「GT-R NISMO」の検索結果(80件)

記事

BBS、東京オートサロン2019で鍛造ホイール製造工程を公開!GT-Rの展示も!

高品位ホイールの代表格BBS。純正オプションとして数多くの採用実績を誇り、自動車メーカーからの信頼はとても熱いものがある。東京オートサロン2019では、2018年に販売開始した既存モデルのカラーバリエーションモデルを数多く陳列。人々の注目を集めていた。文・栗原祥光

  
1099

日産、東京オートサロン2019ではEVとNISMOを全面に展示!未来のモータースポーツシーンを彷彿さ...

オートサロン開幕直前の1月9日に、リーフの高性能版リーフ「リーフe+」(イープラス)を発表した日産自動車。オートサロンの会場では残念ながら「リーフe+」の展示は行われなかったものの、スポーツブランドNISMOを全面に出した展示が行われていた。文・栗原祥光

  
988

ハイパフォーマンスカーを開発するサブブランドたち 〜国産車編〜

サブブランドをスポーツカー部門とする例は、メルセデス・ベンツのAMG、BMWのM社、アウディのアウディスポーツなど、ドイツ勢が先行していたイメージだが、ここ数年、国産メーカーもライン生産のサブブランドとすることで、注力している。文・塚田勝弘

  
14833

販売価格1億2600万円超、50台限定、720馬力!特別なGT-Rは誰の手に!?

2018年7月、例年夏にイギリスで開催される自動車の祭典グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードの会場で、初公開された1台のGT-Rが話題をさらったことは記憶に新しいところです。GT-Rと名門カロッツェリアのひとつであるイタルデザインがともに50週年を迎えることを記念した「N...

  
3316

パトカーの白黒パンダカラーはいつから始まった?

パトカーといえば、一般的には警察官が乗って巡回や交通取り締まりに使用する車両を指します。日本国内では、白と黒のいわゆる“パンダカラー”がお馴染みですよね。このデザインは、いったいいつから始まったのか、警察車両のパンダカラーのルーツなどについて見ていきましょう。文・吉川賢一

  
32913

ホットハッチの火は消さない

SUVが全盛の今、ホットハッチの存在感はやや薄れてしまっている。執筆陣の1人、今尾直樹氏は言う。「ホットハッチはプアマンズ・スポーツカーなのですよ」と。なるほど、そうなのだ。基本として実用性とスポーティブネスを兼ね備えているのがホットハッチ。お金があるなら2ドアのバリバリのスポー...

  
1134

50年の歴史を改めて振り返る!スカイラインGT-RからGT-Rへ、どう変わった?

有価証券報告書の虚偽記載で逮捕されたカルロス・ゴーンの功罪が様々言われているが、GT-Rというブランドを復活させたことは氏の功績であろう。日本のドメスティックモデルであったスカイラインGT-Rを「GT-R」として独立させたことで日産のテクノロジーショーケースであり、スポーツイメー...

  
1635

日産元エンジニアが推測する、次期型GT-Rの姿

R35型のGT-Rが登場したのは2007年12月のこと。市場ではそれから11年が経とうとし、次期型の噂もチラホラと出始めていますが、それらはあくまでも噂の域。次期型の影すら見えていません。はたして次期型GT-Rはどんな姿で登場するのでしょうか。文/写真・吉川賢一

  
2660

GT-R 50を手がけたイタルデザインのカッコいいクルマ3選

世界屈指のデザイン会社「イタルデザイン」と日産の提携により誕生した『Nissan GT-R50 by Italdesign』が話題になっています。この特別なモデルとともに、近年、イタルデザインが手がけたカッコいいクルマを紹介します。文・立花義人

  
3540

生産台数世界一や世界最速ドリフト走行など…ギネス認定されているクルマ7選

「世界一」といえばギネス記録。ギネス記録は、町おこしなどにも利用されていますが、自分の身の回りでギネスブックに載っているものがあると、やはりちょっと嬉しいですよね。では、そんなギネス記録にどんなクルマが認定されているのでしょうか。文・吉川賢一

  
7007

クルマ好きなら一度は憧れるポルシェ。あなたのベスト911は?

ドイツを代表するスポーツカーメーカー、ポルシェの代表格であり、RRレイアウトはもはや”様式美”と言ってもよい領域に入った伝統のモデルが911です。この911には、エンジンやボディ形式、駆動方式の違いで、バリエーションが何種類も存在します。今回はそのなかから、タルガ4S、ターボS、...

  
5531

スポーツモデルを買った人たちへ 〜ニスモ ドライビングアカデミー

日産のワークスチームとしてレース活動を担い、そのノウハウを活かしたパーツや車両開発を手掛けているのがニスモ(NISMO)だ。そこから送り出される数々のコンプリートカーはカタログモデルとしてラインアップされ、日産のスポーティなイメージに貢献している。text/photo:伊丹孝裕 ...

  
468

NSX、GT-R、LC…国産ハイパフォーマンスカーは、年間何台売れているの?

ハイパフォーマンススポーツカーといえば、フェラーリやランボルギーニなど、いわゆるスーパーカーを思い浮かべる方は多いでしょう。しかし、国産車も負けてはいません。速くて、格好良くて、お値段もそれなりの国産ハイパフォーマンススポーツカーは、いったいどのくらい売れているのでしょうか。文・...

  
7418

BBS製のNISMO OEMモデルが遂に登場か?ニュルとGTで鍛え上げられた高性能鍛造ホイールとは?

スーパーGT、GT500クラス、NISMOチームではマシンが履くホイールにBBSを採用しています。そのGT500が履くBBS鍛造ホイールを、ロードカーが装着できるようにしたものが開発されています。そのプロトタイプとも言うべき試作品が、GT-R NISMOに装着されてお目見えしまし...

  
3894

しげの秀一氏の新作漫画『MFゴースト』に登場する注目の5台

かつて絶大な人気を誇り、走り屋のバイブルとまでいわれた大ヒット漫画『頭文字D』。その著者である、しげの秀一氏による新作が『MFゴースト』です。2017年9月に連載が開始された『MFゴースト』は、市販車による公道を使ったレースを舞台にした作品。登場するハイパーカーを含めクルマ好きの...

  
22617

パトカーと市販車、どんな違いがある?

日々、市民の安全を守る警察官。その警察車両の代表といえばパトカーですが、私たちが普段乗っている市販車との違いはあるのでしょうか?

  
19494

グランツーリスモを必死でやったら、本物のプロレーサーになれる時代に!?

コンピュータを使ったアーケードゲームが出始めた頃のレースゲームといえば、ハンドルを使って自車を操作し、画面上方から流れくるクルマを抜く(避ける?)という単純なものでした。それが1979年のこと。昭和の時代に戻って、ゲームセンターで遊んでいる子どもたちに「腕を磨けばプロレーサーにな...

  
7506

GT-R NISMO、アヴェンタドールなど…パトカーに採用されたスポーツカーたち

2018年6月中旬、栃木県警は日産 GT-Rのなかでもっともハイスペックな「GT-R NISMO(2018年式)」の導入を発表し、話題となりました。しかし、世界的に見れば、こうしたスポーツカーがパトカーとして採用されることは、それほど珍しいことではなく、各国にはもっとすごいパトカ...

  
25245

GT-Rとイタルデザインがコラボ!その姿は?

日産とイタルデザイン。これまで、関わりの少なかった2社が、手を組み魅力的なGT-Rを作り上げました。その名は「Nissan GT-R50 by Italdesign」。既存のGT-Rをベースにしながら、魅力的なスペックとスタイリングを獲得したGT-R50 by Italdesig...

  
8481

初代NSX、フェアレディZなどに続き…栃木県警、パトカーにR35 GT-R NISMOを導入!

日本全国、各所で活躍するパトロールカー。その歴史には、ポルシェやマツダ RX-7といったスポーツカーをベースとしたものも、多く存在します。そんなパトカーに、日産 GT-R NISMOが加わります。導入するのは、GT-Rの生産拠点がある栃木県の警察です。

  
11848
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives