「A6」の検索結果(43件)

記事

ホイールベースが伸びると、クルマはどうなるの?

「クルマのホイールベースが長いと、直進性が良くなったり、乗り心地が良くなる」といった話を聞いたことはありませんか。このホイールベース、じつはクルマのキャラクターを決めるうえで、とても大切な要素なのです。今回は、ホイールベースの長さが及ぼす影響について紹介します。文・吉川賢一

  
4711

各メーカーのフロントグリルの特徴は?

BMWのキドニーグリル、ボルボのアタッチメントバーなど、プレミアムメーカーでは当たり前になったクルマのフロント部の意匠合わせ。さらに最近では、レクサスのスピンドルグリルやアウディのシングルフレームグリルなど、同じコンセプトのグリルを装着するようになっています。今回は、特徴的なグリ...

  
14671

“足りない”がNA型の魅力。僕は初代ロードスターの中古車を自分好みに変えた

マツダ・ロードスターと言えば、世界中の人々を魅了してきたオープン2シータースポーツです。すでに4代目となっていますが、いまだ輝きを失っていないのが、初代NA型です。そして、いまこのNA型はある話題で湧いている旬なクルマでもあるのです。文・山崎友貴

  
8079

キャンピングカーで走行中、ベッドで寝ていてもいいの?【CarMeクイズ動画】

快適に車中泊を楽しめることが魅力のキャンピングカー。小さなお子さんがいるご家庭では、深夜の移動などにはキャンピングカーで寝かせながら走りたい…という人もいるのではないでしょうか?でも、それって違反ではないのでしょうか。今回は、キャンピングカーのベッドのお話です。

  
2994

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.37 ドライバー視点が欠けている

ネットサーフィンをしていたら「海外道路調査団派遣」なるちょっと気になる海外ツアーを発見した。募集元は高速道路調査会という公益財団法人。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.116 2012年7月号]

  
122

トルクを集める新型オイル 〜MOTUL 300V FACTORY LINE

クルマ、バイクを問わず、キャリアのある人はエンジンオイルの銘柄を変えることを嫌がる。特にエンジンの中身に精通している人ほど新しいモノを受け付けない傾向が強い。text:神尾 成 [aheadアーカイブス vol.129 2013年8月号]

  
67

忘れられないこの1台 vol.55 ユーノス・ロードスター

オープンカーなんて軟弱だと思っていた。だからユーノス・ロードスターなるオープンカーが出ても自分が乗るクルマではないと思い込んでいた。でも90年5月のよく晴れた日の午後、ひやかし気分で立ち寄ったディーラーで実車を見て心が動いた。text:古賀敬介 [aheadアーカイブス vol....

  
1477

705馬力のモンスターマシンに!アウディRS6アバントに最強モデルが登場!

アウディRS6アバントといえば、アウディが誇るアッパーミドルクラスのハイスペックステーションワゴン。スポーツカー顔負けのスペックは、まさに羊の皮をかぶった狼です。そんなRS6を、さらに進化させたモデルが登場したようなのです。

  
7213

埋もれちゃいけない名車たち vol.45 アルピーヌのターニングポイント「アルピーヌ A310」

26ページにもあるとおり、名門アルピーヌの復活がやっと秒読み段階まで来た。すでに公開されているモデルは現時点ではあくまでもコンセプトカー扱いだが、ほぼそれに近いかたちでの2017年の発売も発表されている。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.161 2016年4月...

  
1767

初代ロードスター、予約開始!マツダのレストアサービスとは?

2017年の8月にアナウンスされたマツダ ロードスターのレストアサービスの予約が、12月13日から開始されました。NAオーナーには、待ちに待ったサービスではないでしょうか?今回は、NAロードスターに触れつつ、レストアサービスの内容について紹介します。

  
6448

サムライ、ジャズ、ショーグン、あなたはこれらの車種がわかりますか?

日本で親しまれている名前が海外では使われていない、そんな日本車は数多く存在します。今回は、海外展開されている変わった車名の日本車をいくつかピックアップしましょう。

  
7807

軽自動車とスポーツカー、年間維持費の差はたったの15万円!?

自動車を購入する際、多くの方は、車体金額だけではなく、維持費の事も考慮するでしょう。軽自動車が人気を集めているのは維持費の安さからですし、スポーツカー離れもまた、維持費の高さ…と言われていました。ですがこの両車、年間の維持費にすると15万円程度しか差がないという衝撃の結果が出たの...

  
37129

欧米で販売網を広げるジェネシスは、どこのブランド?

ヒュンダイ自動車が日本を撤退してからは「やはり需要がなかったか」と思っている方もいるかもしれません。しかしそれは日本だけでの話であって、世界的に見れば事情は変わってきます。デザイン性や機能性は目を見張るものがありますし、性能も欧州メーカーに引けを取らないまでになっているようです。...

  
18266

前言撤回!? ジャガーから新型ワゴン誕生!「XFスポーツブレーク」とはどんな車?

スタイリッシュなクーペ、F-TYPEや、ジャガー初となるSUVモデル、F-PACEなど新機軸を続々投入し、好調さをアピールしているジャガー。今度は、欧州Eセグメントに投入されたXFをベースにしたワゴンモデル「XF スポーツブレーク」を発表しました。はたして、どんなモデルなのでしょ...

  
10055

Aセグ、Cセグ…いまさら聞けない、セグメントについて

クルマ関連の記事や解説でよく使われる「セグメント」。Aセグ、Cセグ…などと言われていますが、実はわかっているようでよくわからない…、という方もいるかもしれません。今回は、そんなセグメントについて説明してみましょう。

  
22159

価格が2倍も違う!アウディTTとTT RSの違いは何か?

アウディには、ベースモデルのほかに性能を高めた「S」と「RS」というモデルが各シリーズに用意されています。それはスポーツモデルのTTでも同様で、なんとベースモデルのTTとトップグレードのTT RSには、約2倍の価格差があります。この2台には、どのような違いがあるのでしょうか?

  
35965

鼻穴がついたフロントグリル!? ルノー アルピーヌA110が復活!!

2017年3月に開催されたジュネーブショーにて、新型アルピーヌA110の市販モデルがついにお披露目となりました。実は新型といっても、こちらは1970年代に活躍したスポーツカー、ルノー アルピーヌA110を最新の技術で蘇らせたリバイバルモデルという位置づけです。

  
19423

日本車では日産ノートだけ!? 現行スーパーチャージャー車7選

ひと昔前は、スポーツカーの代名詞となっていたスーパーチャージャーとターボチャージャーですが、現在は環境性能を高める補機として注目されています。その主流は、VWに代表されるダウンサイジングターボですが、各メーカーにはスーパーチャージャーによって環境性能を高めているモデルもあるのです...

  
37748

なぜカムリは海外ではレクサスESとして販売されているのか?

レクサスが米国でデビューした1989年当初、レクサスLS400(日本名セルシオ)とともに、ラインナップされていたのが「レクサスES」です。そしてこの初代ESのベースとなったのが、トヨタのミドルサイズセダン、カムリの上級グレードだった「カムリ プロミネント」の4ドアハードトップモデ...

  
48822

安全面はピカイチ!新型メルセデスEクラスの最先端技術とは?

日本では2016年7月にモデルチェンジした新型メルセデス・ベンツEクラスですが、その先進技術を使った運転支援システムなど、安全面での装備充実が目立つと話題です。一方、ライバルであるBMW5シリーズ、アウディA6もモデルチェンジのタイミングで追撃してくるのは明らかです。Eクラスの安...

  
14232
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives