「FCV」の検索結果(22件)

記事

ロータリーエンジン搭載車が復刻版として発売される日は来るのか?

2017年現在、ラインナップから外れてしまっていますが、根強い人気があるロータリーエンジン。秋に開催される東京モーターショー2017では、ロータリーの復活が期待されています。素人考えでは、過去の人気モデルを復刻して発売するのも一つの手法のように思えますが、かつて人気を誇ったRX-...

  
3431

90年、00年、10年…あなたはどの世代の車が好きですか?

この30年で、世界の自動車造りは大きく変化しています。従来の手法が円熟期に達した90年代、環境性能と高出力に対応し始めた00年代、追突予防安全装備から自動運転へと変化している10年代。あなたはどの年代の車が好きですか?

  
2778

もし日本でディーゼル車禁止令が出たら、所有者はどうすればいいの?

フランスとイギリスが、2040年までに内燃機関を搭載する自動車の販売を禁止すると発表しました。フランスの判断には、VWのディーゼル車排ガス不正問題によって、これまでディーゼル車が隆盛を誇ってきた欧州で、ディーゼル見直し論が出ているのだと言います。もし日本で、ディーゼル車の販売が禁...

  
9391

ガソリン、ハイブリッド、EV、FCV車…火災や浸水時に危険な車はどれ?

台風の季節です。近年は大型台風が日本を直撃し、甚大な自然災害をもたらしています。そのなかには、自動車には大敵の浸水や火災が含まれます。自然災害にあった際、車両にはどのような被害が発生しやすいのか、燃料別に調べてみました。

  
5183

次世代エネルギー車、ホンダ クラリティって知ってますか?

ホンダ クラリティを知っていますか?燃料電池車ですが、リース販売だけなので、モーターショーやイベント以外で見たことのある方は、ごく少数でしょう。なぜ燃料電池車はなかなか普及しないのでしょうか?ホンダ クラリティを紹介しながら、日本の水素ステーションの現状とともにお伝えします。

  
5272

EVだけが走れる道路が増えているって本当?

近年、性能も向上し、なおかつ価格も現実的になってきた電気自動車=EV。その最大のメリットは環境性能ですが、これは燃費がいいというような概念ではなく、温室効果ガスをクルマ自体がほぼ発生させないという点にあります。今後、そんなメリットを享受できる状況が、どうやら加速しつつあるようなの...

  
5521

パリ協定によって車作りはどう変わるのか?

2015年12月に採択され、2016年11月4日に発行された「パリ協定」。温室効果ガスを減らすために、すべての国が努力する…という内容ですが、アメリカの離脱で、波紋を呼んでいます。このパリ協定、クルマ作りにどのような影響を与えているのでしょうか?

  
5385

ハイブリッド、水素、ディーゼル…結局どれがコスパいいんですか?

ハイブリッドはもちろん、PHV、水素をつかった燃料電池、そしてクリーンディーゼルエンジン…環境対策のためにさまざまなパワーユニットが開発され、進化を続けています。いずれも優れた技術によるものですが、私達にとって何が一番コストパフォーマンスに優れているのでしょうか?

  
25191

豊富なインセット。欧州車にマッチする国産ホイールとは?「WORK GNOSIS」

国産車に輸入ホイールを使うことはあっても、輸入車に国産ホイールを好むユーザーは、案外少ないのでは無いでしょうか。ブランドの統一感、PCDやインセット、デザインなど理由はいろいろとあるでしょうが、輸入車向けに、クルマとの調和を基調としたシャープでエレガントなデザインを特徴とした、W...

  
10006

次期スカイラインクロスオーバーに搭載!可変圧縮比エンジンって、何がすごいの?

自動車用の次世代パワーユニットは、なにもEVやFCVに限らないわけで、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンでも、まだまだ「次世代」は作れます。日産が2016年8月15日に発表した、世界初の量産可変圧縮比エンジン「VC-T」もそのひとつです。

  
49316

日本で再び増えてきたターボ車…一方、先行していたヨーロッパは?

排ガス規制でかつてのハイパワーターボの多くが一斉消滅後、めっきり減っていたように思える国産ターボ車ですが、ダウンサイジングターボの波がようやく日本に到達して最近はターボ車が増えています。しかし、その分野で先行していた欧州は、既に次のステップへと進んでいました。

  
9116

車はどれくらいまで軽量化が可能なのか?軽量化のメリットとデメリット

クルマにとって、軽さとは「正義」です。軽ければそれだけ加速ができますし、軽ければそれだけ少ないエネルギーで走れて効率が良く、省エネにもなります。しかしただ闇雲に軽くすればいいものでもありません。価格や剛性、接地力といった制約の中でどれだけ軽くできるでしょうか?

  
36623

古い車では当たり前!昔はどのようにアイドリングを調整していたのか?

最近は「アイドリング調整」などと言われても、そもそもアイドルストップが当たり前なので何の事だかわからない人も増えているとは思います。昔のコンピューターなどついていない車では自分でアイドリングを調整したものです。どんな事をしていたのか、今ではどうなのかというお話。

  
26788

なぜエンジンを止めた車のブレーキは固く感じるのか?

昔の車であればいざ知らず、今の車のブレーキを踏んでいてそうそう「固い」と感じる事は無いと思います。しかしエンジンを止めて停止中も最初は軽く踏めるのですが、何度も踏んでいるとだんだん重く感じてくるのはなぜでしょう?

  
23266

高回転を実現するロータリーエンジン…その最高回転数の限界はどれくらい?

2017年に新型RX-7が復活と噂されていると同時に、ロータリーエンジンの復活も期待されています。「高回転まで気持ちよく回りスムーズ」ともいわれるエンジン特性のロータリーの回転数の限界はどれくらいなのでしょうか?また、ロータリーエンジンの将来は?

  
107800

実は石油が毎年増えているって本当?今後のガソリン車はどうなる?

ずいぶん前から、「石油資源は、あと○○年で枯渇する」とか「原油の埋蔵量はどれくらい」などという話がされてきました。皆さんも耳にしたことがあると思いますが、実際には増加しているようなのです。それは一体どういうことなのでしょうか?また、そうだとするとガソリン車の今後にも影響があるので...

  
70610

2017年発売?!最新技術の結晶、レクサス LF-FCは何がすごいのか?

東京モーターショーで発表された、「自動運転システム」と「燃料電池」を搭載したレクサス次期フラッグシップカーのコンセプトモデル「LF-FC」。実用化が始まったばかり、あるいは数年後には実用化が想定される新技術を一つのパッケージとしてまとめ上げた姿から、既存の新技術搭載モデルとの比較...

  
39140

"SKYACTIV-G"の1.5倍?マツダ、燃費50km/Lエンジン開発に着手!

去る9月24日、マツダの金井会長がインタビューの中で、燃費45~50km/Lのエンジン開発に着手した事を明らかにしました。これが実現すれば、既存の内燃機関単体での燃費性能を大幅に超えるエンジンとなります。マツダが目指すエンジンとはどんなものなのでしょうか。

  
40662

新型レクサスLSの価格と発売時期は!? LSの中古価格にも注目したい!

2006年に現行モデルが発売され、2013年にビッグマイナーチェンジが行われたレクサスLS。前回のフルモデルチェンジより約11年が経過する2017年、満を持しての新型が登場する予定です。レクサスのフラッグシップモデルとして、新型レクサスLSの走行スペック、そして新車価格は一体どう...

  
201337

日本製ダウンサイジングターボと欧州製ダウンサイジングターボはどう違う?

ハイブリッドカーがメインだった国産エコカーも、いよいよダウンサイジングターボが加わり選択肢に幅が出てきました。欧州から始まったダウンサイジングの流れですが、国産のものは完全な後追いというわけではないようです。どんな違いがあるのか、いくつかのポイントで探ってみます。

  
89382