「MT」の検索結果(297件)

記事

かつて国産最速セダンと言われた車!トヨタ アリストって?

1991年に登場したトヨタ アリストは、クラウンが弱かった若者層に向けたモデルで、日本国外では、レクサスブランドからGSとして販売されたモデルです。当時、スープラと同じトヨタ最強の直6 3.0Lツインターボエンジンを搭載したアリストとは、どのようなモデルだったのでしょうか?

  
15400

新型スイフトスポーツとヴィッツGRMN、買うならどっち?

スズキ スイフトスポーツ、トヨタ ヴィッツGRなど、国内のスポーツコンパクト市場も活気が出てきました。さらにヴィッツには、まだ国内デビューしていないGRMNという隠し玉もあります。スイフトスポーツとヴィッツGRMN、どちらが買いなのでしょうか?

  
8126

レクサスLFAやインプレッサ22Bなど…国産車のユニークな限定生産車4選

限定品と聞くと、後先考えずに飛びついてしまう方がいると思います。自動車の場合、限定品(限定車)の多くは、後々付加価値がついて価格が高騰することがあり、近年は投機対象として購入するオーナーも少なくありません。今回は、国産メーカーのちょっとマニアックな限定車を紹介していきましょう。

  
6059

片手運転ってどこからアウト?取り締まりの対象ケースとは?

車の運転の基本として、教習所では両手でハンドルを握るよう教わってきました。しかし一般道に出てみれば、アームレストに肘を置く、窓の外に腕をたらすなど、ゆるいスタイルで運転しているドライバーも少なからず見受けられます。片手運転で違反というのはあまり聞いたことがありませんが、取り締まり...

  
5672

パーキングブレーキのレバータイプ、なぜ減ってきたの?

自動車の機械的なブレーキは、フットブレーキとパーキングブレーキの2種類です。フットブレーキは運転時に、パーキングブレーキは駐車時に使用します。パーキングブレーキはサイドブレーキとも呼ばれていましたが、最近、サイドブレーキを見なくなりました。その理由はなんでしょう?

  
28795

600馬力超え!世界最速セダンとなったスバル WRX STIってどんな車?

スバル WRX STIが、ドイツのニュルブルクリンクサーキット旧コースで、6分57秒5というタイムをマークし、4ドアセダン最速の称号を手に入れました。このタイムは、ポルシェ918スパイダーにも匹敵するタイムです。はたして、どんなチューニングがなされたWRXなのでしょうか?

  
9033

じつはガルウイングドアを持っていたトヨタ車。セラって、どんな車?

自他ともに認める「80点主義」でクルマを作ってきたトヨタにも、時々これはどうしたのかと目を見張りたくなるようなクルマが登場することがあります。そんなトヨタらしからぬクルマの代表といえば、このセラをおいて他にはありません。

  
3925

「◯◯でお願いします」で半額に!? 修理代を安くしてる人が使ってるフレーズとは?

1台の車を長く乗っていると、さまざまな不具合が出てきます。特に、10万km、20万km乗り続けると、エンジンやミッションといった大きなパーツの修理や交換すべき機会も増えてきます。その修理代は時に50万円以上になることも!修理代が安くなる方法は、ないものでしょうか?

  
13488

これからの時代、MT免許は必要なの?

現代の車はほとんどがATで、わずらわしいクラッチ操作がないため運転が非常に楽です。エンストなんていうこともまず起きません。確かに3ペダルのMTは少なくなっていますが、2ペダルMTというものを近年よく聞くようになってきました。MTとなるとMT免許が必要なの?と思ってしまいますが、今...

  
8608

なぜATが多段化されるのか?どのようなメリットがある?

AT車といえば「L⇒2⇒D+OD付4速」が乗用車の主流でしたが、近年は5速AT、6速ATといった「多段式AT」が増えてきました。多段式ATは高級車のイメージが強いのですが、搭載することでどんなメリットがあるのでしょうか?

  
4533

3速AT、エアコン効かない…旧車オーナーにしかわからないあるある5選

昨今、旧車人気が高まっています。みなさんのなかにも「あの頃の憧れの車」を手にしたいという方、多いのではないでしょうか。しかし旧車ゆえに、いいことばかりではないようです…。

  
8895

名作ジブリ映画『崖の上のポニョ』のリサカーのモデルはなに?

名作ジブリ映画『崖の上のポニョ』は、主人公・宗介の母であるリサが乗っている車「リサカー」が、ものすごいドラテクで海辺のワインディングロードを駆け抜けるシーンは印象的。ネットでもちょっとした話題になっています。では、そのリサカーのモデルになった車は?一部では、三菱 ミニカトッポ(初...

  
3504

待ちくたびれたよ!間もなく、新型ジムニー登場!どのような車に?

1970年の発売から、小さなボディと卓越した悪路走破性を持ち、ヘビーデューティーで信頼できるスズキ ジムニー。日本の4×4として世界に広く愛されているモデルでもあります。そんなジムニー、ついに待望の4代目が今秋の東京モーターショーで登場するとの噂です。どんな車になるのでしょうか?

  
6713

500馬力クラス、約1,300万円!TVRのグリフィスってどんな車?

イギリスのスポーツカーメーカー、TVRの歴史は古く創業1947年。その後、紆余曲折を経て現在はイギリス人オーナーのもとで復活を図っています。その第1段として発表されたモデルがグリフィスです。新しいグリフィスは、2018年より生産開始、2019年よりデリバリーとのこと。新世代のグリ...

  
3387

ホンダ、新型CR-Vを発表!ハイブリッドとなったその内容は?

ホンダのSUVいえば、近年はコンパクトクラスのヴェゼルがすっかり定着していますが、CR-Vも同社SUVのなかでは重要なポジションを担う存在です。国内ニーズの変化により、2016年夏に販売を終了していましたが、次期型の情報がホンダから正式に発表されました。今度は、ハイブリッドモデル...

  
6153

MTでもエンストしない?トヨタの「iMT」ってなに?

MT車には、ギアとエンジン回転数をシンクロさせて、変速ショックを抑え素早くシフトチェンジを行うテクニックが必要です。しかし、そんな技術も過去の遺物となりそうなMTが、トヨタから発売されていました。

  
11596

GTO、スープラ、Z…かつて3.0リッターエンジンを搭載していた国産スポーツカー達!

最近の国産スポーツカーは、3.7Lとか5.0Lといった大排気量だったり、価格が1,000万オーバーだったり、庶民にはとても手が届かないところに行ってしまいましたが、かつては3.0Lで400万円台というスポーツカーが多くありました。そこで、3.0Lの国産スポーツカーという観点から、...

  
11211

ヒルスタートアシストは必要?そのメリットとデメリット

AT限定免許がなかったころ、自動車教習所での最難関ポイントといえば、縦列駐車と坂道発進でした。その坂道発進をスムーズかつ安全にできるよう採用されている装備が、ヒルスタートアシストです。坂道発進が苦手なドライバーにはありがたい装置ですが、一部のMTドライバーからは邪魔もの扱いされる...

  
8350

男の憧れ!歴代ボンドカーをまとめてみました。

独特のダンディズムを体現した007シリーズのジェームズ・ボンド。登場する美女やクルマも魅力的な作品です。今回は、歴代のボンドカーをチェックしていきましょう。

  
3713

旧型NSXの維持費は?高い?安い?

現行型NSXは、ベースモデルで2,370万円。対して初代NSXはⅠ型なら、中古相場で500万円前後から見つけることができます。また、大きく現代的になった現行型よりも、ホンダらしい思想の旧型には、価格以上の魅力があります。はたして、購入後の維持費はいくらぐらいなのでしょう?

  
7889