「GTO」の検索結果(23件)

記事

あなたは知ってますか?4WDかつ4WSの車

現代で4WDから想起するのは、日産 GT-R、ランボルギーニ、アウディなどのハイパフォーマンスカーでしょう。そして4WSと言われると、なにやらマニアックでスポーティーな車に搭載されているイメージです。では、この2つのシステムを搭載した車種はあるのでしょうか?

  
5379

プレリュードやカリーナEDに採用!4WSのメリット・デメリット

かつて1980年代後半の車好きをアツくさせた「4WS」という操舵システムがあります。乗用車では日本メーカーが始めて採用した4WSのメリットとデメリットはなんでしょうか。

  
4889

GTO、スープラ、Z…かつて3.0リッターエンジンを搭載していた国産スポーツカー達!

最近の国産スポーツカーは、3.7Lとか5.0Lといった大排気量だったり、価格が1,000万オーバーだったり、庶民にはとても手が届かないところに行ってしまいましたが、かつては3.0Lで400万円台というスポーツカーが多くありました。そこで、3.0Lの国産スポーツカーという観点から、...

  
11152

スタリオン後継モデル「GTO」が復活するって本当!?

三菱のフラッグシップスポーツといえば、「GTO」と即答する方は、ある程度の世代かもしれません。バブル期に先端技術とともに颯爽と現れたGTOは、じつに魅力的に映ったものです。そんなGTOが、思わぬカタチで復活する可能性があると噂されているのです。

  
7920

バブル期に生まれた車が再販されたら、あなたは買いますか?

ヒストリックカーの人気が高まっている昨今、80年代やバブル期のクルマたちもヒストリックカーの域に入ろうとしています。あの頃のクルマがもし再販されたなら、あなたは買いますか?

  
14699

ついに発表されたランエボの復活!どんな車になるのか?

新車スクープの場として、あまり注目されないのが株主総会です。三菱自動車は新型パジェロの復活やエクリプスクロスの導入を株主総会で発表してきました。そしてまた驚愕の1台を復活させる意向を明言したのです。

  
15282

最高額40億円!? 高額で落札されたヒストリックカー5選

自動車から内燃機関がなくなる日もそう遠くないと思わせるニュースが絶えない昨今ですが、富裕層の投機対象にもなっているヒストリックカーの人気はとどまるところを知りません。今回は、近年、高額で落札された注目のヒストリックカーを5台、ピックアップしてみました。※画像は、すべて落札された車...

  
1277

輸入車に負けない!ワイド&ローな国産車5選

かつての国産車は現在のモデルと比べると、非常にコンパクトでした。これは、当時の道路事情や、ボディサイズによって税金が違うといった点からの潮流といえます。しかし現在、気付けば国産車も大型化していますよね。そのなかでも輸入車に負けない、ワイド&ローなモデルを紹介しましょう。

  
11850

あなたは40億円のフェラーリを知ってますか?

映画『スクランブル』が2017年9月22日に公開されます。主人公は、奇想天外な手段で、いかに美しく完璧に盗むかをモットーとする、高級クラシックカー専門強盗団・フォスター兄弟。マフィアに囚われの身となった彼らが助かる方法は、1週間以内に40億円のフェラーリを盗み出すこと。果たしてそ...

  
5538

アウディRS5クーペ、ワイド&ローによるその迫力あるデザインに迫る!

2017年春のジュネーブショーで世界初公開となったアウディ RS5クーペの、日本国内における受注が開始されました。RS5クーペは、アウディスポーツが開発した特別モデルで、2016年に発表されたアウディA5クーペをベースにしたハイパフォーマンスモデルです。エンジンは、新開発の2.9...

  
1632

BRZ、レヴォーグ、C-HR…息子にはどんな国産車に乗って欲しいですか?

ご子息のいるクルマ好きの方は、おそらく最初のクルマ選びにもコミットしたくなるでしょう。自分の若い頃を思い起こせば、やはり魅力的なスポーツカーなどをチョイスさせて、あわよくば自分も…なんてことも考えるかもしれません。しかし現実的に考えると、どうなのでしょうか。

  
17254

昔は頭文字Dのような峠でレースが頻繁だった?!なぜ今は少なくなってしまったのか?

80年代から2000年代初頭あたりまでは所謂「走り屋」という人々を見かける事ができました。そこから着想を得たのが「頭文字D」であるのは言うまでもないわけですが、2016年現在、そのような峠でのドリフトや街道レーサーまがいの事を行う人種は減っています。これはなぜでしょうか。

  
35449

その歴史の全貌に迫る~レースユースから発展したWORK「MEISTER(マイスター)」

カスタムカーやチューニングカーユーザーなら、その名を聞いたことが無い人はいないというWORK(ワーク)。常にトレンドリーダーとして革新的、先進的な製品を提供してきたWORK(株式会社ワーク)のロングセラーホイール、「MEISTER(マイスター)」の歴史を、WORKの歴史とともに振...

  
14227

NSXやフェアレディZ…なぜ日本のパトカーではスポーツカーが採用されにくいのか

ドバイなど最近はスーパーカーのパトカー採用ニュースもよく聞きますが、日本ではスポーツカーのパトカー採用は少なめな印象です。実際はどうなのでしょう?

  
25109

ターボ車のマフラー交換によって期待できるパワーアップ効果とは?

クルマのカスタマイズで多いのが、マフラー交換です。ルックスはもちろんサウンドの変化も楽しめますし、なによりパワーアップにも繋がるアイテムです。排気を使ってタービンを廻すターボ車では、その変化が大きく、定番のチューニングともなっています。

  
54203

80%減も!?スープラ・スカイラインGT-R…旧車残存台数は?

かつて一世を風靡したスポーツカー達…。しかし時代の流れは残酷、エコカー主流の今、その「生態系」は大きく崩れようとしているのです。

  
76843

覆面警察官に聞いた!? パトカーにはクラウンが多い...!?

パトカーというとクラウン、なぜかそんなイメージを抱いてしまいます。実際には他の車種もあることには違いないのですが、このイメージはどこから来るのでしょうか。今回も「取材」を織り交ぜて、本件について注目してみます。

  
79052

激動の90年代を生きた名車、三菱GTOに復活はあるのか?

三菱GTOは1990年から2000年にかけて発売されていた三菱を代表するスポーツカーです。GTOが発売された1990年代はスポーツカーの最盛期。数々の名車が生まれた時代です。そんな時代に生まれたGTOを、マイナーチェンジごとに振り返ります。さらに三菱GTO復活の噂に迫りました!

  
18156

縦置きと横置き・・・エンジン搭載方法の違い、そのメリットとデメリットとは?

クルマには、エンジンの縦置きと横置きがあることをご存知でしょうか?最近では、横置きエンジンが当たり前になり、縦置きエンジンはマイノリティ的な存在になりつつあります。これは、エンジンのシルエットによるところが大きく関係しています。このエンジンルーム内での配置方法により違いはあるので...

  
61724

AE86やセリカ、RX-7…魅惑のリトラクタブル式ライト5選

普段はボンネット内にしまわれており、点灯時のみパカッと開くリトラクタブル式ライト。好きな方も多いのではないでしょうか?今回は、現在の車にはないリトラクタブル式ライトが搭載されている懐かしの5車をご紹介します!

  
43459