「M6」の検索結果(41件)

記事

いい大人が乗ってもさまになる HONDA CRF250RALLY

このバイクはいわば「ラリー・レプリカ」である。2013年にダカールラリーに復帰したホンダのファクトリーチーム、HRCのCRF450ラリーのスタイリングをできるだけ忠実に再現し、250㏄というリーズナブルな排気量クラスで商品化した。写真で見るより実物はずっとカッコいい。text:春...

  
1218

オートバックス、東京オートサロン2019でNSX GT3 Evoをアンベール!

東京オートサロン2019のオートバックスブースは、ARTAに関する展示や販売が多かった。昨シーズン「さらなる高みを目指し」レーシングスポーツブランドへイメージを刷新したARTAのグッズや気になる2019年にチーム体制を紹介しよう。文/写・栗原祥光

  
1291

オートバックスブースのNSX GT3 Evo、ARTAグッズやチーム体制発表…東京オートサロン201...

東京オートサロン2019のオートバックスブースは、ARTAに関する展示や販売が多かった。昨シーズン「さらなる高みを目指し」レーシングスポーツブランドへイメージを刷新したARTAのグッズや気になる2019年にチーム体制を紹介しよう。文/写・栗原祥光

  
9094

DREAM パリダカの幻影を追う モロッコ、サハラ、アフリカツインの旅

第2回 AFRICA TWIN EPIC TOUR 2018年5月13〜19日 モロッコ王国text:春木久史 photo:Francesc Montero Photography [aheadアーカイブス vol.190 2018年9月号]

  
506

モタスポ見聞録 Vol.11 タフさを取り戻すダカール

5年ぶりにペルーでのステージが復活。ルートの概略が発表された段階で、各チームとも今年は特に前半と後半で難易度の高いステージが連続すると予想した。が、実際の難易度は予想を大きく超えた。text:春木久史 photo:日野自動車 [aheadアーカイブス vol.183 2018年2...

  
792

BMWの誇る超レアなスーパーカー、M1とはどんな車だったのか

BMWのモータースポーツ関連の事業を行うM社が手がけた市販モデルは、通常、Mの文字とシリーズを表す数字が組み合わせられています。例えば、M3は3シリーズがベースで、M6は6シリーズがベースとなります。しかし、かつてその法則から外れたネーミングを持つ、M1というスーパーカーが存在し...

  
7953

絶滅へのカウントダウンが始まっている!? V10エンジン搭載車

片バンク5気筒のV型10気筒レイアウトは、V12に比べてバランスが悪く、多くのメーカーが敬遠してきたエンジンですが、1986年にアルファロメオがF1に投入。その後、ホンダやルノーが採用し、2000年以降はF1エンジンがV10に統一されたことで、一躍注目されるようになりました。しか...

  
15739

オートバイの未来を考える S1000RR vs V-Strom650ABS

今年から国内販売されたということを除けば、ジャンルや排気量、価格帯までもが異なるこの2台のバイクを“VS”と括るのは、いささか無理があるように思えるだろう。text:神尾 成 [aheadアーカイブス vol.113 2012年4月号]

  
663

日本の誇れる企業 vol.2 株式会社アライヘルメット

F1ドライバー、MotoGPレーサー。時速300kmという世界で闘う彼らの多くが「指名」するメーカー、それがアライヘルメットである。プロが被るヘルメットの品質はそのまま、市販品にも適用されている。「一度被ったら手放せない」。一流選手をそう言わしめる製品の秘密はどこにあるのだろうか...

  
1280

忘れられないこの1台 vol.41 YAMAHA XT250T

免許を取ってすぐに購入したのはヤマハのXT250T、もちろん新車だ。バイク屋のおじさんも「本当のバイク好きはオフロードがいいんだ。これならどこだって走れる」と言ってくれた。text:春木久史 [aheadアーカイブス vol.119 2012年10月号]

  
2044

日本人の挑戦はまだ終わっていない ダカール・ラリー2014

南米ダカールの6年目である。2008年、テロの危険により中止。ラリーが全面中止となるのは、この時が初めてであり、ダカールが経験した最大の危機であったことは間違いない。しかしその危機は、重要なブレイクスルーの機会となった。text:春木久史  [aheadアーカイ...

  
490

市場の半額で買える!?「金融車」とは、いったいどんな車?

ネットオークションなどで、市場価格よりもかなり安く販売されているクルマを見かけることがまれにあるかと思います。その詳細を見ると”金融車”とか”金融流れ”等々記載されていますが、「金融車」とはいったいどんなクルマを言うのでしょうか?また、価格が安い代わりに、どんなデメリットがあるの...

  
29051

【東京オートサロン2018】ファルケン、新世代フラッグシップタイヤなど"常識を破る"タイヤを展示

エメラルドグリーンとブルーのおなじみファルケンカラーのブースは黒や赤が目立つオートサロンの各ブースの中では一線を画すカラーで目立っていました。

  
4594

V12、W16、H16…エンジンの気筒数が多いほど、車の性能は上がるのか?

超高級車やスーパーカーには、多気筒エンジンが搭載されています。エンジンの気筒数が多いほど、車の性能は上がるのでしょうか?

  
34722

SUPER GTで絶対的な信頼を集めるBBS鍛造ホイール ドライバー・チーム監督の評価は?

BBS鍛造ホイールの高い性能は、F1をはじめとしたモータースポーツの現場で証明されてきました。最初の挑戦は、1991年。フェラーリF1へのマグネシウム鍛造ホイール供給でした。このBBSホイールを装着したフェラーリF1は、1992年から2011年までの間に、8度のコンストラクターズ...

  
10078

トヨタMRJ、マツダRX-01…かつて発売が熱望された東京モーターショーの出展車6選

華やかな参考出品車と美しいコンパニオン…。モーターショーは新しい技術やデザインコンセプトを提示し、メーカーの今後を示すとともに広くユーザーの反応を見る場でもあります。そこで、発売を期待されたものの、幻に終わったコンセプトカーを紹介しましょう。

  
20000

【車好きインプレ】文句のつけようがない出来!? 新型Eクラス ステーションワゴン E220dの走り

新型ディーゼルエンジン(OM654型)を搭載したメルセデス・ベンツ E220dは、2016年にラインナップに追加されたモデルです。ヨーロッパを中心に広がり、日本でも市民権を獲得しつつあるディーゼルエンジンを、メルセデス・ベンツが手掛けるとどうなるのか。果たしてどんな走りをするので...

  
7983

航続距離が長いEV車ランキング TOP7

2017年に入り、手頃な価格と実用に耐える航続距離を持つEVモデルが発表されてきています。そろそろEVが現実的な選択肢…となってきたのは紛れもない事実ではないでしょうか。今回はEVの弱点でもあった「航続距離」そのTOP7を紹介します。(2017年4月時点)

  
58575

全幅1,900mm超えのシボレー カマロ。日本で最適な全幅はいくつ?

シボレー カマロをはじめ、アメリカ車の多くは全幅1,900mmを超えています。また日本で人気の輸入SUV、ボルボ XC90やBMW X5なども全幅1,900mm超がほとんど。なかには、2メートルを超える輸入車も少なくありません。このような幅広な車を日本で使用するのはいかがなもので...

  
37889

ポルシェやGT-Rなどにある"GT3"とはどういった意味?

スポーツモデルをチェックしていくと、グレード名に「GT3」とつく車種が散見されます。GTというワードはスポーツモデルによくありますが、このGT3とは何を意味しているのでしょうか…?

  
76560
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives