「MT車」の検索結果(56件)

記事

アバルト124スパイダー、マツダ ロードスターがベースだけど全く違う!?

伝統のモデル復活となったアバルト124スパイダー。前回の記事では、そのベースがマツダ ロードスターであることや、パワーユニットなどの違いを紹介しましたが、まだまだ細かいこだわりや違いがあります。そこで今回は、両車比較の第2弾をお届けします。

  
7985

スポーツドライビングの基本!? ヒール&トゥは何のためにするのか?

最近、めっきりその台数が減ってしまったマニュアルトランスミッション(MT)車。ひと昔前までは、免許制度上でもMTでしか免許が取得出来ず、ATの技術がまだ未熟であったため、多くのMT車が巷に溢れていました。その時代には盛んに聞こえた「ヒール&トゥ」。さて、これはいったい何でしょう?

  
21469

あなたは何台知っている?日本でも買えた風変わりすぎる車達

街を行き交う車たちを見ていると、時々ハッ!とするような車を見かけて、思わず振り返ることはありませんか?それがカッコイイ車の時もあれば、何か変わったカタチということも。特殊なカスタマイズカーもありますが、ノーマルで十分変わってる車もあります。今回は、そんな一風変わった車たちを紹介し...

  
15953

260馬力ぐらいがほどよい?独身の走り好きが買うべき車5選

クルマで走るのが好き、そして独身…となるとおそらくスポーツモデルを選ぶ可能性が高いのではないでしょうか。しかも程よいパワーで使い切れるようなモデルが良い…なんて場合はどんなクルマを選べばよいのでしょうか?

  
17034

MがATではなくDCTを採用する理由って?

「M」モデルのハイパフォーマンスな走りを楽しむのに、重要な役割を果たしているのがトランスミッション。「M」はFRのクルマには「M DCT Drivelogic」と呼ばれるDCTを採用しています。MTのダイレクトさと効率の良さと、ATのイージーさを両立するシステムとして知られている...

  
11745

大排気量NA車、MT車など…今後、絶滅危惧種になりそうな車とは?

現在は自動車のエンジニアリングは過渡期にあると言えます。動力源がエンジンから、電気モーターへ、安全装置がパッシブ、アクティブへと変わり、さらに自動化しつつあります。最新技術を採用する一方、時代のニーズに合わなくなってきた技術なども存在します。どのような技術の絶滅が危惧されるのでし...

  
13499

昭和生まれには当然?…平成生まれはなぜタイヤ・オイル交換、MT運転ができないの!?

昭和生まれならタイヤ交換やオイル交換、MTの運転ができて当たり前と思い込んでいる人がいるようです。もちろん本物の昭和生まれからすれば、ありえない話なのでご安心ください。

  
3428

ブレーキパッドの交換時期を知っていますか?

一般的にパッドは3〜4万キロ、ディスクローターはその倍ぐらいで交換時期になると言われています。AT車やMT車による運転方法の違いや、車両の重さなどによってブレーキの負担は異なることと思いますが、果たして本当なのでしょうか?【Sponsored by KTS】

  
13674

最安49万円!? ダイハツ コペンの中古車市場・新型情報まとめ

2014年に2代目が登場した事で旧型となった初代L880Kコペン。いま、2002年から2012年まで作られていた初代モデルが中古でかなりお手頃な価格になっています。(※価格は2015年5月時点)

  
23320

FD3S型RX-7の各型はそれぞれ何が違うのか?

クルマというものは日本車だと量販車なら平均すると4年程度でモデルチェンジ、あるいはビッグマイナーチェンジを行う事が多いのですが、スポーツカーなどはどちらかと言えば長く作られる方で、その中で頻繁な改良を受けるクルマもあります。マツダのFD3S型RX-7もその1台です。

  
46851

欧州ではMTが当たり前、なぜ日本ではATが主流になってしまったのか?

日本やアメリカではATが主流だけど、ヨーロッパではずっとMTが主流、とは昔からよく言われる話です。果たして現在でもそうなのでしょうか?そして同じようなクラスのクルマが走っている日本では、なぜATが主流になったのでしょうか?

  
20912

ホンダ S660をとにかく早く手に入れるには?新車価格と納車状況を調査!

S660は2015年4月の発売以来、納車までに数か月かかる状況が続いています。車自体の人気が高く注文が殺到しているという理由ももちろんありますが、手作業で仕上げられる部分も多いため、1日の生産台数が50台以下(これでも当初よりは増えています)に限られているからです。

  
6319

インプレッサスポーツの燃費・中古価格|新型インプレッサスポーツも遂に登場!

ハッチバックモデルとして使い勝手の良さから好評を博している「インプレッサ スポーツ」。さまざなグレードが用意されておりますが、マストバイと言えるグレードは果たしてどれなのでしょうか?

  
30818

AT車の「クリープ現象」はなぜ起きるのか?そのメリット・デメリット

AT車での”クリープ現象"。何気なく運転していて、気になるものではありません。しかし、アクセルを離しているのになぜ動くのか…不思議な現象かと思います。場合によっては思わぬ事故を誘発することもあります。今回はそんなクリープ現象について紹介したいと思います。

  
31428

なぜトルクコンバータ式AT車は「滑る」と言われたのか?「ロックアップ機構」とは?

日本で登録されている乗用車のほとんどがAT車です。セミオートマチックやDCTなど、その種類も非常に増えています。その中でも、最もクラッシックなトルクコンバータ式AT車に搭載されている、ロックアップ機構について解説します。

  
23457

今ではほとんど同じ車!? かつてプロボックスとサクシードは何が違ったのか?

今や日産のADバンと共に、日本では数少ないライトバンの生き残りとなったプロボックスとサクシードですが、かつてはフルラインナップメーカーのトヨタらしくさまざまなライトバンがありました。その流れでプロボックスとサクシードも、かつてはそれなりに違いがあったのです。

  
43511

レーシングドライバーのペダルワークは何が凄いのか?

F1に代表されるモータースポーツシーンにおいて、現在ではパドルシフトによるギアチェンジが当たり前ですが、20年以上前まではコンベンショナルなクラッチワークが必要でした。競技ともなればそのテクニックは卓越されたもの。力技ではなく、意外と大人しくも見えるのは理由があるのです。

  
22717

なぜクラッチの「遊び」が少なくなるのか?クラッチの摩耗との関係は?

クラッチの遊びは、油圧式では調整不要なものの、ワイヤー式では常に調整する必要があるほどのメンテナンス対象です。クラッチ部品の摩耗とも密接な関係があるので、遊び量が変化してきた時には、この記事をメンテナンスの参考にしてください。

  
22938

CVTでの頻繁なシフトチェンジは良くないというのは本当か?

歴史が浅いせいか、今ひとつ信頼性に疑問を持たれつつも、燃費向上のためには必須アイテムとして軽自動車や小排気量車で多用されているCVT。昔ながらの多段式AT(ステップAT)でも「頻繁なシフトチェンジはよくない」と言われていましたが、今またCVTでも同じ事が言われています。実際のとこ...

  
33969

1年以上動かしていない車を動かすときに注意すべきこととは?

何かの事情があって、車を長時間動かさずに放置してしまう事があります。最近の日本車はそれくらいでは問題なく走り、それこそ信頼性という人もいますが、本当に久々にエンジン始動して走る事ができるのか、どんな事に注意すればいいのか解説します。

  
24697