「GT-R」の検索結果(386件)

記事

コンセプトカーとデザインが違いすぎたクルマ5選

モーターショーなどでお披露目されたコンセプトカーのときは格好良かったのに、市販化されたときには、デザインが大幅に変わって、案外普通になっていた、ということはよくあります。今回は、そんなコンセプトカーと違いすぎた市販車を紹介します。文・立花義人

  
20297

レクサスとかでよく見る「切削光輝ホイール」とは?

ここ数年、アルミ削り出しデザイン+ブラック塗装を施した「切削光輝ホイール」と呼ばれるアルミホイールを見かけるようになりました。この切削光輝ホイール、いったいどうやって作っているのでしょうか。製造方法とともに解説していきます。文・吉川賢一

  
4601

【ahead archives】4月にもっとも読まれた記事をプレイバック!

現在CarMe[カーミー]で公開されている「ahead archives」。自動車情報だけでなく、二輪自動車や自動車ライターのコラムなど幅広いコンテンツをラインナップしています。そんな「ahead archives」、4月はどの記事がもっとも読まれたのか、Let's プ...

  
1185

GTカーとスポーツカーの違いとは

GTカーとスポーツカーの違いとは、なんでしょうか?違いがわかりにくいのは、どちらも定義があいまいであることに原因があるようで、これは日本だけでなく、世界的にも言えることです。GTカーとスポーツカーの違いについて、それぞれの歴史を紐解きながら考えてみましょう。

  
33860

日産 GT-Rが、エンジンの手組みにこだわるワケ

日本を代表するスポーツカー、日産 GT-Rのエンジンは、究極の走りを実現するために欠かすことのできない大事な要素の一つです。このエンジンの凄さは、設計・技術はもとより、熟練技術者『匠』が1基ずつ手組みしているという「ものづくり」に対する取り組みにもあります。日産はなぜ、この手組み...

  
7933

20年で価値が2倍以上に上がったクルマ3選

工業製品は、通常、年数を重ねるごとにその価値が下がります。しかし、なかには価格が下がるどころか元値の倍以上で取引されるクルマもあります。その代表が、ヒストリックフェラーリであり、トヨタ 2000GTです。しかし、それほど古くなくても、価格が高騰するクルマがあります。今回は1990...

  
65406

激動のバブルを生きた名車、三菱 GTOってどんな車か覚えてる?

三菱 GTOは、バブル時代に生まれたスポーツカーの1台で、スタリオンの後継モデルとして登場しました。当時、さまざまなスポーツカーが開発されたなか、三菱 GTOのスペックや実際の評判はどうだったのでしょうか。

  
14354

日産グローバル本社ギャラリーに半日遊びに行ってみた。

神奈川県横浜市のみなとみらいにある、日産グローバル本社の1階にギャラリーがあります。歴代日産車の展示、新型車で一般道を走行することができる試乗体験、オリジナルグッズ販売やスターバックスまで併設されており、週末ともなると大変な賑わいをみせています。今回は、車好きにおすすめな日産グロ...

  
1466

頭文字DのAE86はなぜ速いのか?

『頭文字(イニシャル)D』は、1995年から2013年まで週刊ヤングマガジンに掲載されていた漫画です。10代の走り屋たちが、峠道でバトルを繰り広げる様子に憧れ、車好きになった方も多いのではないでしょうか。原作の冒頭で、主人公がコップの水をこぼさないように、クルマにかかるGの出方を...

  
27966

岡崎五朗のクルマで行きたい VOL.58 クルマにスマイルランプ

先日、横浜で首都高が主催するトークショーに出演した。テーマは「首都高を楽しく安全に走ろう」というものだったのだけれど…いざスタートすると思わぬ方向へと話題が進んでいったのだった。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.138 2014年5月号]

  
532

レパードにセフィーロ、GT-R…「あぶない刑事」に登場した車5選

横浜・港警察署のタカとユージが繰り広げるアクション&コメディー刑事ドラマといえば、ご存知『あぶない刑事』です。じつに30年に渡るシリーズで、2016年1月公開の映画『さらばあぶない刑事』で完結しました。石原プロ製作、西部警察の後に製作されたドラマだけに、登場する警察車両も個性派揃...

  
11889

小沢コージのものくろメッセ その3 自動車評論家はなぜ持て囃されるのか?

自分のことながらイベントに行くと、スタッフの方に持ち上げて頂いたり、タマ~にサインを求めたれたりする。正直、それほどの存在でもないんだけどなぁ…と思いつつも有り難いことだと考えている。text:小沢コージ [aheadアーカイブス vol.139 2014年6月号]

  
85

フェアレディZ、ソアラ、RX-7…"ネオクラシックカー"のススメ

最近、「ネオクラシックカー」が注目を浴びています。日本車の場合、「クラシックカー」と呼ばれる車が1960年代から70年代あたりを指すのに対して、「ネオ」はそれよりも新しい世代、つまり1980年代から90年代頃までの車を指します。

  
9105

日産の「スカイライン」という存在

日本車のなかでスカイラインほど話題に事欠かないクルマはないだろう。リーダーのGT-Rだけでなく、廉価グレードにも先進的なメカニズムを時代に先駆けて採用し、話題を振りまいてきた。また、多くの神話と伝説に彩られている。広告やグッズまでもがニュースになってしまうのもスカイラインならでは...

  
2121

首都高生誕50年 vol.3 原点に戻る 〜首都高環状線渋滞緩和への取り組み

BBC(英国放送協会)が放送している「トップギア」という自動車番組がある。この番組で2008年に日産GT-Rを紹介する特別企画として日本でのロケが敢行された。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.117 2012年8月号]

  
116

なぜ日産 GT-Rは海外で人気なのか?

2007年10月の第40回東京モーターショーで正式に発表され、同年12月に、国内販売が開始された日産 GT-R。発売から10年を経ていますが、いまだに進化を続け、日本はもちろん、世界中多くの車好きを魅了し続けています。海外では「GODZZILA(ゴジラ)」の愛称で呼ばれるGT-R...

  
13756

NISMOのコンプリートカーはダテじゃない

日産自動車のクルマ作りがおもしろい。いや、日産自動車のスポーツ系モデルがおもしろいことになってきていて、これからもっと楽しい方向に行くんじゃないか?という期待感がグッと膨らんできている、という言い方が正しいだろう。text:嶋田智之 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス...

  
398

デジタルライテク元年 Vol.3(最終回)日本4気筒編 YAMAHA YZF-R1&R1M

前々回からBMW・S1000RR、DUCATI・1299パニガーレと最高峰電脳バイクに焦点を当ててきたが、電脳ライテク第3弾の今回は待ちに待った日本勢、YAMAHA・YZF-R1の登場だ。text:丸山 浩  [aheadアーカイブス vol.149 2015年4月号]

  
151

だれでもわかる!自動車のトルクってなあに?

エンジンを代表するスペックといえば、最高出力(馬力)と最大トルクとがありますが、きちんと理解できていますか?今回は、トルクについての理解を深めるために、その概念を勉強していきましょう。文・吉川賢一

  
23608

埋もれちゃいけない名車たち VOL.13 コスモに見る大人のゆとり「MAZDA COSMO AP/C...

トヨタは86のみ。日産はフェアレディZとスカイライン、そしてGT-R。ホンダはCR-Z。スバルはBRZで、マツダのロードスターも数に入れることにしよう。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.129 2013年8月号]

  
3030
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives