「Mercedes me」の検索結果(27件)

記事

輸入車販売台数"ナンバー1"を3年連続で達成したメルセデス・ベンツが「Mercedes me GIN...

2016年から4年連続で輸入車販売台数ナンバー1、6年連続でプレミアムブランド首位に輝いているメルセデス・ベンツ。その原動力はもちろんブランド力ではあるが、国産メーカーも含めてナンバー1といえそうな積極的なブランドアピール、多彩なマーケティングの賜物でもある。2019年4月15日...

  
16587

メルセデス・ベンツ日本と竹中工務店がコラボした未来の家「EQ House」が期間限定オープン!

2019年3月19日から六本木にある「Mercedes me」内に、メルセデス・ベンツ日本と竹中工務店がコラボした未来の家である「EQ House」を約2年間の期間限定でオープンする。文/写真・塚田勝弘

  
34524

なぜメルセデス・ベンツは日本で一番売れる輸入車ブランドなのか?

2018年の新車販売台数が6万7531台となったメルセデス・ベンツ。日本の輸入車市場において4年連続ナンバー1となり、プレミアムブランドとしては6年連続ナンバー1を獲得したことになる。なぜメルセデス・ベンツはこれほど日本で売れるのだろうか?文・塚田勝弘

  
13464

ワークの高級輸入車向けホイール、グノーシスシリーズ2種が新登場!東京オートサロン2019

ワークが展開しているホイールブランドは、セダン、ミニバン向けのものから、プレミアムな輸入車まで実に20数種類。数々の独自技術を取り入れた高品質でスタイリッシュな高級アルミホイールメーカーとして知られています。また、SUPER GTや全日本ラリー、D1グランプリなどモータースポーツ...

  
6804

東京オートサロン2019、メルセデス・ベンツの今回の目玉は4ドアのAMG GTと"話せる"Aクラス!

1月11日(金)から13日(日)までの3日間の日程で開催される東京オートサロン2019。さすがに世界三大カスタムショーと言われるだけあって、展示車のレベルは高い。中央ホールの奥に一際大きなブースを構える自動車界の巨人メルセデス・ベンツ。近年の展示ではそれほどインパクトの大きなリリ...

  
9755

ディーゼル車の誘惑

臭くて、煩くて、振動が多い割には、車両価格が高いなど、ネガティブなイメージが先行していたディーゼル。だからこそ自動車を趣味とするような本誌読者にとって、ディーゼルエンジン搭載車はどちらかといえば最も遠い存在だろう。text:橋本洋平 [aheadアーカイブス vol.187 20...

  
1656

日産リーフがもたらしたもの

「電気自動車に乗る時はね、いつもエンプティーランプが点灯しているような気分になる。だって、『今ここで充電がなくなったらどうしよう』って、そのことばっかり気になっちゃうもんだから、常に充電残量をチェックして、ドライブを純粋に楽しめない。クルマ好きにとって、そしてドライブ好きにとって...

  
1497

欧州車って何だ。

「ヨーロッパのクルマは素晴らしい」「欧州車は日本車に比べて個性的だ」「日本の自動車メーカーは欧州メーカーを見習うべきだ」など、日本の自動車事情を語るときに必ず欧州車が出てくる。欧州車は日本車に比べて何が良いのか。欧州車は本当に日本のクルマより素晴らしいのか。欧州に50年以上在住す...

  
2347

もう少し、夏

「夏はただ単なる季節ではない。それは心の状態だ。」これは、片岡義男の小説「彼のオートバイ彼女の島」のハードカバー版の表紙と「限りなき夏1」のあとがきに記されていた言葉だ。たしかに以前は、夏が近づくと心がざわめき立っていた。しかしいつの頃からか、夏という季節に気持ちが慣れてしまって...

  
3427

東京クルマ探訪 春休みに行きたいクルマのある場所

自分が乗っているクルマ、街で見掛けるクルマ。それ以外のクルマを見たり、触ったり、乗ったりできる場所ってないの?そんなふうに思ったことはありませんか。ユニークで、楽しくて、夢がある。そんな施設をご紹介します。春休みに是非、ご家族で足を運んでみてください。text: 村上智子 pho...

  
437

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.85 クルマ選びの正義

購入したユーザーへのお詫び金や日産、ディーラー、部品メーカーへの損失補償、企業イメージ低下による販売減少など、燃費不正問題にまつわり三菱が算出した損失は2000億円。今後の状況次第ではさらに膨らむ可能性もある。カタログ燃費を偽ったことに対し彼らが支払った代償はあまりに大きい。te...

  
2552

新時代のメルセデスベンツ

クルマに詳しくない人でも、ほとんどの人が知っている「スリーポインテッドスター」。そう、メルセデスベンツのエンブレムです。 そんなメルセデスのイメージと言えば、「高級」「エラソウ」「怖そう」…etc。残念なことに、まだまだ身近な存在に感じられないという人の方が、多いのでは?text...

  
465

埋もれちゃいけない名車たち VOL.6 感銘を与えた小さなベンツ「MERCEDES-BENZ 190...

日本に上陸して半年少々の2代目Bクラスが概ね好評で、間もなく導入となる3代目Aクラスに至っては前評判のあまりの高さにちょっとした驚きすら覚える、昨今の小さなメルセデス・ベンツ達。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.122 2013年1月号]

  
3136

車好きにはたまらない!? 自動車メーカーが運営するカフェ

ディーラーに行くのはクルマを購入するとき、またはメンテナンスや車検のときというのが、これまでの常識でした。しかしこれからは、ブラッとお茶しに行くのが定番!? になるかもしれませんよ。

  
11230

1週間無料でメルセデス・ベンツに乗れる!? どんなサービス?

2018年1月19日、メルセデス・ベンツ日本は新車オーナーの限定サービスとして『Share car Plus(シェアカー・プラス)』を発表しました。メルセデス・ベンツの新車オーナーであれば、週末を含む約1周間の間、希望するメルセデスの車両を貸し出してくれるというのです。

  
5839

SPECIAL ISSUE GLOBAL

これまで世界的な規模のことをインターナショナルと呼んでいたが、最近ではグローバルという言葉の方が多く聞かれるようになってきた。インターナショナルは、国と国の結び付きやその国の特色に合わせた展開を慮っているのに対して、グローバルは、世界全体をひとつとして考えるときによく使われている...

  
2735

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.98 踊らされることなかれ

このところ目に付くEVに関する話題だが、大手メディアの記事でも事実誤認があったり、誤解を招くような書き方になってたりすることが多い。たとえばフランスとイギリスが「2040年にガソリン車とディーゼル車の販売禁止を決定」という話題。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol...

  
3598

レクサスやGT-Rなどに標準装着!ランフラットタイヤのメリット・デメリット

1本あたりハガキサイズ×4本分の設置面積で車重を支えているタイヤは、クルマとってなくてはならない部品のひとつ。パンクしただけでも、その車は走行できなくなってしまいます。そこで考え出されたものが、ランフラットタイヤです。

  
27996

【全文書き起こし】F1エンジン搭載で1000馬力!まさに猛獣なメルセデスAMG Project ON...

東京モーターショー2017、メルセデスのプレスカンファレンスの最後、メルセデスAMGから、F1エンジンを搭載したメルセデスAMG Project ONEが登場しました。メルセデスAMGの「ドライビングパフォーマンス」の未来の姿とは…。

  
7296

【全文書き起こし】電動モビリティのための新ブランド「EQ」を発表!メルセデス・ベンツ1/3

メルセデスブースでは、メルセデス・ベンツ、スマート、AMGと続いてプレスカンファレンスが行われました。ここではまず、メルセデス・ベンツのカンファレンスをみていきましょう。

  
2681
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives