「MT車」の検索結果(142件)

記事

世界で3000台限定生産のマツダロードスター30周年記念車が日本初公開!

ロードスターの30周年を記念する4代目ロードスターに、30周年記念車が登場しました。2018年2月にシカゴオートショーでワールドプレミアをしましたが、右ハンドル仕様は今回が初お披露目。朝焼けをイメージしたというビビットな「レーシングオレンジ」カラーという特別色で、ソフトトップの「...

  
1729

クラッチスタートシステムって何かご存知ですか?

いま日本で販売されている新車のほとんどはATだ。運転免許にもAT限定があり、MT車を運転したことがないというドライバーも多い。つまり、MTの運転操作で肝となるクラッチペダルを見たことがない、久しく踏んでいないというドライバーが多数派ではないだろうか。とくに、ずいぶん前に運転免許を...

  
39162

日産のコンパクトカーノートe-POWER NISMOとNISMO S【外装・エクステリアの違いは?】

日産の人気ハイブリッド車のノートe-POWERをベースにしたスポーツモデルNISMO(ニスモ)が、2016年12月に新発売されましたね。今回新発売されたノートe-POWER NISMO(NOTE e-POWER NISMO)は、ハイブリッド車のe-POWERをベースにしたベースに...

  
557

予算感500万円でねらえる輸入スポーツカー5選

輸入車のスポーツカーというと、1000万円以上もするスーパースポーツを思い浮かべてしまいがちだが、ホットハッチなどと呼ばれるスポーティなモデルも昔から存在している。比較的手ごろな200万円台のホットハッチから最新のマッスルカーまで、500万円の予算感で購入できる輸入スポーツカーを...

  
30275

新社会人にアドバイス!営業車での運転で気をつけることとは?

自分のクルマでも営業車でも初めて運転する際は、慣れが必要なのは同じで、慣れてからの油断も大敵だ。今回の編集部からのお題は、「新社会人が営業車を運転する際に気をつけること」だが、営業車ならではの注意点はあるのだろうか。文・塚田勝弘

  
9543

スバルレガシィB4や三菱エクリプスクロスなど…実力はあるのに惜しくも不遇の名車5選

「不遇」とは才能や能力は高いのに世間的に認められていない状態を指す言葉。クルマにとって世の中に認められていないことを、売れていないと仮定して、現在の販売ランキングでは下位に沈んでいるクルマの中から、素性の良いモデルをピックアップしてみよう。文・山本晋也

  
22477

SUVで燃費がいい車はどれ?トップ10

街乗りしやすいコンパクトサイズから道なき道を突き進む本格的なオフローダーまで、いまやSUVは百花繚乱の時代に突入しています。ヨーロッパの自動車メーカーに端を発したSUVブームは日本にも飛び火し、現在では国産メーカーからも続々とSUVモデルが市場へ投入されています。そんなSUVです...

  
16982

シフトレバーが2つ!? トランスファーレバーがある車5選

皆さんは4WDの車両に乗り込み、センターコンソールを見た際に「シフトレバーが2つある!」と驚いたことはありませんか?それは「トランスファーレバー」と呼ばれるもので、4輪駆動車の中でも、林道や未舗装路を走行するユーザーが多いクロスカントリー車の、パートタイム4WD車を中心に装備され...

  
23392

最近注目される125ccのストファイ

通勤快速や都内最速...などと例えられることのある125ccのバイク。いわゆる原付2種と呼ばれ、小型限定普通二輪免許で乗ることができるバイクなのだが、最近この125ccクラスのラインアップが豊富になってきている。text:サトウマキ  photo:長谷川徹(...

  
32844

少数派のマニュアル車、どんなところが魅力なの?

マニュアルトランスミッション(MT)を積んだ新型車が、ほぼ壊滅的な状況にとなっている現在の日本国内市場ですが、みなさんはMT車にどのようなイメージを持たれていますか?運転支援システムが搭載され、さらには自動運転社会も見えてきているなか、あえてMT車を選ぶ理由は、どんなところにある...

