「F1」の検索結果(508件)

記事

私の永遠の1台 VOL.23 いすゞ ピアッツァ ハンドリングbyロータス

幼少期は誰でもクルマに興味を持つが、私は小学校に入ってもその熱は冷めるどころか更にエスカレートしていった。休みの日には両親にお願いしてディーラーでカタログ収集。更に少ないお小遣いをやりくりしながら自動車雑誌を買うようになった頃、あるクルマに出会った。「いすゞ ピアッツァ」である。...

  
2369

トタルのオイルを知る ①ロータス横浜

前身となった会社も含めると90年以上の歴史を持ち、現在世界第4位の規模を誇るフランスの総合石油企業がトタルだ。F1や世界ラリー選手権、世界耐久選手権といったモータースポーツ最前線で技術を磨き、2017年のダカールラリーを制したプジョー・2008DRのテクニカルサポートも務めるなど...

  
482

イギリスとアメリカが生み出した毒ヘビ"コブラ"とはどんな車?

1960年代までのイギリスには、小中規模の自動車メーカーが数多く存在していました。そのひとつが、ACカーズです。20世紀初頭に産声を上げたACカーズは、伝統あるイギリス自動車メーカーのなかでも古いメーカーで、戦後には他メーカーからエンジンの提供を受けて車両を製作していました。そん...

  
13809

初めてのモータースポーツ観戦にオススメ。レーシングカーとの距離が近いカテゴリー3選

レース観戦はお金がかかるというイメージが強く、モータースポーツを「見て楽しむ」という点でもハードルが高く感じるかもしれないが、さにあらず。じつは気軽に、もっと身近にレースを観戦することはできる。文・山本晋也

  
4361

EVオヤジの未来予想図 VOL.3 古き良き時代の崩壊

何を隠そう富士スピードウエイの30度バンクを駆け下りるホンダS800のエキゾーストノートに頭がいかれ、1966年の日本GPで滝新太郎の乗る906カレラ6のフラット6の排気音にシビレ、今の私が出来上がったといってよい。text:舘内 端 [aheadアーカイブス vol.180 2...

  
5914

モタスポ見聞録 Vol.8 キャリアとしがらみ

1996年2月7日生まれ、フランス出身のピエール・ガスリーは’17年、レッドブルのスポンサーカラーとともにスーパーフォーミュラ(SF)にやってきた。text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.180 2017年11月号]

  
298

スーパーカーを超える"ハイパーカー"とは、どんなクルマ?

近年、自動車関連のテクノロジーが目まぐるしい進歩を遂げ、20世紀に描かれたSFが現実のものとなっています。そんななか、スーパーカーメーカーはテクノロジーの粋を集めた超高性能モデルで、しのぎを削っています。「ハイパーカー」とは、そんな超高性能モデルのことですが、一体どんなクルマなの...

  
5019

NSX、GT-R、LC…国産ハイパフォーマンスカーは、年間何台売れているの?

ハイパフォーマンススポーツカーといえば、フェラーリやランボルギーニなど、いわゆるスーパーカーを思い浮かべる方は多いでしょう。しかし、国産車も負けてはいません。速くて、格好良くて、お値段もそれなりの国産ハイパフォーマンススポーツカーは、いったいどのくらい売れているのでしょうか。文・...

  
8267

モータースポーツは"オワコン"になってしまったのか?

F1やWRCを頂点に、各国で開催される国内選手権や地方選手権など、モータースポーツは世界中で催されています。しかしながら、日本ではテレビ放映が少なくなったり、観客動員数も激減したりと、"オワコン"と囁かれることもしばしばです。本当に日本のモータースポーツ熱は、低下...

  
5864

BBSジャパンの「飽くなきこだわり」にBBSホイールの高い品質の理由を見た!

世界に冠たる高品質ホイール「BBS」の鍛造ホイールはBBSジャパンから1本1本、丹念に丁寧に生み出されています。CarMe編集部は数回にわたってその生まれ故郷・富山県高岡市の本社工場を見学、そこでわかったのは、BBSジャパンのホイールへの飽くなきこだわりでした。今回は、開発陣にこ...

  
3698

アルファロメオの最高峰を表す"クアドリフォリオ"とは?

イタリアを代表する自動車メーカー、アルファロメオ。その歴史は古く、レースシーンで圧倒的な存在感を示してきたスポーツカーブランドです。そんなアルファロメオの新型SUVステルヴィオやミドルサイズセダンのジュリアには、クアドリフォリオと呼ばれるハイパフォーマンスモデルが存在します。この...

  
5043

ミニバンやコンパクトカーにも!? D型ハンドルを現行で採用しているクルマ5選

D型ハンドルとは、完全な円形ではなくアルファベットのDのような形をしていることからその名がつきました。直進方向にハンドルを持つと直線部分が下になり、元々はドライバーの空間が狭いレーシングカー用のハンドルでした。しかし近年ではスポーツカーやミニバンなどにも幅広く採用されています。そ...

  
10080

フェラーリと言えば赤!でもコーポレートカラーは別の色って知っていました?

フェラーリと聞くと、ほとんどの方が鮮やかな赤を思い浮かべるかと思います。それほどまでに、フェラーリ=赤のイメージが定着しています。しかし、フェラーリのコーポレートカラーは、赤色ではありません。なぜフェラーリに赤色が定着したのかも踏まえて、解説していきましょう。文・大塩健史

  
9849

ブリヂストン、ミシュラン…タイヤメーカーのビッグ3は?

自動車の影の主役とも言える、タイヤ。タイヤがしっかりしていなければ、満足できる走りは実現しません。世界のタイヤ業界は、どのような構図になっているのでしょうか?タイヤ界のビッグ3(スリー)と、それを追従するメーカーを紹介しましょう。

  
29642

フェラーリとランボルギーニ。似て非なるポジショニングとは?

スーパーカーや高級車として名高いフェラーリとランボルギーニ、もし買えるとしたら皆さんはどちらを選びますか?クルマ好きであれば、それぞれのヒストリーをご存知かと思いますが、あまり知らない人からすれば、どちらも同じ高級車メーカーとして見られているかもしれません。今回は、それぞれの違い...

  
28998

【プロフェッサー武田の試乗記】新型メガーヌR.S、乗り心地とハンドリングの完全両立

いわゆる自動車ジャーナリストを生業としていると、試乗させていただくニューモデルの多くについて、実際にステアリングを握る以前からある程度の予想がつくようにも思い込みがちである。たしかに近年の新型車は概ね出来が良いので、ほぼ事前の予測どおりのインプレッションとなることも多いのだが、年...

  
4548

最強を謳うメルセデス・ベンツの4ドアクーペ AMG GTの凄さ

AクラスからSクラスまで、フルラインナップを誇るメルセデス・ベンツ。その頂点に君臨するAMG GTに、待望の4ドアモデルが登場しました。これまでクーペとロードスターのみだったAMG GTが、実用性の高い4ドアを導入したことで、いったいどのような変化が生まれるのでしょうか。モンスタ...

  
4609

車好きのセレブの集いはレベルが違う!? 下田ランデブー2018レポ

「SHIMODA Rendezvous 2018」というイベントが、静岡県下田市の武ガ浜 安田ヤードにて、2018年8月25日に開催されました。安田造船所が主催で行うこのイベントは、”紳士な大人が集い遊び過ごす”というもので、伊豆下田に訪れて、まる1日、下田の魅力を満喫してもらお...

  
19800

AT限定免許で、パドルシフトって使っていいの?

スポーツカーや、スポーツバージョンのクルマについているパドルシフト。MT車のようにシフトチェンジを繰り返すことで、運転をより楽しむことができ、燃費の向上も期待できるパドルシフトですが、でもこれって「自分はAT限定免許なんだけど、いいんだっけ?」って思ったこと、ありませんか?文・吉...

  
32543

平成の名車といえばこれだ!国産車5選

2019年4月で「平成」という時代の幕が降ろされることになりました。金融危機、震災、グローバル化といった激動の平成時代には、技術の進歩とともに数々の名車が誕生しました。今回は、そのなかでも特に印象深い5台を紹介しましょう。文・立花義人

  
32307
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives