「M3」の検索結果(117件)

記事

7人乗りの荷室サイズはどのくらい?エスティマのラゲッジを徹底解説

2016年6月にトヨタの高級ミニバンエスティマ(ESTIMA)がビッグマイナーチェンジをして、発売されましたね。今回のモデルチェンジでグレード設定はアエラスのみに…。また、外装・内装ともにデザインが大幅に改良されました。このように外装・内装のデザインは大幅に変わったエスティマです...

  
17872

BMWが3シリーズのラインアップを拡充

クリーン・ディーゼル・エンジン搭載車を発売しました

  
1144

C27型セレナの荷室寸法【3列目収納時のラゲッジサイズが欠点?】

日産のセレナ(SERENA)がフルモデルチェンジをして、5代目に生まれ変わりました。C27型 セレナ(SERENA)は自動運転技術“プロパイロット機能”に注目が集まっていますが、ガラスエリアのみを開閉できるデュアルバックドアを採用した荷室も注目ポイントの一つ。デュアルバックドアを...

  
7749

三菱 新型eKワゴン/eKクロスを速攻チェック!約6年ぶりにフルモデルチェンジを果たしたその内容は?...

三菱自動車は、三菱自動車初となる高速道路同一車線運転支援「MI-PILOT」(マイパイロット)を搭載したハイトワゴンタイプの軽自動車「eK ワゴン」(129万6000円〜150万6600円)を販売開始。併せてハイブリッドシステムを搭載したSUVテイストの「eK X(クロス)」(1...

  
19006

街の景観を変えたヘルメット

アライのオープンフェイスヘルメット、いわゆるジェットヘルメットのSZシリーズがデビューして今年で30年になる。その記念すべき年にSZの後継モデルとして、VZ-Ramがデビューした。text:横田和彦 photo:長谷川徹(ヘルメット) [aheadアーカイブス vol.186 2...

  
531

パラツインへとシフトしたミドルデューク 〜KTM 790 DUKE

毎年、エキサイティングで魅力的なニューモデルを発表するKTM。2018年の話題作は790 DUKEだ。まだ実車は日本に入ってきていないが、すでに発表されている情報を見るだけでも高いスペックや運動性が垣間見え、期待が高まる。text:横田和彦 [aheadアーカイブス vol.18...

  
1439

Rolling 40's VOL.111 水物

最近、今となっては旧車の部類に入るトヨタ・レビン・AE86の改造車に触れる機会があった。久しぶりに見たノスタルジー全開の車種であるが、一番驚いたのはその車体の大きさである。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.181 2017年12月号]

  
1049

BMWの誇る超レアなスーパーカー、M1とはどんな車だったのか

BMWのモータースポーツ関連の事業を行うM社が手がけた市販モデルは、通常、Mの文字とシリーズを表す数字が組み合わせられています。例えば、M3は3シリーズがベースで、M6は6シリーズがベースとなります。しかし、かつてその法則から外れたネーミングを持つ、M1というスーパーカーが存在し...

  
8340

羊の皮をかぶった狼!? 速そうに見えないけど速いクルマ5選

フェラーリやポルシェのような派手な外見は持ち合わせていないけれど、ほんの少しフェンダーが膨らんでいたり、エクステリアやインテリアの意匠がわずかに違っていたりと、ただならぬオーラをまとった特別なセダンやハッチバック。それらは、いつの時代にも存在し「羊の皮をかぶった狼」として、クルマ...

  
19211

BMW M3専用設計の最軽量鍛造アルミホイールはもちろんBBSジャパン製。BBS FI-Rとは?

BBSホイールを選択する理由はさまざまあるでしょう。そのブランドに裏打ちされた信頼性やプレミアム性はもちろんのこと、モータースポーツの世界で鍛え上げられた性能を理由に挙げるユーザーも少なくありません。今回紹介する「FI-R」は、鍛造アルミホイールでありながら、BBSが世界に先駆け...