  
12358

運転中にブレーキが効かなくなった!万が一に役立つテクニック

運転中に突然、「ブレーキが効かない!」なんてことが起きたら…想像するだけでもゾッとしますよね。実際、ブレーキが効かなくなったことで起きた事故は、年間数十件ほど発生しており、いつ自分の身に起きないとも限りません。そこで今回は、万が一のために知っておくべき、運転中にブレーキが効かなく...

  
8246

スムーズな発進、変速ができるマニュアル車の運転の基本「半クラッチ」とは?

「半クラッチ」は、マニュアル(MT)車を運転する際に、習得しなければならない基本操作のひとつです。クラッチ操作が苦手というドライバーは、この半クラッチを上手に使えていないことが多く、特に上りの坂道発進は恐怖でしかないと言います。その理由は、頭でクラッチの構造を理解していないからな...

  
4538

スカイライン、スープラ…昔はMTがあったのに、今ではなくなってしまった車たち

AT車の普及が進み、各種AT車の性能も劇的に向上していることもあり、ここ20年ほどMT車は少数派となっている。しかし「だからこそ」というのもあるのか、このところわざわざMT車を設定するというメーカーや車種もほんの少しではあるが増えている。その反面、「昔はMTがあったのに、今ではな...

  
3645

キャリイ、ハイゼット、アクティ。似ているようで違う、軽トラック3車種

農作業から宅配便、さらには移動販売など、さまざまなシーンで活躍する軽トラック。現在、新車で販売されているのは、スズキ キャリイ、ダイハツ ハイゼット、ホンダ アクティの3車種です(※この他のメーカーはOEMとなります)。今回は、これら3車種の特徴のいくつかを項目別に比較していきま...

  
5835

SPECIAL ISSUE LIFE

「LIFE」は意味深な言葉である。文脈によって、生活とも、人生とも、生命とも訳される。クルマやバイクを愛する人たちにとって、それらは生活とともにあり、人生を彩り、生命に活気を与えてくれるものである。100人の人がいれば、そこには100とおりのLIFEがある。3つのLIFEをご紹介...

  
213

なぜバスやトラックにはMT車が多いのか?

街を走る乗用車は9割以上がAT車なのに対し、バスやトラックでは、まだまだMT車が多く走っています。一部ではセミオートマやATのバスなども出てきていますが、まだまだMT車が主流。どうしてバスやトラックでは、いまだにMT車が選ばれるのでしょうか?文・赤井福

  
23118

パーキングブレーキが凍る!? 寒冷地での駐車時に注意すべきこと

スキーやスノーボード、温泉など、冬場のレジャー敷設や宿泊施設の駐車場はほぼ屋外です。つまり、そこでは愛車も雨ざらしということ。最悪の場合は、朝起きたら車が雪に埋もれて、倍ほどのシルエットになっていた!ということもあります。そんな駐車場で、注意すべきこととは?文・CarMe編集部

  
27172

バック時に鳴る「ピーッピーッ」という音。鳴らない車があるのはなぜ?

運転をしていて「今日はバックをしなかった」という日は、ありませんよね。バックする際、国産車の多くはシフトをリバースに入れると”ピーッピーッ”という警告音が鳴りますが、なかには鳴らない車も存在します。特に輸入車の多くは鳴りません。これはなぜなのでしょうか。今回は、バック警告音の実態...

  
7735

期間は?費用は?AT免許をMT免許にする方法

平成29年に第一種普通自動車免許を取得した人は121万5,077人、そのうちの73万8,024人、つまりおおよそ60%以上の人がAT免許を選んでいます。しかし仕事の関係で、急遽、MT車を運転する必要が出てくることがあるかもしれません。そんなとき、普通自動車免許のAT限定を外して、...

  
8756

シエクルのミニコンα&レスポンスジェットを新型ジムニーで試す!

今年の7月に発売されてから大人気となり、一時は1年以上の納車待ちとも言われた新型ジムニー。先代モデルと比べると、オフロード性能はキープしつつもより乗用車的な乗り味となり「これなら普段使いにもイケる!」と思って購入した方も多いのではないでしょうか。しかし、実際に購入して乗ってみると...

  
3922
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives