「AT車」の検索結果(138件)

記事

おしゃれな“プロ仕様”のルノー・カングーに、お値打ち装備の限定車

200台限定で価格は265万9,000円(税込)です。

  
805

全日本ラリーで活躍するヴィッツの秘密、スポーツCVTってなんだ?!

ラリーというモータースポーツをご存知でしょうか。トヨタがヤリス(日本名:ヴィッツ)で参加している世界ラリー選手権(WRC)は何となく見たことがあるかもしれませんが、全日本ラリーのような国内選手権についてはまったく情報がないという人も少なくないことでしょう。ここで紹介するのは、そん...

  
28380

令和の時代に送る、三菱にとって平成最後のクルマ、eKクロス/eKワゴンを試乗チェック!

いきなり結論を申し上げると、今春三菱が激戦の「ハイトワゴン」「軽トール」とよばれる市場に投入したeKクロス/eKワゴンは、軽自動車の新たな指標と言えよう。約6年ぶりのモデルチェンジとなる、注目を集める新型eKシリーズの内容と乗り心地を紹介しよう。

  
3682

ソリオ ハイブリッド試乗の感想【アルトRSよりもAGSが良くなった!?】

スズキから発売されている普通乗用車サイズのトールワゴンソリオ(SOLIO)から待望のフルハイブリッド車(以下ハイブリッド車)が2016年11月に発売されましたね。ソリオ ハイブリッド(SOLIO Hybrid)は、アルトターボRSなどに採用されているセミオートマと呼ばれるAGS(...

  
1481

試乗をして気になった事も…|新型エクストレイル加速力インプレッション

2017年6月、マイナーチェンジをして、フロントマスクに迫力が増した新型エクストレイル(X-TRAIL)が、新発売されましたね。先日、この新型モデルのガソリン車の試乗に行ってきたのですが、自動運転機能プロパイロット機能も含めて、十分満足できる乗り心地・走破性になっていました。自動...

  
21636

三菱 新型eKワゴン/eKクロスを速攻チェック!約6年ぶりにフルモデルチェンジを果たしたその内容は?...

三菱自動車は、三菱自動車初となる高速道路同一車線運転支援「MI-PILOT」(マイパイロット)を搭載したハイトワゴンタイプの軽自動車「eK ワゴン」(129万6000円〜150万6600円)を販売開始。併せてハイブリッドシステムを搭載したSUVテイストの「eK X(クロス)」(1...

  
18078

新型スイフトスポーツ試乗レビュー!加速、ハンドリングの良さはどう?

しっかりとした、ステアリングと、高剛性ボディーのおかげなのか、新型スイフトスポーツはハンドリングに不安定なところはありませんでした。若干重めのステアリングは、頼もしい感じもして、ふらふらと心もとない頼りない軽い感じは皆無でした。2017/11/9

  
36661

日産スカイライン200GTt Type P試乗インプレ【乗り心地はどうだった!?】

2017年12月にマイナーチェンジをしたV37スカイライン。シャシーに関してのアップデートはありませんが、ハンドリング、乗り心地、ノイズ、振動といった動性能はどういったレベルなのか、レビューしていきます。2018/2/26

  
4167

パドルシフト、シフトレバー…AT車のマニュアルモードの効果的な使い方

ATやCVT、DCT(デュアルクラッチトランスミッション)やシングルクラッチの2ペダル車などに用意されているマニュアルモード。積極的に使っている人やほとんど触れたことがないという方まで、ドライバーによってまちまちだろう。どんなシーンで使えばいいのだろうか。文/写真・塚田勝弘

  
10137

なぜオートマなのにマニュアルモードがついているの?

オートマチックトランスミッション、略称「オートマ」はシフトチェンジという行為からドライバーを開放してくれた。にも関わらず、なぜ多くのオートマにおいてシフトレバーのシーケンシャル操作やパドルシフトを採用しているのだろうか。文・山本晋也

  
15482

SUVで燃費がいい車はどれ?トップ10

街乗りしやすいコンパクトサイズから道なき道を突き進む本格的なオフローダーまで、いまやSUVは百花繚乱の時代に突入しています。ヨーロッパの自動車メーカーに端を発したSUVブームは日本にも飛び火し、現在では国産メーカーからも続々とSUVモデルが市場へ投入されています。そんなSUVです...

  
20862

シフトレバーが動かない!その原因と対処法は?

運転中、AT車のシフトレバーが動かなくなってしまったら、あなたはどうしますか?このようなトラブルはどこか他人事のようで、深く考えたことがないという方も多いかと思います。しかし、トラブルは突然やってくるもの。事前に対処法を知っているのと知らないのとでは、慌て方も違います。ここでは、...

  
7566

最大トルク43.1Nmもアップ!BLITZ、東京オートサロン2019で新開発ハイエース用スーパーチャ...

BLITZブース、注目の出展はバイクやクルマ好きで知られる俳優大鶴義丹氏とのコラボで生まれたフルカスタムのハイエース『BLITZ×義丹MOTORS HIACE WIDE』(2.7ワイドガソリン)です。フルエアロのスタイリッシュな外観のハイエースは電子制御の足回りと新開発のスーパー...

  
3443

少数派のマニュアル車、どんなところが魅力なの?

マニュアルトランスミッション(MT)を積んだ新型車が、ほぼ壊滅的な状況にとなっている現在の日本国内市場ですが、みなさんはMT車にどのようなイメージを持たれていますか?運転支援システムが搭載され、さらには自動運転社会も見えてきているなか、あえてMT車を選ぶ理由は、どんなところにある...

  
31131

運転中にブレーキが効かなくなった!万が一に役立つテクニック

運転中に突然、「ブレーキが効かない!」なんてことが起きたら…想像するだけでもゾッとしますよね。実際、ブレーキが効かなくなったことで起きた事故は、年間数十件ほど発生しており、いつ自分の身に起きないとも限りません。そこで今回は、万が一のために知っておくべき、運転中にブレーキが効かなく...

  
12799

6速、8速、10速…ATの段数は多い方がいいのか?

日本では新車の98%がAT(オートマチックトランスミッション)といわれている。EV走行も可能なハイブリッドカーのように機構が複雑になると、そもそもMT(マニュアルトランスミッション)を組み合わせることは難しくなっている。また、昨今のハイパワーなスーパースポーツにATが増えてきてい...

  
64718

スカイライン、スープラ…昔はMTがあったのに、今ではなくなってしまった車たち

AT車の普及が進み、各種AT車の性能も劇的に向上していることもあり、ここ20年ほどMT車は少数派となっている。しかし「だからこそ」というのもあるのか、このところわざわざMT車を設定するというメーカーや車種もほんの少しではあるが増えている。その反面、「昔はMTがあったのに、今ではな...

  
4447

大学生でも買える!? 50万円のオススメ中古スポーツカー5選

クルマ離れが進むのは魅力的なクルマが減っているからだ、若者でも買いやすいスポーツカーがないからクルマの楽しさが伝わらないという意見を見聞きすることがある。ロジカルに考える賢い若者がクルマを買おうと思わないのは理にかなっていると感じる部分もあるが、スポーツカーが持つエモーショナルな...

  
39818

なぜバスやトラックにはMT車が多いのか?

街を走る乗用車は9割以上がAT車なのに対し、バスやトラックでは、まだまだMT車が多く走っています。一部ではセミオートマやATのバスなども出てきていますが、まだまだMT車が主流。どうしてバスやトラックでは、いまだにMT車が選ばれるのでしょうか?文・赤井福

  
27043

新燃費測定法「WLTCモード」で何が変わる?

新しい燃費測定法の「WLTCモード」が導入された。'18年10月以降に販売される新車から、国土交通省による審査値の表示が義務付けられる。当面は従来のJC08モードと併記され、'20年9月以降はWLTCモードのみに一本化される。text:世良耕太 [aheadア...

  
13405
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives