「HID」の検索結果(75件)

記事

忘れられないこの1台 vol.37 スズキ フロンテ・クーペGXCF

'71年にデビューした2代目フロンテ『LC10W』。そのスペシャリティ版が、イタリアの巨匠ジウジアーロがデザインしたフロンテ・クーペである。水冷となった360cc2ストロークエンジンは最強のグレード、GXCFで36馬力を発生する。text:吉田拓生  [aheadアーカ...

  
1061

忘れられないこの1台 vol.34 YAMAHA TRAIL 250 DT1

1984年10月、巨大なピラミッドのそびえ立つ茶褐色に覆われた大地に立っている自分が信じられなかった。エジプトで開催されるファラオラリーを初めて耳にしたのは、左膝の怪我で入院していた病院のベッドの上だった。text:打田 稔 [aheadアーカイブス vol.111 2012年2...

  
748

今新車で買える丸目のSUV5選

乗用車で丸目(丸型ヘッドランプ)を持つクルマは、ほとんどなくなりました。しかし、クラシックなテイストを演出するためや、力強さを表現するために、今も採用する例は少なくありません。今回は、今も新車で買える“丸目のSUV”をいくつか紹介しましょう。文・木谷宗義

  
11039

左右のヘッドライトの向きが違う場合、自分で調整できるの?

都市部では夜間にも関わらずヘッドライトを点けていなかったり、山手トンネル(首都高速道路の中央環状線)内のような長いトンネルでさえも無灯火で走行していたりするクルマを見かける。「ヘッドライトの向き」云々以前の問題といえるドライバーも少なくない。しかし、郊外を走っていると、ヘッドライ...

  
5347

左右の明るさや色が違うヘッドライトって違反じゃないの?

クルマのヘッドライトを注意深く観察してみると、黄色っぽかったり、青白っぽかったり、クルマによってちょっとずつ光に違いがあります。片側のバルブが切れていると明らかな整備不良ですが、左右ともに点灯しているけれど色が違っている場合は、違反にならないのでしょうか?文・吉川賢一

  
4695

ディーゼルという賢い選択

実は我が家には1台、クリーンディーゼル車があります。それは「マツダ CX-5」。発売早々、弟夫婦が購入しました。弟は以前からクルマ好きで、昔は私もクルマを購入する際に弟に相談していたぐらい。しかし、CX-5の購入は弟よりも奥さんの意見だったとか。text:吉田由美 [aheadア...

  
1438

レクサス女子増殖中

実は、つい先日、某自動車雑誌で「イケメン顔のクルマ」というテーマで原稿を書いていました。「5台中、少なくとも2台は国産車を入れなければならない」という条件がありました。その中の1台に私が選んだのが「レクサス RC」。しかしその原稿を書いた直後、クルマの運転中に後ろから来た「レクサ...

  
1794

SPECIAL ISSUE エターナルバリュー

世の中全体がひとつの方向を向いていられる時代ではなくなり、あふれる情報や多様な価値の中から、それぞれが自分なりの価値観を見つけなくてはならなくなった今。私たちはクルマやバイクをどう選び、どう付き合っていけば良いのだろう。text:山下 剛、竹岡 圭、山下敦史、嶋田智之 photo...

  
638

SPECIAL ISSUE クルマに関わる見栄と意地

人にとって見栄を張ることは、ときには必要ではあるが、他人に見せびらかすためだけの見栄ほどみっともないものもない。そのバランスの中に、その人の生き方が現れると言っても言い過ぎではないだろう。特に男性にとって、クルマやバイクと"見栄"の関係は浅からぬものなのである。t...

  
951

SPECIAL ISSUE クラスレスの時代

徹底した階級社会がクラスレスなクルマを生む。カジュアルなはずのSUVにロールス・ロイスやベントレーなどの超高級メーカーが参入する。誠に、人間とは矛盾を孕んだ不思議な生き物だ。吉田拓生氏にはクラシック・ミニの生まれた背景と、ミニが英国社会に与えた影響を、今尾直樹氏にはSUVにプレミ...

  
618

目指せ!カントリージェントルマン VOL.13 2回目がいいところ

サーキットを走るとき、素人が犯しやすいミスがある。早めにブレーキングを終えてしまい、ブレーキペダルの踏力を緩めてしまうのである。けれどレーシングドライバーの友人曰く、ブレーキのタイミングは最初が全てであり、セカンドチャンスはないという。text/photo:吉田拓生 [ahead...

  
351

目指せ!カントリージェントルマン VOL.14 懐かしさに変わる頃

今日も“群サイ”は雨と深い霧に包まれていた。微かに勾配のついたホームストレートの真ん中に立ってみると、今でもやっぱり膝から下の筋肉がしびれたようになって、力が入らなくなる。text/photo:吉田拓生 [aheadアーカイブス vol.190 2018年9月号]

  
280

目指せ!カントリージェントルマン VOL.6 雑誌とインターネット

自動車メディアに関わって、今年で25年目になる。四半世紀、なんて言うとイッパシな感じもするのだけれど、最近はむしろ紙に関わってきた時間が長い分だけ頭が凝り固まっていることを実感させられる日々だ。特にネット関係の人と仕事をする機会があると、「眼から鱗」な事実を教わることも少なくない...

  
477

目指せ!カントリージェントルマン VOL.12 今しかできないこと

森に暮らしていれば、ある程度受け身にならざるを得ないことは多い。春になれば雑草たちは勢いづき、否応なしに菜園を耕すタイミングもやってくる。梅雨が迫れば庭に残っている原木を切り割って薪棚に収めてしまおうという決心も勝手に固まるものだ。僕があまり外出しないのは出不精だからではなく、日...

  
486

採用車増加中!ヘッドランプウォッシャーの使い方

最近の快適機能で各車がこぞって採用しているのがヘッドランプウォッシャー。その名前の通り、ヘッドランプを洗浄するための機構なのですが、はたしてどのような状況下で使えばいいのでしょうか。また、採用している車が増加している理由とは?文・CarMe編集部

  
13244

目指せ!カントリージェントルマン VOL.11 日英、イギリス車の明暗に思う

ヘンリー王子とアメリカ人女優、メーガン・マークルさんの結婚式をニュース等で目にした人は多いはずである。text/photo:吉田拓生 [aheadアーカイブス vol.187 2018年6月号]

  
1848

目指せ!カントリージェントルマン VOL.10 僕のヒーロー、ビッグ・ジェリー

その昔出ていたレースはヒストリックカーが中心だったし、サーキット試乗も古モノが多かった。だからボクのレーシングスーツはクラシックタイプだった。text/photo:吉田拓生 [aheadアーカイブス vol.186 2018年5月号]

  
357

目指せ!カントリージェントルマン VOL.9 勇敢な先駆者に思う

アクアラインの直線路でボルボの先進安全・運転支援システムであるインテリセーフの出来に感心していたら、ウーバーの事故のニュースが飛び込んできた。完全自動運転の実証実験中にテスト車輛が女性をはね死亡させたというのだ。text/photo:吉田拓生 [aheadアーカイブス vol.1...

  
590

目指せ!カントリージェントルマン VOL.8 北欧寄りの風

季春が目前に迫り、森の動植物が動き出している。これが雪に閉ざされた長い冬の終わりであれば大いに歓迎したいところなのだが、神奈川県の平均気温は全く低くない。生半可で安楽な冬が終わり、うだるような暑さと湿気が迫ってくる恐怖心の方がはるかに大きいのである。text/photo:吉田拓生...

  
1300

目指せ!カントリージェントルマン VOL.7 win-winの美学

正月を過ぎると翌シーズン以降の薪を集めはじめる。薪棚の空きが目立ちはじめる頃だし、懇意にしている造園屋さんが伐採した原木をわけてくれるのもこの時期だからというのもある。木に含まれる水分量が少ないのでタイミングとしても最高。ボク自身でも切り倒されて放ってある木を見かけると地主にかけ...

  
467
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives