「F1」の検索結果(142件)

記事

前後のタイヤの幅が違う…そのメリットとデメリット

スポーツカーでは、前後でタイヤ幅の違うクルマも珍しくありませんが、なぜ4本とも同じではいけないのでしょうか?そのメリット・デメリットなどについて紹介します。

  
5

いまだ色あせないフェラーリF355の魅力。その理由とは?

デビューからすでに20年以上が経過したスポーツカーといえば、多くの方は「すでに時代遅れ」と考えるかもしれません。しかし、フェラーリが1994年に発表したF355は、コレクターズアイテム化しつつある一方で、いまだに多くの車両が現役で走っています。その理由を探ってみました。

  
2349

いまさらだけど…F1の速さが異常!GTと比較してみた

GTとF1。いくらGTでも、さすがにF1にはかなわないくらいは、誰もが想像出来るでしょう。ですが、まさかここまで違うとは想像出来なかったのではないでしょうか?-------------------------------------------------------------...

  
13687

これからの時代、MT免許は必要なの?

現代の車はほとんどがATで、わずらわしいクラッチ操作がないため運転が非常に楽です。エンストなんていうこともまず起きません。確かに3ペダルのMTは少なくなっていますが、2ペダルMTというものを近年よく聞くようになってきました。MTとなるとMT免許が必要なの?と思ってしまいますが、今...

  
8569

360モデナからF430、そして488まで。近代スモールフェラーリが目指したもの

360モデナの後継として2004年にデビューしたスモールフェラーリ、F430。初年度登録から10年以上が経過したモデルにも関わらず、中古市場ではまだまだ高値を維持しています。その理由は、どういったところにあるのでしょうか?

  
1241

スポーツカーには、なぜ「赤」が多いのか?

スポーツカーやスーパーカーと聞いてイメージする色といえば、赤が圧倒的です。これはフェラーリに由来するところも大きいのかもしれませんが、じつは学術的にもスポーツカーには赤や黄色が向いていたのです。

  
1640

セルシオ、4500GT、ユーノスコスモ…バブル期のモーターショーの出展車!現代とどう違う?

バブル真っ只中の1989年。年号も平成にかわり、場所も東京・晴海から千葉・幕張に移って、始めての開催となった第28回東京モーターショーは、伝説と言われるほどの盛り上がりを見せました。はたしてどんな車が出展されていたのでしょうか?

  
10743

トヨタとヤマハの共同開発エンジンを搭載した車は?

トヨタとヤマハの関係は1967年発売のトヨタ2000GTに始まります。現在までにヤマハが関わったエンジンを積んだトヨタ車はLFAを含め、多数存在します。F1のエンジンも作っていたことでお馴染みのヤマハ。トヨタとヤマハの関係を改めて調べてみました。

  
4154

500馬力クラス、約1,300万円!TVRのグリフィスってどんな車?

イギリスのスポーツカーメーカー、TVRの歴史は古く創業1947年。その後、紆余曲折を経て現在はイギリス人オーナーのもとで復活を図っています。その第1段として発表されたモデルがグリフィスです。新しいグリフィスは、2018年より生産開始、2019年よりデリバリーとのこと。新世代のグリ...

  
3382

発表のタイミングが悪かった?お蔵入り国産スーパーカー7選

スーパースポーツと呼べる車両が少ない日本ですが、かつてはさまざまなスーパーカーが開発されました。世界各地のモーターショーで華々しくデビューしたそれらのなかには、公道を走った車もあれば、価格も決まって市販寸前までこぎつけた車もありました。しかし、バブル崩壊やリーマンショックといった...

  
19020

ブレーキキャリパーの取り付け位置が、車種によって異なる理由って?

普段、あまり気になるものではありませんが、注意してみると、自動車のブレーキキャリパーは、車種によって進行方向の前側に付いていたり、後ろ側に付いていたりしています。フロントとリアでも、違う側についている場合もあります。なぜ場所を統一しないのでしょうか?これには、なにか目的がありそう...

  
6896

BMW 8シリーズが復活!新しい8シリーズはどんなモデル?

8シリーズといえば、BMWがかつて生産していたフラッグシップクーペです。それまでのBMWがあまり採用していなかった新機軸も多く塔載し、フラッグシップモデルに相応しい要素が多分にありました。しかし、実用性があまりにも低く、ライバルであるメルセデスSLクラスにセールス的にも破れ、21...

  
5116

最高額40億円!? 高額で落札されたヒストリックカー5選

自動車から内燃機関がなくなる日もそう遠くないと思わせるニュースが絶えない昨今ですが、富裕層の投機対象にもなっているヒストリックカーの人気はとどまるところを知りません。今回は、近年、高額で落札された注目のヒストリックカーを5台、ピックアップしてみました。※画像は、すべて落札された車...

  
1277

最新型のBMW M3と22年前のM3レースカー…速いのはどちら?

BMWは、2017年5月に新型M3ならびに新型M4を発表しました。そのM3の元祖は、1985年、当時の3シリーズをベースに制作されたホロゲーションモデルで、各国のツーリングカーレースはもとよりラリーでも活躍したことで有名です。初代M3のレースカーと、現在のM3(F80)のノーマル...

  
6990

懐かしの「ホンダミュージック」…どんな排気音か覚えていますか?

「ホンダミュージック」という言葉を聞いたことはありますか?ホンダに所属する方たちの音楽部隊ではありません。その起源は、ホンダ製エンジンが奏でるサウンドにあるようです。

  
2261

トヨタ×ヤマハによる2000GTの現代版が生産される可能性はあるのか?

トヨタ2000GTといえば、ヤマハの共同開発で生まれた高性能スポーツカーです。発売されたのは1967年と半世紀も前のことですが、ロングノーズショートデッキのフォルムは、現代の基準から見ても抜群のプロポーションを有しており、いまなお名車として語り継がれています。その一方で、2000...

  
7396

新型NSXを間近で見ないけど…本当に売れているの?

2017年2月より日本でも発売を開始したホンダ NSX。初代モデルからステップアップし、まさにスーパーカーに対抗し得るクルマになりました。しかし、ライバルのフェラーリやランボルギーニは街中で見かけるのに、NSXはほとんど見かけません。これはなぜでしょう?

  
19260

本当に速いクルマを決めるレース!? ラリークロスって?

ラリークロスとは、1970年代前半から始まったモータースポーツ競技のひとつです。日本ではまだあまり知られていませんが、市販車とあまり変わらない姿の競技車が、目の前の周回コースでバトルを繰り広げる大変過激で魅力的な競技です。そのラリークロスとは、どんな競技なのでしょうか?

  
4639

一度は行ってみたい!世界的に有名なヒストリックカーイベント8選

昔のフェラーリが26億円で落札されたり、日本でもトヨタ 2000GTが話題になったりと、古き良き時代のクルマが人気を集めています。今回は世界的に有名なヒストリックカーイベントをご紹介します。来年のご旅行先にいかがですか?

  
2946

ベストニューエンジン、新型ホンダ NSX搭載エンジンが受賞!どんなエンジン?

ホンダの新型NSXが、イギリスの出版社が主催している「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」が、2017年度の各賞を発表して話題になっています。今年のオブ・ザ・イヤーは、フェラーリの488GTB/スパイダーに搭載された3.9L V8ターボ。ベスト・ニューエンジンには、ホ...

  
9545