「GS」の検索結果(226件)

記事

復活した"東京"モーターショーに見るブランド戦国時代

なんとか80万人はいきたい…東京モーターショーを主催する日本自動車工業会の担当者は、開幕前に何度も繰り返した。千葉から東京に会場を移したのも、開場時間を夜8時まで延長したのも、一人でも多くの人に会場に足を運んでもらうための施策だ。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vo...

  
341

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.79 TNGAの第一号車

TNGAとは、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーの略。トヨタが推進する「もっといいクルマづくり」の中核を担う技術であり、その第1号車が新型プリウスとなる。プリウスを皮切りに、今後TNGA適用モデルが次々とデビューし、2020年には生産されるトヨタ車の半数、約500万台が...

  
2394

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.36 意思表示が求められている

2010年7月から、運転免許証の裏面に臓器提供の意志について記入する欄ができたのを皆さんはご存じだろうか。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.115 2012年6月号]

  
355

Pay it forward 堀ひろ子からの贈り物

若いとき、人は、誰かから何かを与えられても、それを受け止めることで精一杯。大切なものを与えてくれたその人にお返しできるのは稀なこと。だから人は年齢を重ねると、次の世代に自分の受け取ったものを手渡そうとする。これはそんな女性たちの物語である。text:若林葉子 photo:原 富治...

  
1737

PIAA ─モータースポーツの灯をともし続ける

フィニッシュまで速く安全に走り抜くためには、パワフルなエンジンよりも、ドライビングテクニックよりも、もっと必要なものがある。それが「視界」なのだと言ったドライバーがいた。ライティング、ワイパーブレードのトップブランドとして知られるPIAAは、そんな、ドライバーの気持ちに最も近いと...

  
1170

Smart House特集 ミサワホーム

時代に先駆けたパイオニアミサワホーム [aheadアーカイブス vol.117 2012年8月号]

  
195

日本の誇れるクルマ

本車にはもう魅力のあるクルマはないのだろうか。しかし、見回せば、世界からリスペクトを受けるクルマはある。日本が世界に発信する「誇れるクルマ」を紹介したい。text:嶋田智之、河村 大、世良耕太、石井昌道、岡崎五朗 photo:長谷川 徹、マルイ工業(www.marui-ind.c...

  
4637

忘れられないこの1台 vol.36 GSX1100Sカタナ サイドカー

大人から子どもまで、ほとんどの人が存在を知りながら乗ったことのない乗り物の一つがサイドカー。僕にとっても決して近い存在ではなかったが、出会いは突然訪れた。20歳で限定解除を取得しスズキ・カタナに乗りはじめ、その魅力にはまった僕はオーナーズクラブに入会。あちこちのイベントに参加して...

  
643

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.69 手軽なボディ剛性アップ術

試乗記を読むたびに「ボディ剛性」という言葉を目にすると思う。僕もよく使うし、同業者もよく使う。でもそれ以上にこの言葉を連発するのが自動車メーカーのエンジニアたちだ。ボディ剛性とは、外部からボディに力が加わったときの変形しにくさのこと。衝突などに対する壊れにくさは「強度」であり、剛...

  
3935

なぜ私はSUZUKIなのか vol.6(最終回)スズキのモノ造りのフィロソフィー

GSX400E3カタナ、GSX400FWS、GS650G1、GSX750S1、GSX|R1100J、GSX1100EZ、DR250R、GSF1200…。個人的に購入したスズキ車だけでも10台以上、自分の名義ではなかったものの自由に乗れる状態にあったスズキ車を含めると20台以上のス...

  
1823

なぜ私はSUZUKIなのか vol.5 夢のバイクと過ごした日々

空気を切り裂くようなシャープなフロントカウルから丸みを帯びたガソリンタンクへつながる優雅なライン。セパレートハンドルとえぐられたシートによってガソリンタンクを抱えるような姿勢になる過激なポジション設定。車体から大きく左右に張り出すDOHC16バルブの空冷直列4気筒エンジン。スズキ...

  
2002

ECO時事通信 vol.12 アイドリングを止めるか、否か。

いよいよ自動アイドリングストップシステムは装備されていて当然になってきた。仕事で試乗するのは新型車ばかりなので、最近は信号待ちでエンジンが止まらないほうが不思議というか気持ち悪いぐらいに感じるようになってしまった。text:石井昌道 [aheadアーカイブス vol.112 20...

  
335

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.33 刷り込みの危うさ

特集で触れたように86&BRZは日本が世界に提案する画期的なスポーツカーだが、巷にあふれるドリフト偏重報道は明らかにミスリードだ。コンパクト、軽量、低重心のFRという素性は、たしかにドリフト向きだし、ハイグリップタイヤを履いていないこともそんな特性を強調している。text:岡崎五...

  
1015

国内投入された197馬力のプライド 〜SUZUKI 隼〜

スズキのスポーツバイク、「隼(ハヤブサ)」が国内販売されることになった。'99年に初代がデビューして以来、長きに渡り、海外仕様車として生産されてきたこのフラッグシップモデルが、最小限の変更だけで国内販売されるのだ。text:横田和彦 [aheadアーカイブス vol.1...

  
1292

トライアンフが放った、ツーリングマシンの本命

イギリスのトライアンフがリリースしたこのバイクを見て皆さんはどう感じるだろうか。デカイ、メカメカしい? しかし、どうやらアドベンチャーツーリング系と呼ばれるこの迫力満点のジャンルのバイクが世界的に人気となっている。text:鈴木大五郎 photo:渕本智信 [aheadアーカイブ...

  
756

H2Rが公道で400km/h達成 ~Ninja H2R

「気持ち良さそうに走ってるなぁ」このチャレンジの動画を見て、最初にそう思った。蛇行することもなく、ウォブルも発生してないし、上下動すらほとんどしていない。初めて量産車で300㎞/hを超える挑戦をした頃は、そんな事象との戦いだった。しかし今、ライダーは自分の身体の周りに纏わりつく空...

  
2734

キアヌ・リーブスがプロデュースした量産バイク ARCH KRGT-1

アメリカのカスタム・モーターサイクルにはチョッパー、ボバー、フリスコ、ドラッガー、ハイテック、ニュースクールなど実にさまざまなスタイルがある。とはいえ、ハーレーダビッドソンに代表される大排気量V型2気筒エンジンとロングホイールベースを基本としているものが多い。text/photo...

  
2416

リボンマグネットが犬を救う!?

最近は日本でもリボン型のマグネットを貼っているクルマを見掛けることがしばしばある。中でも最近知ったのがコレ。わんちゃんの顔写真と名前が入った写真のマグネットだ。text:飯田裕子 [aheadアーカイブス vol.115 2012年6月号]

  
243

熟成を重ねた新型車 〜SUZUKI GSX-S1000ABS

スズキの新型ネイキッドモデル「GSX-S1000ABS(以下GSX-S)」について「いまさらGSX-R1000のネイキッド?」と、流行に乗り遅れたモデルのように思っている方が多いかもしれない。確かにいまさらなのだが、GSX-Sはスズキらしく愚直なほど真面目に作り込まれた結果、この...

  
1163

埋もれちゃいけない名車たち vol.38 国際ラリーで大活躍した ランエボの先輩「三菱・ランサー16...

23年にもわたってラリー・ファンや走り屋を熱狂させてきた三菱ランサー・エボリューションが、ついに生産終了。ファイナル・エディションが1000台限定で、メルセデスのCクラスにさえ手が届く価格で発売されたが、やはりマニアは熱かった。速攻で完売、である。text:嶋田智之 [ahead...

  
2596
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives