「FR」の検索結果(529件)

記事

お金はないけどこれなら買える!? 現行お手頃国産スポーツカー4選

スポーツカーといえば、流麗でカッコいい2ドアクーペで、"走る歓び"や"所有する歓び"を与えてくれる存在。そんなイメージで、どうしても高価な車だと思われがちです。実際、ホンダ NSXや日産 GT-Rなど高級路線で販売されるスポーツカーもありますが、そ...

  
7856

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.15 パパと娘とロードスター

「いつか」は突然にやってくる。免許を取って初めて買ったクルマが初代ロードスターだった夫は、それから20年以上、個人所有だったり仕事のレポート車だったりと、何かしらの形で2代目・3代目のロードスターにも乗り続けてきた。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス vol.187...

  
786

マークⅡからマークXへ。マークXは今後どうなるのか?

マークXは、マークⅡの後継車種として2004年に登場。2009年に2代目となり、2014年にはフェイスリフトを受けました。日本国内では数少なくなったFRのスポーツセダンであるマークXの歴史を振り返ってみます。文・CarMe編集部

  
2705

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.14 電動ママチャリ・デビュー

この春、我が家に新しい乗りものが2台やってきた。1台は、3歳になった娘にプレゼントした12インチ自転車だ。夫も私も、3歳半にはもう補助輪ナシで自転車を乗り回していたので、そろそろいいだろうと思ったのだが、娘はどうも乗り気じゃない様子。私が欲しくて欲しくて買ってもらった子どもの頃と...

  
657

誰でも知ってるクルマの王様!ロールス・ロイスのラインナップ

創立から100年以上という長い歴史を有するロールス・ロイスですが、そのブランド力は微塵も衰えることなく、現在も高級乗用車の代名詞ブランドとして揺るぎない地位を築き上げています。そんな現在のロールス・ロイスが販売しているラインナップをまとめてみました。文・西山昭智

  
2561

国産車なのに輸入車という不思議なクルマ6選

日本を拠点とする自動車メーカーの販売しているクルマを「国産車」と呼んでいるが、グローバル化が進む昨今、国産ブランドであっても海外で作られていて、じつは輸入車というモデルは少なからず存在している。はたして、どのようなモデルが『じつは輸入車』なのか、6モデルをピックアップして紹介しよ...

  
7923

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.13 人生5個目のヘルメットは…

初めてレースというものに参戦した日から、もうすぐ20年になる。師匠に教わったことのひとつが、ヘルメットやレーシングスーツなど装備品を選ぶときの心得だ。ちゃんと自分の身体のサイズに合うもの、多少高価でも信頼できるものを選べ。なぜなら、これは命を賭けるスポーツなのだから。そう何度も念...

  
147

二重課税を解決か!? 自動車新税「環境性能割」とは?

クルマには、さまざまなかたちで税金が課せられています。そのため見方によっては、二重三重の課税となり、ことあるごとに問題となってきました。特に取得時には、自動車取得税と消費税が発生し、二重課税と言われてきました。その問題を解消するという目的で、消費税10%の引き上げと同時に検討され...

  
932

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.12 イベントごとと夫の靴

秋から春にかけて、我が家にはイベントごとが集中している。とくに2月、3月は義母の誕生日とバレンタインデー、結婚記念日にひな祭り、ホワイトデー、そして娘の誕生日もやってくる。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス vol.184 2018年3月号]

  
649

フランス車とは何か?

よくインプレ記事や店頭の売り文句で、「スペック以上に走るのがフランス車」などといわれるが、じつはホメになっていないし、そもそもスペック至上主義に絡めとられていることに、気づいていないと思う。text:南陽一浩 [aheadアーカイブス vol.184 2018年3月号]

  
6745

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.11 ミニバンの悲劇と女の直感

新年早々、我が家のミニバンはぶつけられて痛々しい姿になってしまった。修理に入ってから、もう3週間。代車での不便な生活が続いている。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス vol.183 2018年2月号]

  
400

モタスポ見聞録 Vol.11 タフさを取り戻すダカール

5年ぶりにペルーでのステージが復活。ルートの概略が発表された段階で、各チームとも今年は特に前半と後半で難易度の高いステージが連続すると予想した。が、実際の難易度は予想を大きく超えた。text:春木久史 photo:日野自動車 [aheadアーカイブス vol.183 2018年2...

  
364

全幅2メートルの堂々たる体躯!BMWの新型SUV「X7」とは?

BMWの誇るSUV、Xシリーズに、待望のフラッグシップがついに登場します。「X7」と名付けられたハイエンドモデルは、堂々たる体躯、圧倒的なラグジュアリー感、あらゆる路面状況でも揺るぎない走行性能など、すべてがワンランク上の仕上がり。BMWのこだわりが凝縮された、X7を検証してみる...

  
3669

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.101 EV報道の真実

最近、いろいろなメディアでEVにまつわる記事を目にするようになった。ついにEVの時代がやってきた! といった前のめりの姿勢で、IT系や経済系のライターさんたちがこぞってEV関係の記事を書き出したからだ。もちろん、それ自体は悪いことではない。いろいろな人がクルマの話題を採りあげるの...

  
1960

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.9 夫婦円満のワザ

発売されたばかりの『カーズ/クロスロード』のDVDを見ながら、娘と私が盛り上がっている横で、夫はなにやらスマホを睨み、せわしなく画面をスクロールしていた。こりゃ始まったなと、私はその画面になにが映っているのか、うすうす感づいている。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス...

  
29873

スバル水平対向エンジンといえばEJ型!? 初期のEA型からどれだけ変わったのか?

スバル水平対向エンジンといえば、多くのスバリストがEJ型を挙げます。しかしEJ型は、WRXのような一部のハイパフォーマンス車向けにしか残っておらず、最近スバル乗りになった人のほとんどは、水平対向エンジンと言えばFA型やFB型でしょう。今回は、そのルーツとなったEA52型からスバル...

  
13147

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.8 腰痛デビュー

いっそのことマッサージ師の資格でも取ろうかしらと思うほど、毎夜のごとく夫から「ちょっと腰押して」と頼まれる。夫は20代でギックリ腰をやり、すでに20年も腰痛を抱えている自称「ガラスの腰」の持ち主だ。ヒマさえあれば整骨院へ通っているが、それでも腰が痛い、腰が痛いといつも言っている。...

  
170

EVオヤジの未来予想図 VOL.3 古き良き時代の崩壊

何を隠そう富士スピードウエイの30度バンクを駆け下りるホンダS800のエキゾーストノートに頭がいかれ、1966年の日本GPで滝新太郎の乗る906カレラ6のフラット6の排気音にシビレ、今の私が出来上がったといってよい。text:舘内 端 [aheadアーカイブス vol.180 2...

  
5538

RX-7やスープラなど…90年代の名車が今でも人気な車7選

一般的にクルマは、年数が経過するごとに市場価格は下落します。市場は流行りに敏感で、新しい物に魅力を感じますから当然のことです。しかし、名車と呼ばれる一部のクルマは、その流れに逆らい、さらには希少性がプラスされてプレミアが付くこともあります。バブル経済が終焉を迎える少し前の1990...

  
23554

直5、V12、水平対向…少数派だけど、熱烈なファンが多いエンジンレイアウト4選

少数派だけど、ファンが多いエンジンレイアウトがあります。それぞれにメリット・デメリットがありますが、あなたはどのエンジンレイアウトがお好きですか?

  
6908
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives