「CVT」の検索結果(105件)

記事

これからの時代、MT免許は必要なの?

現代の車はほとんどがATで、わずらわしいクラッチ操作がないため運転が非常に楽です。エンストなんていうこともまず起きません。確かに3ペダルのMTは少なくなっていますが、2ペダルMTというものを近年よく聞くようになってきました。MTとなるとMT免許が必要なの?と思ってしまいますが、今...

  
8658

なぜATが多段化されるのか?どのようなメリットがある?

AT車といえば「L⇒2⇒D+OD付4速」が乗用車の主流でしたが、近年は5速AT、6速ATといった「多段式AT」が増えてきました。多段式ATは高級車のイメージが強いのですが、搭載することでどんなメリットがあるのでしょうか?

  
4560

トヨタMRJ、マツダRX-01…かつて発売が熱望された東京モーターショーの出展車6選

華やかな参考出品車と美しいコンパニオン…。モーターショーは新しい技術やデザインコンセプトを提示し、メーカーの今後を示すとともに広くユーザーの反応を見る場でもあります。そこで、発売を期待されたものの、幻に終わったコンセプトカーを紹介しましょう。

  
7507

三菱、クロスオーバーMPVを発表!日本での展開はありえる?

ニューSUVモデル、エクリプス クロスが話題になっている三菱自動車。立て直しが喫緊の課題である三菱は、SUVマーケットに活路を見出そうとしているようです。そんな三菱が、次の一手といえるモデル、クロスオーバーMPVを発表しました。

  
6858

新型シビック誕生!タイプ別に前モデルと比較してみた

10代目となる新型シビックが3タイプ揃って、2017年9月29日に発売されます。タイプRは1年半ぶりですが、セダンは7年、ハッチバックに至っては12年ぶりの日本導入となります。それぞれ前モデルと比較してみました。

  
3545

【車好きインプレ】安全装備を強化!新型フィット ハイブリッドに乗ってみた!

2017年6月にマイナーチェンジを受けたホンダ フィット。全車にHonda SENSING(ホンダ センシング)を搭載するとともに、内外装ともに質感を向上。さらには、サスペンションダンパーの改良に加え、パワートレインにはきめ細かなチューニングを施したとアナウンスされています。Yo...

  
1093

ワンダー、チッピング、幽霊車…走行中に起こりうる現象10選

運転中、クルマとドライバーには、さまざまな現象が起こります。そのなかにはドライバーに有益なものから、事故を誘発しかねないものまで、いろいろと含まれています。今回は、そんな走行中に起こりうる現象を厳選してご紹介しましょう。

  
22342

ゴールド免許所持やバック駐車が苦手など…ペーパードライバーあるある10選

週末や長期休暇になると、予測不能な運転をする人やマナーの悪い運転をする人などが散見されます。しかしその中には、単にマナーが悪いのではなく、ブランクのあるペーパードライバーの場合があります。今回はペーパードライバーにありがちな傾向や行動をまとめてみましょう。

  
3337

【車好きインプレ】スイフトのシャシーにスズキの技術の高さを感じる

2004年の発売以来、世界中で累計530万台を販売しているコンパクトカー、スズキ スイフトが2017年1月にモデルチェンジしました。軽量化と高剛性を両立した新しいプラットフォーム「HEARTECT」を採用するとともに、スタイリングも変更。質感を高めています。そんなスイフトはどんな...

  
3084

BMW MのシフトレバーにPがない理由

2017年現在、ATの性能が非常に向上しており、9速や10速といった多段化仕様も増えてきました。進化を続けている状態なのが現在のAT事情と言えるでしょう。なかにはATではお馴染みの「Pレンジ」が存在しないモデルもあるのですが、これはなぜでしょうか?

  
20722

いまさらですが、"ホンダマチック"ってなんですか?

ホンダマチック、トヨグライド、ニッサンマチック…これらは1960年代後半からオートマチックトランスミッション(以下AT)に使用されていた商標です。当時、マニュアルトランスミッション(以下MT)が主流だった日本では、ATは高価で大排気量なお大臣車にしか採用されない特別な機構でした。...

  
25176

【車好きインプレ】新型XV、スバルグローバルプラットフォームによって走りがよくなった!?

スバルグローバルプラットフォーム採用第2弾の新型XV。エクステリアデザインは、インプレッサより洗練されていて好印象。では、走りはどうでしょうか?

  
4341

AT車の9速、10速レンジ…そんなに必要なものなの?

近年、日本のほとんどのクルマがAT仕様となっており、MT車は少数派となっています。その理由は、日本は渋滞が多く、イージードライブを求める人が多いことと、何よりATの進化があげられるでしょう。そんなAT車に、9速、10速レンジを持つモデルが増えていますが、これは必要なのでしょうか?

  
15044

7年越しの日本発売"シビック"…そのスペックは?

シビックといえば、かつてホンダを代表するコンパクトモデル。しかし、8代目(FD型)の2010年生産終了にともない国内のカタログから消えてしまいました。そのシビックが、2017年夏、7年ぶりに日本に帰ってくることとなりました。そのスペックやいかに?※写真はすべて新型シビック プロト...

  
9336

AT車のシフトにある2、1速レンジ…最近見かけなくなってきたのはなぜ?

少し前のオートマ車(以下AT車)のシフトには、Dレンジの他に、2、1といったレンジがありましたよね。しかし、最近のモデルでこうした表記を見ることは、ほとんどありません。これはなぜでしょうか?

  
29235

【車好きインプレ】3度目の改良!スバル レヴォーグ 2.0GT-Sはどんな走り?

2016年4月に、3度目の年次改良が入り、C型に進化したスバル レヴォーグ。2016年も新車乗用車販売台数のトップ30入りする好調な販売を続けています。その中で、今回試乗したのは2.0L 直噴ターボ”DIT”を搭載した2.0GT-S。221kW(300ps)を発生するエンジンに、...

  
4381

下り坂でNレンジに!これって正解なの?Nレンジの正しい使い方

2017年現在、日本で販売されている乗用車の9割以上が、オートマチックトランスミッション(以下AT)仕様だといわれます。ATの多くは、ゲートにP(パーキング)、R(リバース=バック)、N(ニュートラル)、D(ドライブ)がありますが、Nレンジの必要性が良くわからないという方が少なく...

  
50979

【車好きインプレ】新型インプレッサは想像以上の走り!リアルな感想を紹介

2016年10月に発表された新型インプレッサ。新開発のスバルグローバルプラットフォームの出来は想像以上。今回は、新型インプレッサ 5ドアの2.0Lエンジン搭載モデルに試乗しました。ハンドリング、ブレーキ、ボディ剛性、CVT、コンフォート性能(快適性)について解説します。

  
9706

なぜパドルシフト採用車種が増えてきたのか?

近年、ハンドルに「パドルシフト」が付いているクルマが増えてきています。元来、レーシングカー向けの装備でしたが、2017年現在では市販車にも広く採用されている状況。なぜでしょうか?

  
32077

スズキ内でバッティング!! エスクードとSX4 S-CROSSはどう違う?

大胆なフロントマスクをもち、ダウンサイジングターボのブースタージェットエンジンを搭載するスズキ SX4 S-CROSS。2017年春にマイナーチェンジ予定となっており、SUV市場においてさらに面白い存在となりそうです。しかしスズキには、コンパクトSUVの先駆けともいうべき、エスク...

  
27851