  
7196

公道を走れるレーシングカー!? "ホモロゲーションモデル"とは?

自動車メーカーが開発する特別な市販車”ホモロゲーションモデル”をご存知でしょうか。レーシングカーのデザインを持ちながらも、公道を走れるまでに落としこんだその市販車は、モータースポーツファンの憧れです。今回は有名なホモロゲーションモデルを紹介していきます。文・立花義人

  
17221

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.72 車内放置の厳罰化

毎年毎年、この季節になると、炎天下の車内に放置された子供が熱中症で死亡する痛ましい事故が起こる。たいていはパチンコ屋の駐車場だが、スーパーやファミレスの駐車場でも起きている。事件の度にテレビや新聞で報道されるのに、なぜかこの種の事故は後を絶たない。汚い言葉を使って申し訳ないが、言...

  
1621

SWITCH! 思考を切り替える

自分自身の思い込みで自分自身を縛ってはいないだろうか。自分自身を取り巻く状況も変化しているのに、これまで通りのやり方で押し通そうとはしていないだろうか。あるいはそういった変化に対して、ただ諦めてしまってはいないだろうか。顔を上げて、周囲を見渡して、ほんの少し考え方を変えてみたら、...

  
1826

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.81 眠る警察官

クイズをひとつ。イギリスで「Sleeping policemen=眠る警察官」と呼ばれているものとはなんでしょう?ヒント1:目的はクルマのスピードを低下させること。ヒント2:欧米の住宅街でよく見かける。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.161 2016年4月号...

  
1792

忘れられないこの1台 vol.36 GSX1100Sカタナ サイドカー

大人から子どもまで、ほとんどの人が存在を知りながら乗ったことのない乗り物の一つがサイドカー。僕にとっても決して近い存在ではなかったが、出会いは突然訪れた。20歳で限定解除を取得しスズキ・カタナに乗りはじめ、その魅力にはまった僕はオーナーズクラブに入会。あちこちのイベントに参加して...

  
2083

今から目指せる甲子園

手のひらサイズの小型RC・京商ミニッツの精密感が好きで机の隅に飾っている。スーパーカーブームで盛り上がっていた少年時代にこんなRCがあったら、間違いなくどっぷりとハマっていたに違いない。誰よりも上手く走らせられるようになりたいと思っただろう。text:横田和彦 [aheadアーカ...

  
656

なぜ私はSUZUKIなのか vol.5 夢のバイクと過ごした日々

空気を切り裂くようなシャープなフロントカウルから丸みを帯びたガソリンタンクへつながる優雅なライン。セパレートハンドルとえぐられたシートによってガソリンタンクを抱えるような姿勢になる過激なポジション設定。車体から大きく左右に張り出すDOHC16バルブの空冷直列4気筒エンジン。スズキ...

  
2215

国内投入された197馬力のプライド 〜SUZUKI 隼〜

スズキのスポーツバイク、「隼(ハヤブサ)」が国内販売されることになった。'99年に初代がデビューして以来、長きに渡り、海外仕様車として生産されてきたこのフラッグシップモデルが、最小限の変更だけで国内販売されるのだ。text:横田和彦 [aheadアーカイブス vol.1...

  
1581

「原型師」という仕事

コンビニで缶コーヒーにオマケが付いていたり、キャラクターが入ったお菓子を見かけることは珍しくない。いわゆる「食玩」だが、今やそのクオリティはかなり高い。造形やカラーリングはリアルで、中には「ここまで再現するか!」と驚嘆してしまうものも。それらオモチャの元を作り出しているのが「原型...

  
458

スペックを超えた250

またがったときにサスペンションが上品な動きをしたので、声が出そうになった。車体がゆったりと前後に動く感触は明らかにひとクラス上のものだったのだ。軽快な反面、時に落ち着きのない挙動を示す250㏄クラスとしては、異例だといってもいい。その瞬間、このバイクが予想以上の走りをしそうだと直...

  
966
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives