「FC」の検索結果(98件)

記事

TEINから新車高調MONO RACINGデビュー!シビックTYPE R 、86でテスト

TEINの2019年発売のニューモデル、MONO RACING(モノレーシング)が発表されました。これまでTEINのスポーツ系車高調は、モノスポーツ(MS)とスーパーレーシング(SR)の2つがありました。そこに新しくラインナップされたモノレーシングは、サーキット走行を前提としなが...

  
631

会話するクルマが登場!! 新型メルセデス・ベンツAクラスにAIを積んだ対話型インフォテイメントシステ...

メルセデス・ベンツAクラスが4代目にスイッチした。Aクラスといえば、初代と2代目は、衝突安全性を確保し、EV化やFCV化も見据えた「サンドイッチコンセプト」と呼ばれる二重フロア構造を採用。先代の3代目から現在のロー&ワイドのスポーティフォルムに一新。4代目はスポーティ路線をさらに...

  
14628

静かに熱い、日本EVフェスティバル

23回目という長い歴史と、参加者、参加台数、出展メーカーの多さ、そしてユニークなプログラムの数々を誇る、年に1度の日本一のEV祭り。それが、本誌で連載している〝EVオヤジ〟こと舘内 端氏が率いる日本EVクラブ主催の「日本EVフェスティバル」である。text:まるも亜希子 phot...

  
273

脱ガソリンしたい人へ!おすすめEV5選

国内のガソリン価格の上昇が続くなか、少しでもクルマの維持費を節約したいと考える方は少なくないでしょう。また、排気ガスの環境への影響も気になります。そんな方におすすめな自動車が、EV(電気自動車)とFCV(燃料電池車)です。しかしFCVは水素ステーションが無ければ、燃料補給がままな...

  
4280

国内810店舗突破のイエローハット、ハット(8月10日)の日にセール実施!

大手カー用品チェーンの株式会社イエローハット(以下イエローハット)は、2018年7月20日(金)に愛知県にオープンした『イエローハット 日進竹の山店』をもちまして、イエローハットグループの国内店舗数総合計が、810店舗を突破したことを記念し、8月3日(金)にイエローハット本社ビル...

  
11650

横浜ゴム『ADVAN Racing TC-4』を8月10日から販売スタート

横浜ゴム(株)は、スポーツ系アルミホイールの新商品「ADVAN Racing TC-4(アドバン・レーシング・ティーシーフォー)」を8月10日からカー用品販売子会社の(株)YFCを通じて発売することを発表しました。

  
6849

RX-7、サバンナ、コスモ…歴代マツダロータリーエンジン搭載車10選

孤高のエンジン、ロータリーエンジンを積んだマツダ車をご紹介します。1967年に登場したコスモスポーツに始まり、2012年に生産を終えたRX-8まで、どれも魅力的なクルマです。

  
17494

ホンダの新型クラリティ PHEV発売開始!三菱のPHEVとどう違うの?

2018年7月20日に、ホンダからクラリティ PHEVが発売されました。最大の注目点は、1充電あたり100kmを超える航続距離です。これだけの航続距離を実現したホンダのPHEV技術を、"PHEVのパイオニア"的な存在の三菱 アウトランダー PHEVと比較してみまし...

  
6055

なぜ、RX-8はRX-7直系の後継車ではないと言われたのか?

現在のところ、"最後のロータリーエンジン搭載市販車"となっているのが、マツダ RX-8です。2012年6月に生産終了し、先代のRX-7ともども後継車の目処はまだ立っていません。そもそもRX-8そのものがRX-7の直系では無いと言われますが、その理由はどんなものなの...

  
14594

ガソリン車にはガソリン税。EVには走行税!? 導入はありえるのか

2018年現在、電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)は給油がないため、走行を重ねても「ガソリン税」を取られることはありません。その状況を受け、昨年「EVに”走行税”が導入されるか?」という話が、自動車メディアなどで何度か取り上げられました。そこで今回は、走行税について世界的な...

  
9647

デザインとは何か ーミラノデザインウィーク2016「SETSUNA」に思うことー

普段当たり前のように使っている「デザイン」という言葉。でも、デザインっていったい何なのだろう。デザインとは単に見た目のことなのだろうか。そんなことを考えていたある日、ミラノデザインウィークに外板に木を使ったというコンセプトカー、トヨタ「SETSUNA」が出展されると聞いた。イタリ...

  
1037

ダウンサイジングと向き合う

ダウンサイジングとは、効率を優先して規模を小さくすることをいう。クルマの世界では、過給器を追加して一定の性能を維持しながら排気量を削減することや、クルマ自体を小さなものに乗り換えたりすることをさす。ユーザーにエコや維持費の低減を提供するなど、コストダウンを主な目的に発展してきた技...

  
1638

中国で一番売れている日本車「日産 シルフィ」のEV車が北京で世界初公開

一時期の勢いは沈静化された感があるものの、モータリゼーション真っ只中の中国では、1年間に約2,890万台の新車(4輪車)が販売されています。これは日本の約5倍。そのなかで、もっとも売れている日本車が「日産 シルフィ(東風日産 軒逸)」です。そのシルフィの純電車(中国語で、純粋な電...

  
9754

今年も支払い時期がやってきた!自動車税をおさらい!

平成30年度分の自動車税納付書が、皆さんのお手元にも届いたことでしょう。毎年4月1日時点での自動車の所有者や使用者に対して課税されます。この自動車税について、おさらいしておきましょう。

  
19125

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.65 ズレてゆく“軽”への危惧

最近の軽自動車事情について常々考えていたことがある。考えていたというよりは、違和感をもっていた、と言った方がより正しいだろう。去年の販売成績を見ると、タントやN|BOXといった、背が高くて室内が広い分、重くて燃費が悪くて値段の高い軽自動車がベストセラー上位に陣取っていることがわか...

  
860

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.66 トヨタのしめす水素ワールド

ごく短時間、それもクローズドコース内という限られた条件下だったけれど、ミライに乗った僕は久々にワクワクしていた。こんな感覚を味わったのは…そう、1997年の夏に初代プリウスに乗ったとき以来だ。まったく新しい動力源で走るクルマに乗るというのは、新しい時代の幕開けを全身で味わうことに...

  
410

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.60 燃料電池車を照らす大発見

トヨタが来年に市場投入を予定している燃料電池車(FCV)。ホンダもそれに追随する見込みで、ついにFCVが街を走る時代がやってくる。text: 岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.140 2014年7月号]

  
1140

きちんと理解していますか?エコカー減税についてあらためて確認!

4月となり、会社や役所が新しい年度に入りました。それにともない、エコカー減税の内容や対象車が見直されています。2018年(平成30年)度のエコカー減税は、どのように変わったのでしょうか。乗用車のエコカー減税について紹介します。

  
3450

アルファロメオの変革

年明け早々、僕はアルファ・ロメオ4Cスパイダーを走らせながら、これからしばらくが最も楽しみなブランドのひとつはコレかもな、なんて考えていた。自動車メーカーも新陳代謝みたいなことを繰り返しながら次また次と時代を作っていくようなところがあって、今、アルファ・ロメオはちょうどその転機の...

  
1218

フェアレディZ、ソアラ、RX-7…"ネオクラシックカー"のススメ

最近、「ネオクラシックカー」が注目を浴びています。日本車の場合、「クラシックカー」と呼ばれる車が1960年代から70年代あたりを指すのに対して、「ネオ」はそれよりも新しい世代、つまり1980年代から90年代頃までの車を指します。

  
13167
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives