「G4」の検索結果(24件)

記事

Rolling40's vol.42 私のポイント・オブ・ノーリターン

映画「キリン」が3月3日より池袋シネマロサを封切りに、関西に続き、全国に順次公開されることになった。詳細は公式ホームページを参照して頂きたい。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.112 2012年3月号]

  
112

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.32 ハイブリッドが売れる国

ホンダから興味深い数字が発表された。昨年日本国内で販売された軽自動車を除くホンダ車のうち、実に45%がハイブリッドだったという。ホンダはこの先もハイブリッド比率の上昇を見込んでいて、近い将来には50%を超えると予想している。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.1...

  
219

Rolling40's vol.41 御縁がありまして

いよいよ、3月3日より、池袋シネマロサを皮切りに、映画「キリン」を公開することができる。私としてはやっと産まれるなと、大きなお腹を撫でている臨月の産婦さんの気持ちだ。text:大鶴義丹 [aheadアーカイブス vol.111 2012年2月号]

  
93

Rolling40's vol.44 モテるオッサンでいこう

新しいスポーツカーと大人たちの関係を探しているかのように、ハチロクとBRZが盛り上がっている。予約も一杯ですぐに手に入るような状況ではないという話も聞く。またメーカー自体が合法的な改造を推進しているのが興味ある動向で、改造パーツ専用の分厚いカタログもあるくらいだ。個人的には良い流...

  
203

2000年代のトップ・オブ・トップ!日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞車、あなたならどれを選びますか?

その年のもっとも優秀なクルマが選出される「日本カー・オブ・ザ・イヤー」。2017-2018年は、並みいる国産強豪車を押しのけ、スウェーデンのボルボ XC60が受賞したことでも話題になりました。今回は、2000年以降のカー・オブ・ザ・イヤー受賞車を振り返ってみたいと思います。トップ...

  
15634

COTYを獲得した スバル インプレッサスポーツ/G4

日本カー・オブ・ザ・イヤーは、選考委員が選んだ5台の中から最も優れていると評価できるクルマに持ち点の25点から10点を配点するシステム。筆者はその10点をインプレッサに与えた。筆者の選考基準のひとつは自分で買う気持ちになれるか、ヒトに薦められるかどうかである。text:桂 伸一 ...

  
546

セダンにリアワイパーが少ない理由とは?

ハッチバックやステーションワゴン、ミニバンなどには付いているリアワイパーですが、セダンやクーペではあまり見たことがありませんよね。これには、どんな理由があるのでしょう?

  
51605

2017年、いま売れているセダンは?人気トップ5を紹介

スペースユーティリティーではミニバンに劣り、使い勝手ではコンパクトカーに一歩譲るセダンの国内人気は低迷しています。販売台数ランキングも市場を反映して、トップ10入りした車種はわずかに1台。しかしセダンには、フォーマルな気品があり、高級感は他ボディタイプに負けません。そんなセダンの...

  
15709

GT-RやフェアレディZ…いまの車と昔の車どちらが好き?新旧デザインを写真で比較

自動車のデザインというものは、生まれた時代背景、求められている性能を反映したもので、見た目の印象だけで優劣を語ることができません。そんなわけで、ここでは車種別の新旧デザインをまとめてみました。時代の移り変わりなども感じながらデザインの新旧比較をしていただければと思います。

  
17513

日産 GT-Rも今後EV化するのか?

BMW i8はPHEV、ホンダ NSXはハイブリッド、2019年市販予定とされている日本製スーパーカーGLM G4はEVと、スーパースポーツカーにも電動化の波が押し寄せています。そこで気になるのが、ニッサン・インテリジェント・モビリティを進めている日産の次期GT-Rの存在です。

  
10792

ついに発表されたランエボの復活!どんな車になるのか?

新車スクープの場として、あまり注目されないのが株主総会です。三菱自動車は新型パジェロの復活やエクリプスクロスの導入を株主総会で発表してきました。そしてまた驚愕の1台を復活させる意向を明言したのです。

  
26501

時代はSUV、なぜいまだに教習車はセダンが多いのか?

2017年現在、国内外で活況を示すSUVマーケット。次々にニューモデルが投入されている状況です。しかし教習所をのぞいてみると、変わらずセダンタイプが教習車となっています。これには理由があるのでしょうか?---------------------------------------...

  
23704

国産EVスーパーカーが誕生!京大発のベンチャー企業GLMとは

2017年4月18日、京都に本社を置くGLM社は世界初のEVスーパーカー「GLM G4」を発表。2019年の量産化を目指し、開発ピッチをあげているとのこと。最高速度250km/h、航続距離400kmを誇る電気自動車を開発したGLM社とは、どのような会社なのでしょうか?

  
11327

近いようで遠い?スバルのレヴォーグとインプレッサを比べてみました。

スバルのレヴォーグとインプレッサ。4代目インプレッサと同じプラットフォームを使って企画されたレヴォーグは、いわばインプレッサの兄弟車種ですが、それぞれのテイスト、訴求層には違いがありそうです。この2台を比較してみましょう。

  
180476

激化するSUV市場…XVはどう戦っていくのか?

日本のみならず世界中のメーカーが注目しているSUV市場。新型車種トヨタ C-HR、ホンダ ヴェゼルが好調なのもその証。そのような中で、AWDにこだわり続けていたスバルの新型「XV」はどのように存在感を示していくのでしょうか。

  
23108

2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞!新型インプレッサのキーワードは「安全性」

2016年の日本カー・オブ・ザ・イヤーはスバル インプレッサスポーツ、および同インプレッサG4に決まりました。今年は国産ノミネート車、つまりデビューした国産車自体が少なかった中、昨年末デビューのプリウスと新世代プラットフォーム車同士で激しい争いになった事が注目されますが、受賞車と...

  
3746

パワーだけがスポーツじゃない…アンダーパワーだけど楽しい国産スポーツカー7選

スポーツカーと言えばパワーだけだと思っていませんか?圧倒的なパワーで攻めるのも緊張感があって楽しいものですが、アンダーパワーながらも「よく馴染んだスニーカー」のように、意のままに操る楽しさがあります。最近のその手の車はほとんど電子制御化されて燃費嗜好なので、古いクルマが多いのです...

  
43946

インプレッサG4こそが走りのグローバルクオリティ|スバル インプレッサG4の燃費・中古価格は!?

走りを追求した自動車メーカー、スバルの代名詞とも言うべきスバル インプレッサG4。そのスバルの中でも知名度と人気で知られているのがインプレッサですが、インプレッサのセダン、「インプレッサG4」はどのような車なのかをご紹介します。

  
25641

インプレッサスポーツの燃費・中古価格|新型インプレッサスポーツも遂に登場!

ハッチバックモデルとして使い勝手の良さから好評を博している「インプレッサ スポーツ」。さまざなグレードが用意されておりますが、マストバイと言えるグレードは果たしてどれなのでしょうか?

  
39894

インフィニティQX80やタンドラ等…ディーラーで買えない日本の逆・並行輸入車5選

国内自動車メーカーは、日本国内向けの車種をラインナップしているほかに、欧米やアジア市場向けの専用車種も展開しています。その多くは日本では正規販売されていません。今回は、日本では買えない日本車をご紹介しましょう。

  
87385
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives