「H2」の検索結果(30件)

記事

大きすぎるのは良いこと!? 巨体すぎる輸入車5選

日本の入り組んだ道には、取り回しの良いコンパクトな車が一番。そんな現実的なことは分かっていても、ついつい大きな車に乗りたくなるのは、クルマ好きの性なのかもしれません。ここでは日本ではちょっと持て余す“巨体すぎる”輸入車たちを紹介します。文・西山昭智

  
8216

トヨタの新型クラウンにも適合のTV-KITをデータシステムが発表

アフターパーツの総合メーカーとして知られる株式会社データシステムが、トヨタの新型クラウンに適合するTV-KITをラインナップすることを発表しました。

  
19572

初代カイエン(955型)の人気に値するほどの価値を中古で買って確かめてみた。

プレミアムSUVブームの火付け役となったポルシェ カイエン。今回はその初代モデルとなるタイプ955を紹介します。以前乗っていたハマーH2に代わる何か車高の高い車が欲しいと考えていたときに、あまり深く考えずなんの期待もなくカイエンを購入しました。唯一の理由と言えば、「大人気だけど、...

  
16168

イタフラ車に市民権を与えた男 ジー・エス・ティー会長 佐々木公明

扉が開いて、中へ一歩踏み入れた瞬間、視界はズラリ並んだイタリア車たちで埋まり、ふわりと異国の空気に包まれた気がした。東名高速の横浜町田ICからほど近い「アルファロメオ横浜町田」は、国内最大級のショールームだ。でもここは、ただ大きいというだけではない、訪れる人の心を揺すぶるなにかが...

  
329

HUMMER(ハマー) H2 中古の2006年式…着座位置からくる優越感と豪快な乗り味は代替不能

最近大流行中のSUV…には当てはまりませんね。改めて定義してみてもどのジャンルにも属さないと思えるほど巨大なハマーH2。なんといっても一番のポイントは圧倒的な存在感と、アイポイントの高さや堅牢なシャーシから得られる豪快なドライブフィールです。文・山里真元 | 日本スーパーカー協会...

  
16808

H2Rが公道で400km/h達成 ~Ninja H2R

「気持ち良さそうに走ってるなぁ」このチャレンジの動画を見て、最初にそう思った。蛇行することもなく、ウォブルも発生してないし、上下動すらほとんどしていない。初めて量産車で300㎞/hを超える挑戦をした頃は、そんな事象との戦いだった。しかし今、ライダーは自分の身体の周りに纏わりつく空...

  
1764

Rolling 40's Vol.64 2014年最初の決意

東京モーターショーに行ったことがきっかけとなり、クルマやバイクに対する趣味嗜好がいつの間にか旧車や極端にマニアックなモノになっていることに猛省した。気がつくと前近代のレーシングキャブレターに萌えたり、量産車では不可能なコンセプトばかりが気になる。text:大鶴義丹 [aheadア...

  
135

生誕25周年。未来を見据える 横浜ベイブリッジ

いつもはブルーにライトアップされる横浜ベイブリッジが、今、ひときわ華やかに、ピンクに照らし出されていることにお気付きだろうか。このピンクのライトアップは、平成元年9月27日に開通した横浜ベイブリッジの25周年を記念した特別色で、年末年始を挟んで平成27年1月4日まで実施される予定...

  
227

深くハマるか、上手くバランスするか

新しい情報を駆使して賢く立ち回ることが良しとされる現代、時代の潮流を読みトレンドに沿ったことをやる方が周囲の理解を得やすく自分も得した気分になれる。しかしその後しばらくして虚しさを感じることはないだろうか。text:嶋田智之、後藤 武、吉田拓生、若林葉子 photo:長谷川徹、松...

  
537

300馬力の川重のシンボル 「カワサキNinja H2R」

「誰も体感したことのない加速力の提供」2014年9月30日、そんな刺激的な書き出しで始まるプレスリリースがカワサキから配信された。そこには近々『Ninja H2R』(以下、H2R)と名づけられたまったくのブランニューモデルが公開される旨が記載されており、近年稀に見るインパクトを伴...

  
686

日本車の逆襲

ここ数年というよりこの十数年、日本の大型バイク市場は外国車の勢力が強く、日本車が劣勢だったように映る。text:神尾 成 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.151 2015年6月号]

  
710

忘れられないこの1台 vol.72 カワサキ GPz900R

Ninjaというオートバイを認識したのは高校生の頃。部活のコーチが乗って来ていたのが、青いメタリックの外装が美しいカワサキGPz750Rだった。当時は、まさか自分がバイク乗りに、ましてや限定解除して大型二輪に乗るだなんて想像もしていなかった。text:小林ゆき [aheadアーカ...

  
2394

市場の半額で買える!?「金融車」とは、いったいどんな車?

ネットオークションなどで、市場価格よりもかなり安く販売されているクルマを見かけることがまれにあるかと思います。その詳細を見ると”金融車”とか”金融流れ”等々記載されていますが、「金融車」とはいったいどんなクルマを言うのでしょうか?また、価格が安い代わりに、どんなデメリットがあるの...

  
24676

東京エスプリ倶楽部 vol.10 ダッチ・オーブン クックオフ

5月13、14日の土日、JDOS(Japan Dutch Oven Society)主催の第40回「クックオフ」に、自転車仲間でもあるSさんに誘われて初めて参加した。ダッチ・オーブンというのは、鋳物製の鉄鍋のことである。text:今尾直樹 [aheadアーカイブス vol.174...

  
256

トラックの免許は何種類あるか知ってる?

ひと口にトラックといっても、街中で見かける宅配便と、高速道路や港湾関係で働くトラックのサイズには、大きな差がありますよね。もちろん皆さんは、それらトラックが同一の免許で乗れないことはご存知かと思います。では、トラックを運転するために、必要な免許は何種類あるか、知っていますか?--...

  
54840

街のバイク屋がなくなる日 VOL.2 ユーザーはなぜ用品店を選ぶのか

バイク用品量販店の大手であるナップスが新規オープンさせた神奈川と埼玉の2店舗は、「経験豊富で信頼できる街のバイク屋さん」をコンセプトとし、用品販売ではなく、点検整備や車検、パーツ取付と交換などを主業務としている。ナップスに限らずドライバースタンド2りんかん、ライコランドなど大手用...

  
2153

ひこうき雲を追いかけて vol.59 踏み間違えるのは高齢者だけじゃない

恥を忍んで言うと、過去にペダルの踏み間違いをしたことがある。クルマを運転しはじめてまだ間もない頃、お台場のビルの駐車場にクルマを停めようとバックしたとき。アクセルとブレーキを踏み間違えた。その頃はまだバックする時の自分なりの方法が確立されていなかった。text:ahead編集長・...

  
295

ゴツい、強い、デカい!ハマーの最強ラインナップ

ハマーは、かつてアメリカのゼネラルモーターズが展開していたブランドです。大きく無骨なスタイルが魅力のSUVで、H1からH3まで販売されました。

  
9527

なぜ日本の高速道路は車の大きさによって値段が変わるのか?

高速道路の乗り口で料金表をチェックすると、車の大きさで料金が変わっています。今更ではありますが、これはどういった理由からなのでしょうか。

  
19314

Aセグ、Cセグ…いまさら聞けない、セグメントについて

クルマ関連の記事や解説でよく使われる「セグメント」。Aセグ、Cセグ…などと言われていますが、実はわかっているようでよくわからない…、という方もいるかもしれません。今回は、そんなセグメントについて説明してみましょう。

  
24968
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives