「F1」の検索結果(156件)

記事

2017年、いま売れている自動車トップ5〜軽自動車編〜

2017年度も上半期を終え、下半期に入りました。今年度も各メーカーから、さまざまな軽自動車が販売され、市場を賑わしています。ここでは、全国軽自動車協会連合会が発表している販売台数を集計し、上半期+10月までの合計台数トップ5を調べてみました。気になる第1位は、やはりあのクルマです...

  
5013

誰でもレーシングドライバーと同じ加速ができる!?「ローンチコントロール」とは?

近年、クルマに搭載される電子制御デバイスは、本当に素晴らしい進歩を遂げています。センサーやカメラを使ったエマージェンシーブレーキなどのパッシブセーフティがしばしば話題になりますが、トラクションコントロールやスタビリティコントロールといったアクティブセーフティ技術も見逃すことができ...

  
12949

パドルシフトのメリットとデメリットって?

F1から生まれた「パドルシフト」、最初は面白がって使っていたけれど、数回使ってもう触ることもなくなった…という方はいませんか?じつは、パドルシフトを上手に使うといろいろなメリットがあるのです。

  
24660

新型センチュリーに搭載されず…今後国産車はV12エンジンを搭載しないのか?

東京モーターショー2017において、トヨタ センチュリーのプロトモデルが発表になりました。センチュリーと言えば、国産車唯一のショーファードリブンカーで、唯一V型12気筒エンジンを搭載したモデル。ですが、発表された新型に搭載されていたのはV型8気筒+モーターというハイブリッドシステ...

  
31754

【全文書き起こし】EVや自動運転など関係ない!? ルノー、スポーツモデルのみを出展!東京モーターショ...

2017年10月25日、東京モーターショー2017にて、ルノーはプレスカンファレンスを開催。ルノー・ジャポン代表取締役社長 大極司氏は、今話題のEVや自動運転の話には触れず、F1参戦40周年を記念して、新型メガーヌGTや今回日本初公開となったメガーヌRSなどスポーツモデルのみを出...

  
3403

【全文書き起こし】F1エンジン搭載で1000馬力!まさに猛獣なメルセデスAMG Project ON...

東京モーターショー2017、メルセデスのプレスカンファレンスの最後、メルセデスAMGから、F1エンジンを搭載したメルセデスAMG Project ONEが登場しました。メルセデスAMGの「ドライビングパフォーマンス」の未来の姿とは…。

  
5785

【全文書き起こし】コンパクトカーsmartが描く、近未来モビリティとは?メルセデス・ベンツ2/3

スマートのコンセプトカーは、AIを利用した自立型のモビリティです。この1台があれば、出先での駐車場を心配することもなく、子供のお迎えといった用事なら無人で指定された場所に向かいます。さらに無線充電を備えています。smart Vision EQ Fortwoを眺めると、未来は、すぐ...

  
2000

【東京モーターショー2017】メルセデスAMG Project ONEやConcept EQ Aなど...

2017年10月25日、東京モーターショー2017が開催されました。メルセデスは、設立50周年を記念したモデルのメルセデスAMG Project ONEやConcept EQ Aなどを出展。ここでは、メルセデスの画像をまとめました。Photo:M.Yamada

  
2269

【全文書き起こし】電動モビリティのための新ブランド「EQ」を発表!メルセデス・ベンツ1/3

メルセデスブースでは、メルセデス・ベンツ、スマート、AMGと続いてプレスカンファレンスが行われました。ここではまず、メルセデス・ベンツのカンファレンスをみていきましょう。

  
1476

【全文書き起こし】CR-Vが新型で復活!ホンダの走りは、EVでも実現できるのか?東京モーターショー2...

「すべての人に生活の可能性が拡がる喜びを提供する」という想いから生まれるホンダプロダクツ。オートバイのカブから、ジェット機まで、すべてが前述した同じテーマで設計・製作されています。なかでも今回発表されたEVコミューターコンセプト、NeuVは、AIや自動運転技術により、身近なパート...

  
3047

輸入車メーカーの創業者。あなたは何人を知っていますか?

輸入車メーカーには、創設者の名前が使われているブランドがいくつもあります。あの有名な自動車メーカーも、実は人名に由来しているのかもしれません。あなたは何人を知っていますか?

  
3093

前後のタイヤの幅が違う…そのメリットとデメリット

スポーツカーでは、前後でタイヤ幅の違うクルマも珍しくありませんが、なぜ4本とも同じではいけないのでしょうか?そのメリット・デメリットなどについて紹介します。

  
6386

いまだ色あせないフェラーリF355の魅力。その理由とは?

デビューからすでに20年以上が経過したスポーツカーといえば、多くの方は「すでに時代遅れ」と考えるかもしれません。しかし、フェラーリが1994年に発表したF355は、コレクターズアイテム化しつつある一方で、いまだに多くの車両が現役で走っています。その理由を探ってみました。

  
3305

その手があった!フェラーリを沖縄では誰でもレンタルできる?

フェラーリは、イタリアの自動車メーカーで、F1などのモータースポーツでも有名なスポーツカーメーカーです。車好きでもなくても誰もが知っている車の名前、それがフェラーリです。しかもフェラーリは、車に対して少しでも知見があれば、誰もが憧れる車です。真紅のフェラーリ…一度は乗ってみたい車...

  
1604

日本発祥の「ドリフト」がついにFIA認定に!FIAインターコンチネンタル・ドリフティング・カップ(I...

数あるモータースポーツカテゴリーのなかでは、日本が発祥といえるドリフト競技。いまや世界の40カ国以上で開催され、「見せるモータースポーツ」としてその認知度や人気は着実な高まりをみせています。そんな流れを受けて、F1やWRCといったトップカテゴリーを主幹するFIA(国際自動車連盟)...

  
3625

いまさらだけど…F1の速さが異常!GTと比較してみた

GTとF1。いくらGTでも、さすがにF1にはかなわないくらいは、誰もが想像出来るでしょう。ですが、まさかここまで違うとは想像出来なかったのではないでしょうか?-------------------------------------------------------------...

  
14503

これからの時代、MT免許は必要なの?

現代の車はほとんどがATで、わずらわしいクラッチ操作がないため運転が非常に楽です。エンストなんていうこともまず起きません。確かに3ペダルのMTは少なくなっていますが、2ペダルMTというものを近年よく聞くようになってきました。MTとなるとMT免許が必要なの?と思ってしまいますが、今...

  
33197

360モデナからF430、そして488まで。近代スモールフェラーリが目指したもの

360モデナの後継として2004年にデビューしたスモールフェラーリ、F430。初年度登録から10年以上が経過したモデルにも関わらず、中古市場ではまだまだ高値を維持しています。その理由は、どういったところにあるのでしょうか?

  
1665

スポーツカーには、なぜ「赤」が多いのか?

スポーツカーやスーパーカーと聞いてイメージする色といえば、赤が圧倒的です。これはフェラーリに由来するところも大きいのかもしれませんが、じつは学術的にもスポーツカーには赤や黄色が向いていたのです。

  
2840

セルシオ、4500GT、ユーノスコスモ…バブル期のモーターショーの出展車!現代とどう違う?

バブル真っ只中の1989年。年号も平成にかわり、場所も東京・晴海から千葉・幕張に移って、始めての開催となった第28回東京モーターショーは、伝説と言われるほどの盛り上がりを見せました。はたしてどんな車が出展されていたのでしょうか?

  
13504