「COTY」の検索結果(18件)

記事

2005年からプレイバック!歴代ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー受賞車【画像】

気づけば2018年もあと数ヶ月。毎年、4月に発表されるワールド・カー・オブ・ザ・イヤーは、該当年の1月1日の時点で販売されている車を対象にナンバーワンが選ばれます。2019年の受賞車は大いに気になるところですが、ここでは、これまでワールド・カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた歴代の車...

  
2439

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.162 XC60がトップを射止めた理由

大本命だったリーフが日産の完成車検査問題で辞退し、大混戦となった日本カー・オブ・ザ・イヤー。トップの座を射止めたのはボルボXC60だった。この結果を受け「納得いかない」といった声も聞こえてくる。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.182 2018年1月号]

  
183

なぜアテンザが世界から注目されるのか ーMAZDA ATENZAー

日本のみならず、世界でも高い評価を受けるクルマが生まれたのはなぜか。2013-2014年日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)のエモーショナル部門賞でアテンザに満点を入れた千葉 匠氏、片岡英明氏を迎え、COTY実行委員をつとめる本誌プロデューサー、近藤正純ロバートがお話をうかがっ...

  
1888

第43回 東京モーターショー 2013

第43回東京モーターショー2013が、11月22日(*一般公開は23日スタート)〜12月1日まで東京ビッグサイトにて開催される。歴史的節目となった前回は、開催地を東京に戻すなど装いを新たに、来場者を大幅に伸ばした。今回も引き続き技術立国・日本として〝世界一のテクノロジーモーターシ...

  
230

春は自動車税に注目!

自動車やバイクを持っていると税金が掛かります。ナンバープレートを取得し、法規上登録しているクルマを所有(使用)している場合に支払わなければいけない税金についてお話しましょう。税金には、自動車税と軽自動車税、それに重量税の3種類があります。text:国沢光宏 photo:山岡和正 ...

  
1167

第33回日本カー・オブ・ザ・イヤー

日本車なのに日本をメインターゲットとせず、日本人が乗っても魅力を感じないクルマがままあるこの時代。しかし、2012年のカー・オブ・ザ・イヤーは、しっかりと日本を見つめたクルマが復活してきた感がある。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス vol.122 2013年1月号...

  
365

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.53 COTYの役割

11月23日は、日本カーオブザイヤー(COTY)にとって歴史的な日になった。VWゴルフが、日本車を退け輸入車として初のイヤーカーに輝いたのだ。ホンダ・フィットとの激戦が予想されていたが、ふたを開けてみればゴルフの圧勝。僕もゴルフに最高点を投じた一人だが、正直、ここまで大差が付くと...

  
1312

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.63 メーカーオブザイヤー?

今年も日本カーオブザイヤー(COTY)の季節がやってきた。COTYはあらかじめ投票で10台のクルマをノミネート(10ベストカー)し、その10台のなかから最終選考で順位を競う。ここでもっとも多くの得点を獲得したクルマがその年のカーオブザイヤーとなるわけだ。text:岡崎五朗 [ah...

  
1430

COTYに輝いたクルマは本物なのか MAZDA DEMIO

イタフラ博士(50歳) VS 現役大学生(20歳)“2014-2015 日本カー・オブ・ザ・イヤー”の栄冠に輝いた『マツダ・デミオ』は、欧州車と比べても引けを取らないクルマなのか。また免許取り立てでもその良さが分かるクルマなのか。欧州の大衆車に精通している嶋田智之と、モータージャ...

  
1399

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.77 僕のCOTY配点

今年も日本カーオブザイヤー(COTY)の季節がやってきた。1次選考で選出された10台のクルマ(10ベスト)を対象に最終選考を行い、12月7日に今年のイヤーカーが決まる。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.157 2015年12月号]

  
1523

小沢コージのものくろメッセ その21 偉大なるマンネリの旨さ

先日、アメリカ西海岸に行ってマツダ・ロードスターのUS版に乗ってきた。ベタな日本人旅行者の自慢みたいでイヤだが、恒例の「WCOTY」こと世界カー・オブ・ザ・イヤーの試乗会があるからだ。text:小沢コージ [aheadアーカイブス vol.157 2015年12月号]

  
360

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.90 僕のプリウス評価

37回目を迎えた日本カー・オブ・ザ・イヤー(以下COTY)は日本でもっとも歴史が長く、かつ権威のある賞だ。元編集者や自動車メーカーOBが中心のRJCカーオブザイヤーに対し、選考委員のほとんどが現役バリバリのモータージャーナリストであり、ドライビングスキル、試乗しているクルマの数、...

  
3582

COTYを獲得した スバル インプレッサスポーツ/G4

日本カー・オブ・ザ・イヤーは、選考委員が選んだ5台の中から最も優れていると評価できるクルマに持ち点の25点から10点を配点するシステム。筆者はその10点をインプレッサに与えた。筆者の選考基準のひとつは自分で買う気持ちになれるか、ヒトに薦められるかどうかである。text:桂 伸一 ...

  
658

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.95 SUVが上位3台を独占したWCOTY

世界23ヵ国、75人のモータージャーナリストが選考委員を務めるワールド・カー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)。13回目となる今年のイヤーカーに輝いたのは、ジャガー初のSUVである F-PACE だった。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.174...

  
3021

【高山正寛のテレマティクス Now!】COTY受賞のボルボXC60、縦型&大型化ディスプレイのメリッ...

輸入車としてはVWゴルフに続き「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞するという快挙を成し遂げたボルボXC60。受賞理由も含め、見所の多いXC60であるが、その中でも同社が提案するインテリジェントテクノロジーである「SENSUS(センサス)」について解説する。

  
4228

ボルボ初受賞!2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたXC60とは?

1980年から開催されている日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)。第38回目となる2017-2018年は、ボルボ XC60が選出されました。ボルボ車としては初、輸入車としては第34回のVW ゴルフに続き2台目の選出です。ボルボ XC60とは、どんな車なのでしょう。

  
6958

Vol.10 40代女性元COTY選考委員、自動車業界に導いた車

1980年代、大学生だった私は、当初クルマに全く興味がなかった。もちろん免許を取得する予定もなかったが、実家の母が「免許取りなさい。お金出してあげるから」と何度も言うので、大学2年の夏休みに免許を取得し、自分の車を所有することとなった。これをきっかけに私の人生が今後大きく左右され...

  
1901

2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞!新型インプレッサのキーワードは「安全性」

2016年の日本カー・オブ・ザ・イヤーはスバル インプレッサスポーツ、および同インプレッサG4に決まりました。今年は国産ノミネート車、つまりデビューした国産車自体が少なかった中、昨年末デビューのプリウスと新世代プラットフォーム車同士で激しい争いになった事が注目されますが、受賞車と...

  
3967
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives