「Gクラス」の検索結果(52件)

記事

今新車で買える丸目のSUV5選

乗用車で丸目(丸型ヘッドランプ)を持つクルマは、ほとんどなくなりました。しかし、クラシックなテイストを演出するためや、力強さを表現するために、今も採用する例は少なくありません。今回は、今も新車で買える“丸目のSUV”をいくつか紹介しましょう。文・木谷宗義

  
9062

旧型Gクラスオーナー3名による約1週間乗って感じた新型Gクラスの正直な感想…その進化と改善点は?

今回は、私のバックグラウンドやこれまでの所有経験などを前面に押し出し、独断と偏見を大いに織り交ぜながら新しい車をよりユーザ目線で語ってみようというコーナー。表面上のスペックや新技術の解説ではなく、もっと本当に使ってみた上で進化を見極めます。文/写真・山里真元

  
49962

ジムニーに採用されるリジッドアクスル式サスペンションとは?

2018年、20年ぶりにフルモデルチェンジを行ったスズキ ジムニー。お洒落なアウトドアギアといった雰囲気のスタイリングは、従来のジムニーファンだけでなく、これまであまりクルマに関心を持っていなかった層からの支持も得ているようです。しかし、ジムニーの真髄はオフロードでの高い走行性能...

  
45514

本格クロカン4WDにしか搭載されていない機能とは?

2018年に引き続き、今年もジムニーなどのクロスカントリー4WDが市場では活況を呈しています。走行シチュエーションや性能を限定させ、よりマルチパーパスなキャラクターになっていくSUVに対して、クロカン4WDの本領はあくまでも「オフロード」。今回は、本格派のクロカン4WDが備える装...

  
12054

Gクラス史上もっとも低燃費!新しいG350dはどう進化した?

2018年にフルモデルチェンジを行なったメルセデス・ベンツ Gクラスのエンジンラインナップは、最高出力310kWを発生する4.0L V8ガソリンターボのみで、それまでラインナップされていたディーゼルモデルを待ち望む声があったのも事実です。そんな期待に答えるディーゼルモデルが201...

  
4535

東京オートサロン2019の大目玉!? ドレスアップされた約30台の新型ジムニーが会場を彩る!

今年も初日から多くの来場者を集めた「東京オートサロン」。その盛り上がりは、東京モーターショー以上であり、寒空の中にも関わらず会場は熱気に満ちていました。そんな会場の中で、一際目立っていたのが、昨年から巷の話題を集めてきたジムニーのドレスアップモデルです。文・山崎友貴

  
4806

2018年、自動車業界を賑わせたクルマ3選!

ボルボ XC40が日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得し、ボルボが輸入車史上初の2連続受賞となったことは記憶に新しいところ。しかし、例年以上に新型車が多かった2018年、クルマ業界を賑わせてくれたのはそれだけではありません。そこで、2018年を盛り上げてくれたクルマを3台、ピックアッ...

  
6601

SUZUKI JIMNY & JIMNY SIERRA 日常で履くワークブーツ

多くのメディアが伝える通り、新型ジムニーの構成は伝統の二本立てだ。660㏄の直列3気筒ターボを搭載するのが「ジムニー」で、このシャシーに185幅のタイヤを納めるオーバーフェンダーを装着し、1.5リッター自然吸気エンジンを搭載したのが「シエラ」だ。そして試乗には、一般公道でシエラ(...

  
651

【プロフェッサー武田の現代自動車哲学論考】第五章:ポルシェ カイエン

2002年のパリ・サロンにてポルシェ初代カイエンがデビューしたことが、現代のSUV(Sports Utility Vehicle)全盛時代の幕開けとなった……、とする見方には、概ねご賛同いただけるのではあるまいか?文・武田公実 写真・S.Kamimura

  
1849

新旧乗り比べてわかった、旧型ジムニーの楽しい部分

ヒット街道を爆走し、今年のカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しそうな勢いの新型ジムニー。でも、納車まで1年以上待つという狂おしい状況も。そこで、考えたい選択肢があえて旧型に乗るということ。新旧ジムニーを比較して、JB23/43型ジムニーの良さを検証してみました。文・山崎友貴

  
12135

乗用車が6輪になったら、ハンドリング、乗り心地、燃費などはどうなるの?

トラックやバス、その他の特殊な車両を除き、乗用車は4輪が一般的です。でももし、乗用車のタイヤが6つになったら、どんなことが起きるのでしょうか?ハンドリング、乗り心地、ロードノイズ、居住性、燃費性能などの自動車の性能において、じつは得をすることもあるのでは?文・吉川賢一

  
6506

アストンマーティンのスーパーGT「DBS スーパーレジェーラ」が日本デビュー!

2018年6月27日、日本でも正式デビューをはたしたアストンマーティンの新しいスーパーGTモデルが「DBSスーパーレジェーラ」です。これによりフラッグシップも世代交代となります。アストンマーティン東京で開催された発表会の内容を見ていきましょう。文/写真・山里真元|日本スーパーカー...

  
2623

もうすぐ新作公開!映画『ジュラシック・ワールド』の登場車種をおさらい!

2018年7月13日、シリーズ4作目となる『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が公開されます。前作の『ジュラシック・ワールド』から数年後を描いたストーリーで、劇中には前作に登場した車が、ふたたび登場するようです。新作公開前に、前作の登場車種をおさらいしましょう!

  
4385

おすすめ7人乗りSUV 〜輸入車編〜

ミニバンにとって代わる存在として、人気急上昇中の7人乗りSUV。スタイリングよし、走りよしが、その魅力となっているようです。前回の国産車編に続き、今回はおすすめ7人乗りSUVの輸入車編をお送りします。文・山崎賢一

  
20396

総資産5,000億超え!? ZOZO社長、マイバッハG650ランドレーを愛車購入!

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの創業者であり、代表取締役社長である前澤友作氏は、先日自身のツイッターでメルセデス・マイバッハのG650ランドレーを購入したと発表しました。このメルセデス・マイバッハG650ランドレーとは、いったいどのような車な...

  
38074

20年間お疲れ様ジムニー!新型はどんな姿になって登場する?

2018年2月いっぱいで受注を終了したスズキのSUV、ジムニーとジムニー シエラ。1998年の発売以来、20年間にわたって販売され続けてきた、超ロングセラーな名車です。次期モデルは今年の夏に発売される見込みですが、今回は従来型の魅力と新型の予想をお伝えしましょう。文・山崎友貴

  
14922

マイバッハG650ランドレー、メルセデス・ベンツGクラスとどう違う?

2017年2月、人気のオフロード4WD「Gクラス」のバージョンのひとつとして登場した「メルセデス・マイバッハG650ランドレー」。G63AMG 6×6を彷彿とさせるスタイリングで巷の話題を呼びました。今回は、このモデルにスポットを当ててみたいと思います。文・山崎友貴

  
22695

今こそもう一度見つめたいオリジナル・ゲレンデ

メルセデス・ベンツ Gクラスが約40年ぶりにモデルチェンジというニュース。ロングライフモデルがモデルチェンジするときに、嬉しさと共に寂しさも感じますが、「ついにその時が来たか」という気持ちの方が強かったというのが正直なところです。文・中込健太郎

  
7464

私の考えるカワイイ、カッコイイ

どんな人も、自分の好きなクルマに乗るのがもちろん一番だ。でも人もクルマも社会的存在である以上、そのクルマにはどんなイメージがあるのか。そのクルマに乗ると、どんなふうに見えるのか。知っておくのも大事なことだと思う。クルマは移動する道具であるとともに、女性にとっては、大きなアクセサリ...

  
1525

ラダーフレームを採用する車5選〜輸入車編〜

国産車ではすっかり少なくなってしまった「ラダーフレーム構造」の車ですが、海外にはまだまだ多くのモデルが存在しています。前回の国産車編に引き続き、今回は輸入車編をお送りしましょう。文・山崎友貴

  
21815
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives