より28年、いまなお2万3,000台が現役で、これからも乗り続けたいとのファンの声に応えたものです。こういった古い車の修理をする場合、レストアとかオーバーホールとかの用語を目にすることがあると思い...

  
4316

なぜ「日本ではスーパーカーは生まれにくい」と言われるのか?

トヨタ 2000GTやホンダ NSX、日産 GT-Rなど、日本には世界に誇れるクルマが多数存在します。海外で日本車が高く評価されることは、日本人にとって喜ばしく、同時にとても誇らしいことです。では、日本発のスーパーカーというと、ちょっと答えに窮するかもしれません。そこで今回は「な...

  
6825

輸入車に負けない!ワイド&ローな国産車5選

かつての国産車は現在のモデルと比べると、非常にコンパクトでした。これは、当時の道路事情や、ボディサイズによって税金が違うといった点からの潮流といえます。しかし現在、気付けば国産車も大型化していますよね。そのなかでも輸入車に負けない、ワイド&ローなモデルを紹介しましょう。

  
9675

新型NSXを間近で見ないけど…本当に売れているの?

2017年2月より日本でも発売を開始したホンダ NSX。初代モデルからステップアップし、まさにスーパーカーに対抗し得るクルマになりました。しかし、ライバルのフェラーリやランボルギーニは街中で見かけるのに、NSXはほとんど見かけません。これはなぜでしょう?

  
16244

「農道のNSX」や「農道のランボルギーニ」って!? 本物と比べてみました

さて問題です。「農道のNSX」といえば、ホンダ アクティですが、「農道のランボルギーニ」といえばどんな車でしょう?また、それぞれ本物と比べてみました。

  
22498

新型シビック タイプRはなぜMT仕様しかないのか?

ニュルブルクリンクFF駆動最速モデルとして話題を呼んだ新型シビック タイプR。2017年7月以降発売予定のモデルには、320馬力というスペックが与えられ、トランスミッションは6速MTのみの設定となる模様。以前、AT仕様の発表も噂されていましたが、なぜMTのみなのでしょうか?

  
9667

ランボルギーニLM002やポルシェ959など…オフロードを駆けたスーパーカー

かつては超高級車ロールス・ロイスのスポーツバージョンを作っていたベントレーが、高級クロスオーバーSUV、ベンティガを発売したのは最近の話。こうした高級車やスーパーカーメーカーが、SUVをリリースするのは、より広い顧客を掴むためですが、かつてはブランドイメージ向上のために作られたス...

  
5336

ベストニューエンジン、新型ホンダ NSX搭載エンジンが受賞!どんなエンジン?

ホンダの新型NSXが、イギリスの出版社が主催している「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」が、2017年度の各賞を発表して話題になっています。今年のオブ・ザ・イヤーは、フェラーリの488GTB/スパイダーに搭載された3.9L V8ターボ。ベスト・ニューエンジンには、ホ...

  
8519

佐藤琢磨、ホンダからNSXのプレゼント!インディ500の優勝はどれほどすごいことなのか?

インディ500優勝!日本人としてはもちろん、アジア人としても初の快挙を成し遂げた佐藤 琢磨選手。100年以上の歴史あるアメリカのレースで、日本人ドライバーが優勝するとは、どういうことなのでしょうか?-----------------------------------------...

  
14410

国産スーパーカーにあって、輸入スーパーカーにないもの

1989年から15年続いた280馬力の自主規制が解禁されてから、国産車のパフォーマンスは飛躍的に向上しました。いまやハイパフォーマンスカーの500psオーバーは当たり前で、スペックだけはスーパーカーです。そこで今回は、国産車スーパーカーと輸入車スーパーカーを比較して、国産スーパー...

  
13812

バブル期のスポーツカー復活!なぜ価格は高騰化してしまうの?

最近では、新型NSXやシビックタイプRといった往年の名車が復活し、素晴らしいパフォーマンスを示しています。また、2017年東京モーターショーで、トヨタ スープラの復活も噂されています。しかし…かつてと致命的に違うものがあります。そう、価格です。

  
19370

上海ベンチャー企業によって作られた世界最速レベルのEVスーパーカー「NIO EP9」とはどんな車?

今後設立されるであろう自動車メーカーは、EV車が主力になることから、世界中のベンチャー企業が市場に参入しはじめています。中国・上海に本拠地を置くNextEV社もそんなベンチャー企業のひとつ。同社は、中国、北米、欧州市場をメインにEV車販売を計画しており、イメージリーダーは、201...

  
3664

知ってるようで、知らない?クーペのメリット・デメリット

かつて絶滅寸前とまで言われたクーペスタイルのスポーツカー。ところが、ここ数年、2ドアクーペに格好良いおしゃれなセダンのような4ドアクーペ、さらにはSUVにもクーペスタイルが登場するなど、クーペといってもボディスタイルはさまざまです。このクーペには、どんなメリット・デメリットがある...

  
25281

マフラーセンター4本出し…現行コルベットってどんな車?

海外のスポーツカーといえばフェラーリ、ポルシェ、ランボルギー二といった欧州車がすぐ頭に浮かびますが、アメリカだって負けてはいません。シボレー コルベットがあります。環境に厳しい現代にあっても、アメリカンマッスルカーとして君臨するコルベットを紹介します。

  
10049

リアウィングの種類と効果の違いとは?

速そうなスポーツカーに装着してある、車体後方に付いた大型の羽根状の部品「リアウイング」。ただのアクセサリーではなく、れっきとした機能を持つ部品です。また、ひと言でリアウイングと言っても、形状によって名称はさまざま。機能にも違いがあるのです。

  
17857

扁平率45から35に変えたら速度計が狂う!? どう対処したらいいの?

昔はスポーツカーでも16インチもあれば立派なホイールでしたが、近年は18インチなんてざらで、20インチを超えるホイールを履いている車も少なくありません。ホイールのインチアップだけであれば、扁平率は変わってもタイヤの外径はほとんど変わらないので、車の定番カスタムとなっています。しか...

  
22409

天井を触る、スカッフプレートを踏んづけて乗り込むなど…車好きに嫌がられる行動5選

愛車は大切に乗りたいもの。とはいえ、自分以外の誰かとドライブ、というのもクルマの醍醐味のひとつです。しかし、クルマを愛する方ならば、他人を乗せた際に「えっ!」と思う経験が幾度もあろうかと思います。今回はそんなケースを挙げてみましょう。

  
28505

全幅1,900mm超えのシボレー カマロ。日本で最適な全幅はいくつ?

シボレー カマロをはじめ、アメリカ車の多くは全幅1,900mmを超えています。また日本で人気の輸入SUV、ボルボ XC90やBMW X5なども全幅1,900mm超がほとんど。なかには、2メートルを超える輸入車も少なくありません。このような幅広な車を日本で使用するのはいかがなもので...

  
6312