「JAF」の検索結果(64件)

記事

GTカーとスポーツカーの違いとは

GTカーとスポーツカーの違いとは、なんでしょうか?違いがわかりにくいのは、どちらも定義があいまいであることに原因があるようで、これは日本だけでなく、世界的にも言えることです。GTカーとスポーツカーの違いについて、それぞれの歴史を紐解きながら考えてみましょう。

  
33995

高速道路でトラブル発生、SOSは携帯と非常電話どっちを使うべき?

自動車のトラブルは、突然発生するものです。もしもあなたが高速道路でトラブルに巻き込まれたり目撃したとき、緊急連絡には携帯電話と非常電話のどちらを使うべきでしょうか。それぞれのメリットとデメリットを考えます。

  
7412

GW、あなたも気をつけて!事故より多い、うっかりミスによるトラブル

自動車を運転しているときに遭遇するトラブルは、誰しもが少なからず経験があると思います。そのトラブルは、交通事故よりも件数は多いのです。小さなトラブルであれば、自分で解決することもできますが、ある程度の知識がないとそうも行きません。そんなとき多くのドライバーがお世話になっているJA...

  
6409

ガラスを割られたら?当て逃げされたら?被害にあった際の対応法

いたずらでタイヤをパンクさせられたり、車上荒らしのためにガラスを割られたり、または当て逃げなど、愛車が思いもよらない被害にあったらどうしたらよいでしょうか?文・加藤久美子

  
4207

「ベビー用品ではないことが 決め手でした」〜タカタを選んだ理由

「いわゆるママ友たちと“あの掃除機がいいらしいよ”といった口コミで盛り上がることはあっても、チャイルドシートが話題になることはまずないですよねぇ」と残念そうに話すのは、桜井裕美さん。かつてはサーキットに通っていたほどのバイク乗りであり、現在は三児の母である裕美さんにとって、チャイ...

  
129

美しすぎるレーシングドライバー塚本奈々美が2018年はラリーに挑戦?過酷な現場で一役買うフロントガラ...

2018年度からTGRラリーチャレンジに参戦する「美しすぎるレーサー」としても知られる塚本奈々美さん。今回は、ラリーの相棒となるトヨタ・86のフロントガラスをクールベールに交換するということで、作業の見学とラリーに対する意気込みをお伺いしてきました!参加の経緯、クールベールの効能...

  
9814

チャイルドシートの「誤装着」をなくす“ISOFIX(アイソフィックス)”

「自分だけは事故に遭わない」 何の根拠もなく、どこかでそう思い込んではいないだろうか。私も多分、そのうちの一人だった。でもラリーの途中、ジムニーで横倒しになったり、サーキットでスピンしたりという経験をするうち、操作を誤れば、クルマは転がるし、ぶつかるものなのだと今は知っている。だ...

  
255

Mazda Women in Motorsport Project 2015

去る3月14日、お台場で開催されたモータースポーツジャパン2015において、"Mazda Women in Motorsport 2015 Project"が発表された。これはレーシングドライバーの井原慶子氏とマツダがタッグを組み、「モータースポーツ界における女性...

  
134

国際免許証があっても運転できない国があるって本当?

クルマ好きなら、一度は海外旅行でドライブしてみたい!と思ったことがあるはず。でも、どんな国でも国際免許証があれば運転できるわけではないことをご存知でしたか?文・吉川賢一--------------------------------------------------------...

  
5053

レンタカーにもチャイルドシート

JAFの「チャイルドシート使用状況全国調査」によると、チャイルドシート使用率は2009年から徐々に上がり、2013年は60.2%になった。これは単に罰則によるものだけでなく、"子どもの安全確保のためには必要だ"という認識が、若いパパママ世代に浸透してきたからだろう...

  
185

おしゃべりなクルマたち Vol.65 若作りとクルマの修理

我が愛車、フィアット・パンダの走行距離、ただ今9万キロ。クルマ作りを職にするダンナに言わせるとこれからが本領発揮の時という。買い替えたいだの新車が欲しいだの言わせないための戦略とわかっていながら、それでも乗るたびに絶好調だなあと私も思う。エンジン音に籠ったところがなく、走りがノッ...

  
319

バンパーを外して走行したら違反なの?

バンパーが外れたままだったり、割れたウインドウをビニールで補修して走っているクルマを、ときおり見かけませんか?あの状態で公道を走るのは、いかがなものかと思いますが、違反にはならないでしょうか?

  
14870

安全そうに見えて一番危険!? 都会でも発生するブラックアイスバーンとは?

2018年の冬は世界各地で寒波に見舞われています。日本も例外ではなく、全国で例年を越える降雪が確認されました。本稿執筆時、東京では大部分の雪が溶けていますが、外気温は10度以下。風が吹けば体感温度は、氷点下以下になることもあります。こんなときに気をつけたいのが、ブラックアイスバー...

  
3866

メディア対抗ロードスター4時間耐久レース ダカールへの道(番外編)

今年もまたその日はやって来た。メディア対抗ロードスター4時間耐久レース(メディア4耐)だ。今年はこのレースが始まって25回目となる記念すべき年でもあり、筑波サーキットには前々日に公開されたばかりの新型ロードスター、NDも展示された。text:ahead編集長・若林葉子 photo...

  
79

スマホ、ビニール傘、車のキーなど、車が水没した時、なにを使えば窓ガラスが割れる?

ここ数年、予期せぬ豪雨で、車が水没したというニュースを耳にする機会が増えました。もしも運転中に、車が水没した場合、まずはウインドウを開けて脱出経路を確保すべきですが、水没でエンジンが停止すると電気系も使えなくなり、パワーウインドウが開かなくなります。その際、ドライバーはどのような...

  
7903

大雪で車が動かなくなった!その場合はどうすればいいの?

都会は雪に弱いと言われますが、2014年2月のように都心部で30cmもの積雪があれば、立ち往生する車がそこかしこで見られるようになります。もしも自分の愛車が大雪で動けなくなったら、どうしたら良いのでしょうか?

  
14407

バッテリーやタイヤなど…年末年始、車で出かける前に確認しておきたいこと

年末年始に車で帰省や旅行を計画している方も多いと思いますが、長距離運転に備えて愛車の点検をしていますか?今回は、誰にでもできる車両チェックを紹介します。

  
3761

モタスポ見聞録 Vol.1 GT3とは何か

世界のレースシーンで「GT3」が活躍の場を広げている。日本も例外ではない。鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドは3月4日、2018年8月から「鈴鹿10時間耐久レース(仮称)」を開催すると発表した。鈴鹿サーキットでは'66年から「鈴鹿1000km」が行われており、&#...

  
615

新雪にご注意を!雪道にはまった時の脱出法

12月に入り、日本各地から降雪の便りが聞こえるようになりました。ウインタースポーツシーズンの到来ですが、同時に雪道走行も不可欠です。走行中、雪道にはまらないために、どういったことに気を付けたらよいのでしょう。

  
24058

後席シートベルト着用率わずか36%!? 義務化されたはずなのに、低い装着率の理由

2008年より装着が義務化された後部座席シートベルトですが、一般道での着用率は2016年時点で36%。前席は、運転席98.5%、助手席94.9%ですから、かなりと低いと言わざるを得ません。なぜ、これほどまで後部座席のシートベルトの着用率が低いのでしょうか。

  
17876
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives